2008年03月20日

おひっこし

080316_1234~0001.jpg080316_1234~0002.jpg

 去年も書いたような気がするけど、高校生の時、1年下の後輩が
たったの18歳で亡くなってしまった。以来毎年、この時期になると
八王子にあるお墓に会いに行っていたが、あっという間に30年が
経過した。去年の4月、くみちゃんのお母さんが山中の我が家に
遊びにいらしてくださったこともあり、今日はくみちゃんの
お墓のお引越しの法要に呼んでいただいた。都内に引っ越されたので
お墓も近い場所に移すのだそうである。確かに都内から八王子じゃ
頻繁に来ることも難しいだろう。30年間慣れた場所でも、家族の
そばにいられる方が嬉しいよね、くみちゃん。

お身内だけの会なのに、お声をかけていただき、ずうずうしくも
野の子と2人で参加。でも、八王子のお墓には、これで行くことも
なくなると思うと、感慨深いものがある。そしてあれ以来久しぶりに
お目にかかったくみちゃんのおねえさんと弟さん。もう、お子様方も
大学生らしい。私はどうも、時間の経過の認識が自分の中できちんと
できなくて、30年という、膨大な時間もまったくないに等しい。
私は高校3年生で、くみちゃんとはいつも馬鹿騒ぎしている。
声も、ピアノをやっててきれいな指も全部全部、目の前に鮮明に浮かぶ。

ある意味執念深いのだと思う。そして、人生一番楽しい時に
友達の命が消えるということが、いまだに納得できないのだと、
今日気がついた。ぜんぜん、くみちゃんを卒業はできない。
思い出せば涙があふれる。笑いながら思い出話をしていても、
声が上ずってくる。

衣装ケースに入れてある、写真の山からあのころの写真を探し出して
今日、くみちゃんのお母さんに差し上げた。私の手元になくなって
しまったけどくみちゃんのおうちにあった方が写真も嬉しいだろう。

雨の中、野の子の希望で電車とバスを利用してでかけた。帰りは
八王子までバスで出て、ぶらぶらしてきたのだが、八王子じだい
ぜんぜん知らない町なので駅ビルのそごうの中を行ったり来たりして
ひとつも買い物しないで帰ってきた。エスカレーターに乗っている時のこと、
2人で並んでいるといきなり、若い女の子がすごいけんまくて
「じゃまなんだけど、どいてもらえます!!?」といきなり、
後ろからどなりつけられた。びっくりして開いた口もふさがらない。

さっと避けるとブーツの音も高らかに、人の間を縫ってどっすんどっすん
上がっていく。我に返って「親のしつけがわかるね」と野の子に言ったら
聞こえたようでわざわざ立ち止まってすごい形相でにらみつけた。
私はお返しに、思い切りにっこり笑った。でも、これはやっぱり、
口の利き方に気をつけなさい、と注意した方が良かったのかもしれない。
とっさのことであっけに取られたが時間がたつとだんだん彼女が気の毒になった。

何があったか知らないけど、他人にあんな口をきくというのはやはり、
お里が知れる。まだ20代そこそこに見受けたが、おそらく、親から
たいした愛情ももらえずに育ったのだろうと思う。人間の美しさってすべて
たしなみだと思う。どんなに着飾っても内面の美しさがなければ
台無しだ。そして、たしなみは親が示し、愛情を注がないと
身につかないと思う。帰りの電車の中で、あの女の子うちにくれば
犬たちと一緒にいっぱいかわいがってあげるのにね、と野の子に言ったら
いや〜な顔をしていた。30年たっても、愛される女の子、
一瞬ふれあった縁だけでも嫌な気分になる子、人間いろいろだなー。

 ハイ、・・・私も十分、気をつけたいと思います(笑)
posted by ミチル at 21:12| ☔| Comment(18) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一瞬のことで素性がばれちゃう・・・コワイコワイ。
気をつけなくちゃ。
Posted by あずき at 2008年03月21日 10:20
アズキ〜ヌ♪頭に来るだけでなくこういう風に感じるのも自分が年とったんだなーと思いますた。彼女の親はきっと私くらいだよね(笑)
Posted by ミチル at 2008年03月21日 10:48
躾って誤魔化しがきかないからねぇ〜。
気をつけよう〜って、もう遅いか?(笑)
学校が近いので子供達を見てると、親を叱りたいパターンも多いのね。親ったって子
供世代だから私達の育て方に問題あり???かも??

逝ってしまった人は、残った人で忘れず偲んであげるのが、一番だと思っています。時間の経過は人次第!
Posted by クロの継母 at 2008年03月21日 11:17
クロ継ちゃん♪そりゃわたいだって人のこと言えんのだが…「野生児しつけナシ」しかしたまに人ごみ行くとこんな目にも合うんだねー。くわばらくわばら。人のなり見て我がふり直せと受け止めねばいかんねー。人間品格って大事だね。普段なら怒鳴っちゃってたなー。友達のことは死ぬまで忘れない。私の心の中でいつも久美ちゃんはゲラゲラ笑ってます!
Posted by ミチル at 2008年03月21日 13:52
いやいや。
久しぶりの日本で墜落ぶりには感心します。
ここのところ日本を旅行してるんですが、神社の境内にあがる時、靴をそろえない人、敷居を日本人なのに踏んで行く人。
親に言われてるときは渋々やっていたけど、いざというときにありがたさを感じるのが親のしつけです。
Posted by けんいち at 2008年03月21日 15:46
いつまでも忘れず思ってくれる人がいるなんて、とってもありがたい事だと思うよ〜。

思わず犬達と一緒に愛情を注いでいるミチルさんの姿を想像しちゃったよ。(笑)
Posted by さゆり at 2008年03月21日 16:30
けんちゃん♪私たちの世代でなく、若いけんちゃんがそう言うとズシンと来るね。口やかましく言って言うこと聞かないから言うの止めちゃう親が多いみたい。私のまわりもそういう親がけっこういる。親がズルいことしててまともな人間が育つわけないよ。誰もが当たり前にできることが大多数できない。けんちゃんみたいな子はもはや珍しいのかもしれないね。日本の将来はけんちゃんに任せた!
Posted by ミチル at 2008年03月21日 16:30
さゆりん♪そんな若さで死ななくちゃならなかった友達のためなら何だってするよ、でも久美ちゃんは暖かい家族に守られてとっくに天国に行ってるね!昨日はそんなこんなで色々考えさせられました。そういうのに出会うこと自体私に何かあったんだろうなー。つくづくかわいそうだよね、せっかく生まれて生きてるのに。ミチルの犬式かわいがり方は…ひたすらベタベタする!(笑)
Posted by ミチル at 2008年03月21日 16:38
ミチルちゃん、くみちゃんの法要、野の子ちゃんと行ってくれたんですね!道中いろいろあったみたいで、お疲れ様でした!私の中でも、くみちゃんはいつも笑顔です!あの頃の私達は、みんな満面の笑顔だったよね!あれから30年以上経ったけど、たくさんの思い出は色褪せることなく、私の心の宝物です!
私自身も親として、まともな躾を子ども達にしてこなかったので、お里がまんべんなく知れ渡ってしまってるのですが、子ども達とアトム&アンに対する愛は、絶え間なく注いでいるつもりです!時には過剰になって、迷惑でしかないと思いつつも、どうにも止まらないってやつです!救いようがないよね、全く!!
Posted by ミカママ at 2008年03月21日 16:53
ミカママちゃん♪久美ちゃんのご家族とミカママちゃんのお話も出て、ミカママちゃんがいつも、いつも久美ちゃんの笑顔にはげまされてるそうですとお話したらお母さんもお姉さんもとっても喜んでいました。わたしたちの中で久美ちゃんはきっちょの象徴、青春の象徴みたいな気がするね。ミカママちゃんちのお子様方は申し訳ないけどみんな、良い子です(笑)家族仲良く、親が率先して遊びに巻き込むような家族に、他人に対して自分本位しかないニンゲンができるわけないでしょ!でもさ〜、うちもそろそろ難しい年で手を焼く時があるんだけどさ〜、言うことをすぐに聞いてくれなくても迷惑千万がられても、それでもやっぱり言うことは言わなくちゃ
ダメなんだなーと、↑のけんちゃん(もと、教え子)の言葉を読んでも思いました。とりあえず、家はおいといてもおよそではちゃんとしてくれなくちゃ、日本は沈没だよね〜。パソコンのアドレスメールで教えてください、昨日の写真送ります。
Posted by ミチル at 2008年03月21日 17:43
エスカレーターは東京では左側によっていれば右側は自分の足でも上り下りする人用、大阪はその逆で右側が機械任せの人、左側が自分の足も使う人用、恐らくその方はそう言うつもりで上がりたかったのだと思うけど。口の利き方があるものね。
私も25歳で友人を亡くしました。その方は一人っ子だったから親の気持ちはいくら想像しても出来無いですよね。未だに私もその友人が亡くなった時に「きっと親御さんをあなたの変わりは出来ないけど、ずっとみていくからね」と誓ったので、そのつもりで来ています。今御宿の素敵な最期まで看てくれる所にいますが、何かあるとすっ飛んでいってます。こちらの親に気兼ねして中々来てと言えないと言いますけど、幸か不幸か私は自分の親だけ見る状況だから、夫が居れば二組の親を見ているのだから一緒一緒と言っています。お墓もやはり済んでいた所が新百合ヶ丘の方でしたので、そちらの近くにあり、私も行きやすかったけど、今は御宿に移して親元に近い所に行きました。親も近く無いと通えない年齢になってきているから、親の側の方が良いわね。
娘の変わりにと飼っていた子は(マルチーズ)うちで最後は過ごして、うちで亡くなりましたが、さたろと一緒で最後のお葬式は親御さんと一緒にしましたので、寂しくなかったと思っています。
子が親より先に死んではいけないけど、こればかりは誰にもわからない事ですものね。
Posted by sutemaru at 2008年03月21日 18:36
くみちゃんは ミカママさんも加わった、
ここでの会話を聞いて、
きっとにこにこしているんじゃないかな〜♪

うちの娘も昔、塾へ行くバスでお勉強出来る子がお行儀悪くて恥ずかしかったって言ってた。
家でお勉強ばっかしなのかな〜って。
先日、母さんお箸の持ち方うるさかったけど、
今は感謝してますって。
でもね、後の子育て失敗してるんだ(爆)


Posted by 黒糖 at 2008年03月21日 20:06
sutemaru先生♪久しぶりです〜!先生とご無沙汰するとさびしいのは動物だけではありません!!(笑)なるほど、そういうルールがあったんですか、全然知りませんでした。確かに2人のでぶがふさいでいたら邪魔だったのかもしれません。でも、やっぱり、ものには言い方ってありますよねぇ。少し前なら頭来て、絶対腕引っ張って注意してたと思うんですよ、大人として。でも、どんどん気の毒になってきて、すごくかわいそうに思えたのは自分が年をとったからかなーと思いました。

先生にも若くして亡くなられたお友達がいらっしゃるんですね。口では言ってもなかなかそこまでできないと思います。わんちゃんまでお世話して差し上げたんですね、うちの動物たちも先生にお世話になってうちの母が先生のことを観音様のようだと言っていましたがわたしもそう思いました。そのお母さんも幸せだし、亡くなられたお友達も幸せ、わたしもとっても幸せです。

昭和の終わりに97で亡くなった祖父は、赤ちゃんで亡くした坊やの話をよくしていました。子供心におじいちゃんが悲しい顔をするのを不思議な風に見ていました。いくつになっても子供は親にとって子供だし、親は親なんですね。親を看取るのはつらくて悲しいことだけどやっぱり親よりは長生きしなくちゃと思います。
Posted by ミチル at 2008年03月21日 20:37
黒糖ちゃん♪昨日お母さんに差し上げたのは高校の時の、美術コースで合宿に行った時のもので、どの写真にも一番ふざけて写ってるのがミカママちゃんとくみちゃん、そして私なの!来年の33回忌にはみんなそろって久美ちゃんに会えればなと思います。

いつも思うけどほんとに良いお嬢さまだよね〜!!猫もインコもいい子だしさ、失敗なんてありえません!!
 一番大切なのって、何かなって考えた時、やっぱり
ニンゲンは社会生活する生き物だから人様に不愉快な思いをさせないことだと思うの。そんで、ひじついてご飯食べるとか、口の利き方がいけないとか、そんなの人に迷惑かけないと思ったら大間違いで、やっぱり、みんなが気持ちよく暮らすための最低限のルールはあるよね。
勉強なんか、その次の次の次くらいじゃん!
Posted by ミチル at 2008年03月21日 20:43
口の利き方一つで気持ちが優しくなる事も、喧嘩になる事もありますものね、矢張り育った環境でそうなってしまうのでしょうね。
ただでさえ老人ばかりの八雲荘ですから、区から老人ホームにしてくれないかと言われた事あります(^_^;)
でもね、区は八雲荘の老人の世話もしてくれなかった事が沢山あって信用できなかったからお断りしたけど、実際に何組ものお年寄りを看取ってきて、今、さらに民生のお仕事上、さらに老人の世話をしていて、老人ホームにしてもしなくても、する事は一緒だと思っています(^^ゞ
動物の老後の世話は何の苦も無いけど、人間の世話は自分の親ともう一組の親の世話で自分の受け持ちは終わりと思っているのですけどね。自分自身の老後なんて滅茶苦茶になりそう(>_<)現実は厳しいわね(^^ゞ
Posted by sutemaru at 2008年03月22日 02:18
sutemaru先生♪私も人のこと言えないけどそれでもね。いきなり後ろからどなりつけるのは用件を伝える手段とは思えませんよね〜。最近女の子もすっごい言葉遣いでしょ、流行なのかもしれないけど聞き苦しいと思います。やめろよとか、ふざけんじゃねえよとか、うちの子もたまに言うから叱ってますが友達同士だと言ってるみたいです。

区からそういう話もあったんですか!?先生が土砂崩れ当時、役場のことでいろいろアドバイスいただいて今になってみるとすごく良くわかります、お役所なんて形式的なことばかりで本当に弱者の見方になってくれるようなところでは決してありませんものね。八雲荘は区で老人ホームうんぬん以前にそういう弱者の方たちの集合住宅になったんですものね。sutemaru先生のお人柄ですが
お一人ですべて背負うのは大変なことです。私は何もお手伝いできないけど。。。

先生、老後はうちで一緒に暮らしましょ!多分そのころは暖かい房総か、静岡あたりの山林安く買って近隣に迷惑かけないで暮らせるようになっていると思います。
銀花もダイもいますから先生来てくれたらみんな大喜びですよ!!まじですよ!
Posted by ミチル at 2008年03月22日 20:06
サフィとブブとマーの場所もお願いですよ〜〜〜(^^ゞ
老馬と老婆でよろしくね(^_-)-☆
Posted by sutemaru at 2008年03月23日 20:53
sutemaru先生♪もちろんです!!銀花とサフィちゃんとの対面めちゃくちゃ楽しみです、おてんばな2人でどうなるかな〜!
Posted by ミチル at 2008年03月23日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: