2008年04月25日

浮遊していた気分の一日

080425_0858~0001.jpg080425_0857~0001.jpg080425_1005~0001.jpg

 朝は歯医者さんへ行き、午後一から授業参観、総会、
部会と続き、帰宅したのは5時半過ぎ。そしていつもの
偏頭痛になってばたんきゅ〜。薬を飲まないと決めてるから
頭痛が始まったら寝るしかない。2時間ほど寝て起きたら
治っていたので良かった。なので、今日は一日、動物たちと
過ごしたのは夢の中の出来事のよう(笑)

 そうそう、先日書いた別の種類のダニーがいるのではないか?
と、疑問に思っているダニーの写真が取れた。こんなのが
気をつけてると床に落ちてるんです、ダニーというよりも
小さな普通の昆虫みたいだけど、これが犬たちの耳や
目の周りについていて、手で触るだけで簡単に落ちる。
小さいけどよく見ると触角らしきものがある。
いつものダニが血を吸って少し膨らんだのとは違う。
でも脱皮するそうだからこういう形態になるのかしらん??

もう一枚は出かけに写した銀花と、柱がたって屋根が出来てきた
わたしたちの工房。完成が待ち遠しい。
posted by ミチル at 23:24| ☔| Comment(7) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これってダニ?
やっと工房が形になってきたね。
完成が待ち遠しいでしょ。
Posted by あずき at 2008年04月26日 10:11
アズキ〜ヌ♪今もイチゴの脇の下についてた。つぶすと血を吸ってるんだよー。工房できて落ち着いたらまたお泊まり来てね♪
Posted by ミチル at 2008年04月26日 10:49
もっと拡大で写っていると良いのですけど、ちょっと判りにくいので、携帯から別の写真を送って見ました。
Posted by sutemaru at 2008年04月26日 16:43
sutemaru先生♪携帯にありがとうございます、今見ました。同じように見えますねー。じゃあやっぱりダニーは1種類なのかな。床をよ〜く見るといつもの平べったいクモみたいなやつと、あのゴマ粒みたいのと落ちてるんですよ。やっぱり血をちょっと吸って少し満腹になったのかなぁ。
Posted by ミチル at 2008年04月26日 17:13
マダニ類にはマダニ科とヒメダニ科があり、マダニのほうが犬に関係している物。ヒメダニ類の寄生は犬には日本ではあまり見られないです。
マダニは卵、幼虫、若虫、成虫の四期があり、幼虫は歩脚が3対で若虫、成虫は4対ある事で区別できます。各発育期に一回ずつしか吸血しなくて、種類によっては飽血した後宿主から離れて脱皮するものと、宿主に咬着したまま脱皮を繰り返すものとがあります。各発育期に吸血と脱落、脱皮を繰り返すものを3宿主性、若虫と成虫期に脱落、脱皮をするものを2宿主性、全発育期の間脱落しないものを1宿主性のマダニ、こういう種類があります。日本では1宿主性は一種で、後は皆3宿主性です。
未吸血の成ダニは2〜3ミリ位の大きさです。
キチマダニ(黄血マダニ)フタトゲチマダニ(二棘血マダニ)ツリガネチマダニなどまだ他にも色々ありますが、犬は大体寄生されます。キチマダニは野兎病の媒介、バベシアやピロプラズマを媒介します。ツリガネチマダニはライム病など媒介します。フタトゲチマダニはまれに人間にも寄生します。馬も大体全部寄生します。銀花ちゃん気を付けてね。
Posted by sutemaru at 2008年04月27日 12:03
「バベシアやピロプラズマを媒介します」
はフタトゲチマダニです。
Posted by sutemaru at 2008年04月27日 12:07
sutemaru先生♪今、私もネットで調べてみました。私が違うと思ったのはマダニの幼体だったのかもしれません。それにこんなにいろいろな病気も媒介するとは、ダニーと言って侮れないですね、おそろしや!!
野生動物たちは本当に気の毒ですね。前に拾ったウリ坊はダニでもノミでもなく、多分しらみが体中にいましたよ。ああ、なんだか、からだがかゆくなってきた〜!
Posted by ミチル at 2008年04月27日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: