2008年03月25日

工房工事

080325_1739~0001-0001.jpg080325_1007~0002-0001.jpg080325_1154~0001-0001.jpg

昨日からの約束も雨に流れ、やっと今日から始まった。
朝9時過ぎ、おじさんたちが2人やってきた。1人はなんと、
よくうちに遊びに来る野の子の友達のお父さん。大工さんなのだ。
この村は異様に大工さんが多い。(土建屋さんは言うに及ばず)
あっちもこっちも大工さんだらけだが、うちの予算では
なかなか引き受けてくれなかったらしい。

犬たちの散歩に出ようとしてたらちょうど来た。幸ちゃんは
めぐもつなぐと言ったが私はつながず、いつもどおりで行こうと言った。
外に飛び出しても別におじさんたちに飛び掛ってかみつくわけじゃないし
吠えるかもしれないけど、こういう時こそ、こちらの命令に素直に
従えるチャンスではないか(笑)で、めぐはいつものように
畑に走り出たが遠巻きにして道にすぐ、降りた。後はちゃんと
私たちのそばに来て何も問題は起きなかった。帰りも家の近くで
ツケをさせながら階段を上がって家に上がったが吠えるわけでもなし。

外の音で、部屋の中からは今日は一日ひっきりなしに吠えていたが
私に怒られるのはわかっているらしく、一吠えすると上目遣いで
私の顔を見るのがおかしい。悪いと思ってるけどやっちゃうんだよねー
みたいな感じ?そりゃ、人間だってそうだよ。ただ、吠える必要の
ない時は、少なくとも私が吠えなくていいんだよ、と言った時くらいは
静かにしてることを覚えてくれたら嬉しいなー。

銀花もミニユンボやらいろいろな機械の音、間近に見知らぬ人で
ちょっと緊張気味だった。何度も柵で遊んでやったがおじさんたちが
そばで作業してると野菜を食べてる口も半開きにしてじ〜〜〜っと
見ている。最近当たり前だけど全然銀花に乗ってない。今なら
背中は三角木馬じゃないし、冬毛でふかふかだし乗り心地が
良いんだがな。

工房は傾斜地でトイレの浄化槽をひとつで済ますために一番高いところ、
後ろの土手部分にくっつけて建つ。この家と並ぶわけだが、畑部分の前に
駐車場からの道をつけてもらう予定だ。段差までは直せないが
そうしたら、駐車場をぐるっと回って銀花を外に連れ出せるようになる。

 犬の散歩から帰って幸ちゃんが外に言っておじさんたちと打ち合わせを
していた。私は掃除を始めたら呼ばれていよいよ、畑の作物を
引っこ抜かなくてはならない。たまねぎや大根、かき菜、小松菜、
キャベツに長ネギ、ニンジンはすでにすっかり銀花にあげたけど
このままもうしばらくすれば立派になっておいしく食べられる
野菜を小さいまま、引っこ抜くのも嫌な作業だ。食べれるものは
今日も夕飯で食べて、後は外に広げてある。お日様に乾かして
もう、みんな銀花用だな。丹精こめた野菜なのに、前オーナー
ごめんなさい!
posted by ミチル at 23:47| ☔| Comment(2) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昔家の隣で重機使って造成が始まったとき小心者もはなこはご飯を食べなくなっちゃったことがあった。
引っ越したあともそう。
動物たち言い聞かせてもわからないから不安でたまらないのかもしれないよ。

Posted by あずき at 2008年03月26日 15:27
アズキ〜ヌ♪確かにそれはあるかもしれないね。
犬たちも叱ってばかりだとかわいそうだから
今日はみんなをおんぶしてあげました(笑)

猫たちはいつもどおりみたい。外に羽虫が
出たからみんな網戸にはりついて外見てるよ〜。
Posted by ミチル at 2008年03月26日 22:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: