2005年10月07日

にんじん、やめました

051007_1130~01.JPG
昨日引きロバの時のご褒美のにんじんのことで春駒屋さんからまたしても
良きアドバイスをいただいて、ちょっと笑っちゃうけどまさしくその通り。
「にんじん小槌」には一言一句反論できません!(爆)それに確かに
ご褒美と体罰は裏と表、同じことをしているのだと思いました。
割と理屈っぽい頑固者のコーチャンも「にんじん小槌」の一言であっけなく納得。
わたしたちは自慢じゃないけど犬一匹躾けられないニンゲンです。それが
今年の春から犬のメグミのトレーニングの先生に来ていただいてだいぶノウハウを
教えてもらいました。(動物のトレーニングは動物じゃなくて本当はニンゲンの
トレーニングに他なりません。)メグミはご褒美を使って叱るところを逆に
ほめるところを見つけることですごく良い子になりました。誉めて躾けることに
よって命令されたからでなく、嬉しそうに進んで言うことを聞くようになりました。

銀花はほう〜の合図でとまることを教える時、また裏ホリで足をあげさせる時、
ご褒美のにんじんを使いました。両方ともうまく行きました。そのことがあって
わたしたちもにんじんに頼りすぎていたことは否めません。何かあれば、
ちょっといい子だったらすぐにんじんを口に入れてやってばかりいました。
これじゃ、確かに<にんじん小槌>です〜。逆に銀花はわたしたちを見ると
イコールにんじんになってしまったのでしょう。それが昨日のことのように
なったのだと思います。

今日は久しぶりにコーチャンに引きロバをしてもらいました。やっぱり
言うことを聞きません。にんじんはもちろんナシ。ほう〜で止まるといつもなら
にんじんを口に入れてもらえるのに入れてもらえません。柵のはずれにいる
わたしの方ばかり気にしています、でも何ももらえません。。。
その代わり命令で止まったり、命令で歩き出した時首をぽんぽんと叩いて
たくさん誉めてやりました。銀花はその時もにんじんをもらう口をしていて
ちょっと笑えました。

つい昨日いつものお店で銀花用に箱入りの安いにんじんを買って来たばかりです。
これはむしろ何にもしてない時あげたり、ごはんに混ぜたりしてしばらく、
ご褒美=にんじんをかけはなさなくてはなりません。

長い間無口もつけず、柵の中を自由にしていたせいか銀花は従順に
歩きません。この反抗的な証拠写真見てください!

本日もよろしくお願いいたします↓
人気blogランキングへ
posted by ミチル at 15:35| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ロバの調教は難しいですね。ロバの持ち主は苦労して調教師、そのうちに普通の平和なロバさんになるようです。
「ギリシャ人のまっかなホント」という本があってロバが出てきて、乗っているのはおじいさんで、おばあさんは付いていく。男尊女卑などと書いてあって驚きました。ロバはおじいさんのいうことを聞くのですよ。自分だけ乗って…トルコの影響か?…なんてギリシャ系アメリカ人が書いているので言語道断だと思いました。ロバは見かけは簡単そうですが、なかなか強情なのですから。
私だって乗るのちょっと嫌ですよ。おばあさんで乗れる人もいます。おばあさんは積荷を運んでロバを引くことは出来ます。それだって難しいのです。
まったくもう、見た目とやってみることはとてもちがいますからね。
お疲れ様です。
Posted by lemonodasos at 2005年10月07日 16:18
>lemonodasosさん、コンニチワ!ロバの調教は難しいという以前に我が家の場合まず!ニンゲンの方がもっと賢くならなくてはいけません!確かに馬もそうだけど人をちゃ〜んと見ます、怖い相手だと言うこと聞くしね。それにおっしゃるように男の人と女の人も見分けてるのかもしれませんね。うちの銀花は夫でもこんなでしたけど(笑)
でもそんなやんちゃな銀花と関わるのがまた、面白いですよ!
Posted by ミチル at 2005年10月08日 18:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック