2008年01月07日

銀花小屋

080107_1556~0001-0002.jpg080107_0932~0001-0001.jpg銀花小屋がほぼ、できた。あとは入口の扉と電気をつけて土を入れて平らにしすれば完成。おじさんはきっちりくっきりと、屋根を張ってくれた。全てこちらの小屋を解体した材料だったので何もかも寸法が違うから大変だった。お金をかけるか時間をかけるかだが当然後者だ。おかげで内部コンパネはいちいち寸法を計り一枚一枚加工しまるで芸術的パッチワーク。奥に窓をつける予定だったが間に合わず塞いだ。今年の夏までにまたコーッがつけてくれる。本格的な大工仕事になると私はお手伝いできることが少ないのだが今日はドリルでビスを留める作業をやらせてもらった。憧れの釘袋つき!小屋の構造はまず、単管パイプで土台を作り壁の部分には板をとめつけるためのたる木クランプをつけ単管パイプの間に柱を固定、そこにコンパネを貼って行く。半分が床下を利用した銀花小屋はこちらより狭くさらに真ん中には家の太い土台がある。こちらに比べると何もかもが後退し、満足度も低いが今の私たちにはできる範囲で可能なことしかできない。3日から来てくれたおじさんも今日でおしまい。おじさんがいなかったら作業は1/10だったな。おじさんありがとう!!
posted by ミチル at 20:22| ☔| Comment(2) | ペット ロバ  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハンドメイドで大変そうだけど愛着もあるよね。
働き者のヘルパーさん?がいて助かったね♪
人は財産だもんね!
家は父が障子張りに明け暮れてます。張っても張ってもズドン・べりッ〜〜〜
ま・父ちゃんが根負けするかな(笑)

Posted by クロの継母 at 2008年01月08日 13:39
クロ継ちゃん♪そ!なんでもかんでもハンドメイド、経費削減よ!(笑)今度のうちは障子も畳もあるんだよ〜、みんなが帰って来たらあっという間に壊滅だ〜。カーテンレールをも落とすちびらーずVSお父さん。お父さんってきっと…不屈の闘志の持ち主なんだろうね…(爆)
Posted by ミチル at 2008年01月08日 13:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: