2005年10月06日

引きロバ

051006_1325~01.JPG
1週間はあっという間、今日はまた歯医者さんへ行ってきました。あっちもこっちも
がたが来てて当分治療にかかりそうです。動物たちは虫歯にならなくていいなぁ、
総入れ歯にしたいなぁと言ったら美人の先生が笑っていました。

帰って来てお昼、雨もやんでいたので銀花の柵に入って引きロバのお勉強を
しました。今日はかかじりはしなかったけどちっとも言うことを
聞かなくて跳ねようとしたり前足を上げようとしたり。。。腰に下げておく
銀花のにんじん入れがどこかにいってしまったのでシャツの胸のポケットに
ご褒美のにんじんを入れておいたのです。銀花はすぐ気がついて右側を
歩かせていてもポケットのある左側に来てポケットのあたりをあの器用で
愉快なロバの鼻と唇でさぐってきます、逆側に入れるとさっさと右に来るし。。。

わたしの知る限りおよそのロバさんはもっと従順でいい子です、
(銀の森の銀じ兄ちゃん http://homepage1.nifty.com/ginn_no_mori/index.html
奈良のロッシーちゃん http://www3.kcn.ne.jp/~roba/
銀花は比べると自己主張が強いおてんば娘です。体罰を与える躾け方をすれば
簡単なんでしょうけど肉体的苦痛を与えることはタブーとの師匠のお言葉の元、
やんちゃ娘とのやり取りを楽しんでいます。ロバでも生まれ持った性質って
あるみたいです。

ですが引きロバの最中跳ねたり前足をあげようとするのはやっぱり困るので
やろうとした瞬間、お尻をぽんと叩いて正面からこらっ!!と怒ります。
時間がかかったけどかじるのもだいぶ少なくなり、後ろ蹴りは全くしなくなりました。
少しずつオトナになっていくのでしょうか。

お勉強が終わった後はブラッシングしてやります。今ものすごく毛が抜けてて
ちょっと触っただけでぱらぱらと毛の塊が落ちます。ブラシをかけてもかけても
キリがありません。最後は銀花の好きな首の下をたっぷりマッサージ。銀花が
リラックスしてわたしの肩に首を乗せてくるのですご〜くシアワセな気分になります! 

写真はオベンキョウとブラシかけも終わりおなかが減って小屋に戻ろうとしている
ところです。毛並みが悪いですね〜。

本日もよろしくお願いします↓
人気blogランキングへ
posted by ミチル at 15:18| ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウチのは別に良い子というより特に何かさせようとしてないから目立たないだけです_| ̄|○
体罰は「与えても言うことを聞くようになるわけではない」のに、「こちらの心も傷つく」のでやらないだけです。
Posted by ゆーじ at 2005年10月06日 16:49
なんかさぁ、ミチルさん、ニンジン小槌になってない?
人間の、こっちにきたらニンジンが出てくる。みたいな。

「なんでニンジンをあげるのですか?」って、以前から質問していましたけれど、どーぶつだって馬鹿じゃないので、誉めることがご褒美になり、励ましになるのです。

殴るのと、ニンジンて、乱暴だとは思いますが、同一ですよ。
Posted by 春駒屋 at 2005年10月07日 02:10
>ゆーじさん、本当にそうなんですよねー、この前目の前でゲンが足上げておしっこして思わずはいてたスリッパ投げちゃったんですけどしょげかえったゲンの顔がずうっと忘れられませんでした。ごめんね、ゲンさん。。。
Posted by ミチル at 2005年10月07日 15:00
>春駒屋さん!おお!マサリクその通り!コーチャンに今朝にんじんやめようと提案したら起きたばかりできょとんとしててなんでっていうからだってわたしたち<にんじん小槌だよ>と言ったら一瞬間があいてかつてない力強い声で「わかった!」確かに表と裏、体罰とご褒美。。。ありがとう!!
Posted by ミチル at 2005年10月07日 15:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック