2007年12月14日

小さな港

気持ちだけおいて行かれたまま難破船ミチル号はどんどん小さな港に近づいている。支払い方法の確認と農協へ連絡を午前中終えて、午後は先日訪ねてお留守だった富士ケ嶺のおじさまのお宅へ行こうと電話をしたらあいにくお出かけ。あいた時間はせっせと薪の用意。今度の家では薪ストーブは使えそうにないのですっかり使いきらないと。まだ工房の柱や板がたくさんある。時々値段が貼ってあるのもあったりして苦笑い。新潟の方は大変だなと思う。生涯1度だってあってはならない不可抗力の災害に時をおかず2度も見まわれ物心共にどんなに大変だろうか計り知れない。私たちの今度の家は避難生活の延長上にある。みんなと安心して暮らせる住処。まずまず上等。贅沢言ってる場合ではありませぬ。
posted by ミチル at 20:48| 🌁| Comment(4) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本格的に決まったのかな?今こちらで使っている猫用品を新しい環境に慣れるまで置いてあげて下さる?臭いがあれば少しはストレスが違うでしょうからね。後で捨てていけば良いから。ホットカーペット等こちらのがあるから使えると良いわね。電気の容量が足りるかな?お部屋が暖房なら電気つけないで匂い用にすると多分安心するから。ツルとココは人間が違うと思うかもしれないのでね。1畳だからかさばらないからね。好きな道具も後で捨てて良いから最初だけ持って行ってあげてね。
Posted by sutemaru at 2007年12月15日 18:50
よいところが見つかって安心して年が越せますね。引越しは、いつになるのかな。みんな戻って来るんだ。楽しみだね。薪ストーブが使えないのは残念。灯油高に薪ストーブが見直されているというのにね。
Posted by けいこ at 2007年12月15日 20:55
sutemaru先生♪なんだかどんどん進展しています。来週には本格的に契約書を交わせて多分年内には名義変更などもできそうです。猫用品ももちろんそのまま使います、家の作りもこちらと似てるので空中猫庭園も全部外して同じようにしてやるつもりです。今度はかなり狭くなるから犬も猫もちょっとかわいそうですが仕方ないですね。
Posted by ミチル at 2007年12月15日 21:42
けいこちゃん♪ありがとう。ちょっと拍子抜けするくらいこんなに近場にあっさり見つかって私たち自身が一番驚いてます。引っ越しは多分年内は家はいじれないので来年早々に改築やら柵の移動やらで引っ越しができるのは1月中かなと思います。今度の家は家まで道からすぐじゃないので薪の運搬も大変なのとここみたいに広くないので薪ストーブは必要ないみたい。こちらの家において行きます。
Posted by ミチル at 2007年12月15日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: