2005年10月19日

引きロバ

051019_1530~01.JPG
引きロバなんて言葉、もちろん勝手に作ったんですけどこの字面みると思わず
学生時代無農薬野菜をリヤカーで引き売りしてた舞踏家志望の友達を思い出して
しまいました。引きロバ・・・ロバの引き売り・・・ロバ一頭本日特別大安売り!(笑)

久しぶりにお日さまが顔を出しました。犬たちと一緒に外に出て待っているボロ場で
首を突き出して待っている銀花、無口とリードを持って運動場へ出ました。
銀花は外に行かれると思ったのか無口を方にかけたとたん少し前足をあげる
しぐさをしました。これは嬉しかったのだろうか?でも、ごめん、お散歩には
連れて行ってあげれないの。。。運動場でまずは干し草を食べさせて
裏ホリをしました。いつものように後ろにまわって後ろ足をとんとんと軽く叩いて
合図するとひょいっと足をあげます。ところが今日は終わって下に下ろしてやる直前に
ひょ〜うっ!と速度はゆっくりでしたが後ろ蹴りをしました。持っていた裏ホリに
当たりました。強い調子ではありませんでしたがこのところ後ろ蹴りはすっかり
収まっていたと思っていたのでショック。とっさに大きな声で叱りました。
銀花は悪いとわかっていてとたんに腰が落ちて尻尾がまたの間に入りました。
それでも首がすっかり下に落ちるまで運動場の中を追い回しました。
思わずやっちゃった?裏ホリも山の家に移ってからちっとも詰まらないので
ブラシでサッサと掃除するだけで、間違っても痛いことはしていません。
蹄の状態も特に問題はないはずです。何が気に食わなかったんだろう??

その後少し引きロバになりました。何とも銀花の従順なこと!!わたしは子供にも
怖がられる母親でしてののこの友達にも村一番怖いお母さんと言われています(笑)。
ですが叱り飛ばして反省させたらじゃ、これでおしまい!と言ってそこでスッカリ
おしまいにしてやります。怒りが残っていてもあえて気分を変えるように
するんですけどおそらく体には怒りは残っているのでしょう、今日の銀花の
従順さはきっとわたしの怒りの残った体の筋肉を読んでいたのではないかと
思いました。だってタイヤのところで左右両方でハチの字すらすら、柵にそって
左に回っても右にまわってもちゃ〜んと耳を私の方に向けて歩いていました。
だけど怖いから言うこと聞くってそれもイヤだな〜。。。

そういえば5月に師匠が来て銀花を引いてくれた時の体を思い出しました。
立ち止まって銀花が甘えている時と歩き始める時と全然違うのです。
それは怒りや威圧では決してない、威厳に満ちた素晴らしい姿は脳裏に
焼きついています。

怒らないと従順にならない銀花ではなく、怒りではない威厳のある姿で
従順にさせることを出来ないわたしが一番問題ですね。もうやだ〜(悲しい顔)←なんか
いつも泣いてます〜(笑)写真は引きロバのお勉強が終わって無口を
はずしてやったところです、しばらく銀花は甘えていい子でした。

本日もよろしくお願いします↓
人気blogランキングへ
posted by ミチル at 16:08| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>叱り飛ばして反省させたらじゃ、これでおしまい!
↑これこれ!これでなきゃ〜!
私の母親は怒り出したら過去の事まで持ち出していつまでもグチグチ怒っている人だったので子供心にも嫌いだったなぁ。
怒るじゃなくて叱るだよね。後はギュ。
あぁ〜・・・でも怒っている自分に時々凹む・・・。
Posted by さゆり at 2005年10月20日 09:37
だけど!!怒る時オニか、もしくは悪霊が憑依?ってくらい劇コワだよ〜!つまり大噴火するから長続きしないわけ!(笑)あ、これって打ち上げ花火?
Posted by ミチル at 2005年10月20日 16:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック