2005年10月21日

お師匠様の来訪

051021_1233~02.JPG
めっきり秋めいた山の家。幸い銀花の運動場と小屋は日当たりが良く
お日様が出ていれば一枚上着を脱ぐくらい暖かです。今日は急に午後から
春駒屋さんと春駒屋さんのお師匠様が訪ねて来てくださいました。
わたしには師匠が二人いて一人は千葉の銀花のお兄ちゃんの銀じ君のところの
ゆーじさん。そしてもう一人が仲良しの春駒屋さん。そして一緒にいらしたのは
春駒屋さんが心から尊敬してやまない春駒屋さんの師匠でわたしにとっては
大師匠に当たるわけです!

春さんは良く来てくれるからどってことないですが(笑)何しろ大御所の突然の来訪、
わたしは家がきれいとかイヌが吠えるとかより先に銀花がいい子だといいなぁと
まず思ってしまいました!でもお二人とも馬のプロですからね〜、基本的に
プロの方っておよその馬にはあまり関わらないんですよね。つまりわたしみたいに
すぐさわってみたりべたべたしないってことです。ですが帰り際、銀花をご覧になって
微笑んでいらしたのでとっても嬉しかったです。一番誉めていただいたのは運動場!
山土はぬかるまなくて大変良いねとおっしゃっていました。確かに水抜きも何も
ないのに雨が続いてもぬかるんだことはありません。広さもそこそこはあるので
来年になったら小さなポニーを探して下さるそうで、銀花のお婿さんになってもらって
うまく行けば赤ちゃん!?の誕生!!???かもしれません!ダッシュ(走り出すさま)
どひゃ〜!!来年3歳(おなかにいた時を1歳にするので4歳と数えます)赤ちゃんは
一年近くおなかにいるから赤ちゃんを生むのは5歳、(6歳)で大丈夫なのだそうです。

お二人がお帰りになる時さっそく銀花はいつものように通路に来てお見送り。
それも鼻の穴をまんまるにしてお別れの一吠えつき。お師匠様はしばし
あきれてご覧になって笑っていらっしゃいました。短い来訪でしたが楽しい
ひと時でした。

銀花は秋めいてこの頃食欲旺盛でつい先日買いに行った牧草がもうありません。
今日はまたコーチャンがはるばる上九まで牧草の買出しに行っています。
銀花が今一番良く食べたがるのはオーツ麦。一番最初になくなってしまいました。
この牧草は普段は肉馬など脂肪をつける馬用ににあげるそうですが
冬場に向けて少し太らせる時にも良いそうです。

本日もよろしくお願いします↓
人気blogランキングへ
posted by ミチル at 15:43| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック