2007年12月12日

ペットのロバは例外

別荘地と言っても、小さな手作りの個人管理の別荘地の契約書に目を通した。地主側には決して不利にならない、これでもかこれでもかと続く特約条項の羅列にちょい、むかつく。借り手はこんなにもへりくだって暮らさなくちゃならないのか。ここも借地だが当地に来てから3代に渡って懇意にしている家なので同じ借地でも違う。しかし管理人のおじさんは良い人である。今日借地の契約書に署名捺印して私が届けるだけだったのだが直したいところがあれば言ってと言われていたので昨夜じっくり目を通し、どうしても聞いておきたい箇所が3つほどあったので手をつけないままの契約書を持っておじさん宅へ行った。一番引っかかったのが消防団への寄付の記述。当地に移ってから毎年年末に集めに来る寄付金3000円を支払って来た。しかしこの度の土砂崩れには消防団は一切来なかった。私たちがよそ者だからと諦めはあったが、じゃなぜずっと寄付金取りに来てたのと言う疑問は村友の1人がそりゃおかしい、と言ってくれたことで強くなっていた。さらに近隣の市町村役場で確認した限りよそ者地の者は一切区別はないと言う。払う記述があるなら、助けに来てくれると言う記述も私たちは欲しかった。おじさんは私たちが自腹で土建屋さんにかき出し作業を頼んだと知り驚いた。もう二度とこんなことがあっては困るが災害時のサポートを知っておくことは、私たちの土地探しの重要ポイントになっていた。こちらの部落では実際に別荘地内で何度も消防が救済をしてくれているそうで安心した。犬猫は各種1と書かれた項目もドキドキしながら尋ねるとうちの場合室内飼いだから問題なし。家畜飼育の禁止は『ペットのロバに限り例外』と変えてくれるそうだ(笑)そしてその場でコーッは署名捺印した。明朝早く、仕事前の地主宅へ行き契約書を渡し別荘のオーナーから借地権を引き継ぐ。
posted by ミチル at 16:36| ☀| Comment(16) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に・お疲れ様・です!
やっと、やっと、ですね!約款に目を通すのは厄介な仕事ですもんね。でも大事な事はココに記載されてるから‥‥
言いにくい事や、ひっかかる事は最初にドッカ〜ンとぶつけて!
今までの苦労が全て実るのねぇ‥(シミジミ)
これからの安心生活に乾杯!!
Posted by クロの継母 at 2007年12月12日 17:40
クロ継ちゃん♪ありがとう!私自身わからなくなっていて…だけどもう大丈夫だよね?ってクロ継ちゃんに聞いてどーする!?(笑)今日役場に電話して光引いてもらえるかあちらの住所伝えました。だからぁ〜!!もう大丈夫なんだよね!アタマの中とやってることが大幅にずれとりますー。世界中戦災で行くあてのない人はたくさんいて私たちなんかこんなんでくさってたら罰があたるね。
Posted by ミチル at 2007年12月12日 17:56
しばらく日記がなかったから、きっと別荘の件で大忙しなんだと思っていた。大きく前進して、動物たちとの暮らしが近くなったね。また賑やかなミチル家になるのが楽しみです。
管理人のおじさんもいい人のようだし、災害時には消防団も対応してくれるということで、一安心です。
Posted by けいこ at 2007年12月12日 20:35
けいこちゃん♪ありがとう!この3ヶ月で私が学んだことは『自分のカンがあてにならなくなった』と『世の中早合点は禁物』でした。皆さんにこんなに心配していただいて早くお知らせしたい、しかしまたスカの可能性もあるとか考えてなかなか書けませんでした。多分このまま順調なら、ほぼ大丈夫かと思います♪
Posted by ミチル at 2007年12月12日 20:51
大きくステップアップですね。
本当にお疲れ様です。リフォームも少なくて済みそうで
よかったです。とはいっても大変だけど。
あと少し頑張ってね。少しでも何か不具合あったら
ちゃんと伝えて改善してもらってね。

ペットのロバ♪ロバのペット♪うふふ
Posted by 黒糖 at 2007年12月12日 21:28
黒糖ちゃん♪ありがとう〜。あんまりあっけらかんと見つかってこれで良いんだろうか?みたいな感じです。また1からスタートして今度はあんまりぶっ飛ばさないように地道にやって行きます(笑)家はそのままでも良いんだけど今度は狭いからね〜、犬猫たち居心地良くしといてやらないと…害獣被害が拡大するので(爆)
Posted by ミチル at 2007年12月12日 22:09
何だか光が見えてきた感じで、見ているこちら側も少し安心しました。
織も再開できるね!落ち着いたら連絡くださいね。
先生にもお話しておきます。(そうそう、先生肋骨3本折ったんだ・・・。(-_-;))
ペットのロバの他にポニー子ちゃんの記載漏れがあるのでは?(笑)
Posted by さゆり at 2007年12月12日 23:39
さゆりん♪ありがとう!そっち閉じちゃって遊びに行かれなくなっちゃったけど毎日さゆりんのアツイ視線を感じてました(笑)何だかやっと気持ちを切り替えて努力した方は全てスカで一周してまたソンに戻って来た気分です。しかし今の私たちには最善だったと思います。と思いながら私の気持ちがいまいち重いのはポニー子ちゃんも迎えられないし工房も狭くなるからかもしれない。今から10年後には広いところに引っ越そう計画立ててます(笑)今度は機も3台稼働は難しい。先生の機1台になるかも…落ち着いたら連絡します。先生骨折しちゃったの!?くれぐれもご自愛のほどお大事にとお伝え下さい。
Posted by ミチル at 2007年12月12日 23:50
やっと先が見えたね。
決まるときはそんなものよ。「ほんとかよ?」って思ってる間に周りが動き出しちゃう。
今度は別荘地で管理人さんもいるんだったら何かあったときも多分安心だと思う。
多少狭くたってみんなと一緒に安全に暮らせることが一番大事よ。
Posted by あずき at 2007年12月13日 10:30
消防団に個人で寄付するなんて聞いた事ないし、我々もそんな事した事無いわね。調べてみようっと。
Posted by sutemaru at 2007年12月13日 12:01
アズキ〜ヌ♪ありがとう。やっぱり決まる時ってそんなもん説、みんなに言われるんだよ。初心に返って出直します。早くみんなと暮らしたいよ、およそに犬や猫がいるとついさわらせてもらっちゃいます!今日は猫抱っこさせてもらったんだ懐かしい足のぷにぷにでした(笑)
Posted by ミチル at 2007年12月13日 16:56
sutemaru先生♪ありがとうございます。以前友達が困り果てて県警に相談したんです、そしたら自治体や国から助成金があるから寄付金集めるじたい違法なんだそうです。こちらは都市部と違って活動機会が多いしこれからお世辞になることもあるかもしれないし皆さん仕事持ちながらやってくださってるわけだから私たちも闇雲に払いたくないのではないのですが悪習慣であるならば決められている金額を義務的に払うのはやめて菓子折り持って挨拶だけしようかとも考えています。中には払わない家も何軒もあるんですって。
Posted by ミチル at 2007年12月13日 17:04
公の機関から助成金は出ますが、お祭りの時の神社などのお金と違って、個人から出させるなんて聞いた事ありません。私はほんの端の方に頭数で居るだけですが、会計は我々の時の方が今していますし、主婦だからお金での飲み食いはさせませんので、ちょっと息抜きは出来なくて可哀想ですが、仕事の時にちゃんとお茶とかおにぎりくらいは団から出しています。それは個人から集めたりしませんよー、町会費から一部出たりはしますが、それは町会として集めた中から融通しているのですからね。聞いてみますね。
Posted by sutemaru at 2007年12月13日 17:25
sutemaru先生♪まぁ都市部と山間部ではびっくりすることばかりですよ、実家の方ももちろん消防団はあったけど町内会で寄付金集めるのは赤い羽くらいで額はもちろん自由でした。暗黙の了解で決められているような金額(3000円でした)を払うのであればきちんとした会計報告等を配布すべきと常々思うけど当地でそんなこと言ったら御法度ですからね(笑)確かにこちらは消防署がたくさんないしそのかわりに消防団が活躍して暮らしを支えてくれていると思うから今まではずっと払って来ましたが今回のことがあってお腹の中に引っかかってます。
Posted by ミチル at 2007年12月13日 19:46
もしかしたら移動によっては近くだと又お付き合いしなくてはならない赤らと思い、市役所にも言いたい事は沢山あったけど引っ越してから騒いでやろうと思っていましたが、騒がなくて良かったね(^^ゞ
居づらくしてはいけないし、でも黙っているのも良くないしと思いましたが、近いから騒がなくて良かったですよね〜
野の子ちゃんが一番嬉しいかな(^o^)/
Posted by sutemaru at 2007年12月14日 18:14
sutemaru先生♪先生は私たちの三番目のお母さんみたい。そこまで気にかけていて下さったんですね、ありがとうございます。私たちもこういうことがあって似たようなものとは思うけどやはり近隣市町村に比べて対応は悪かったと思っています。出て行く時市長には文句を言って新聞(去年地元紙が取材来たから記者と知り合いになりました。)に投書して行こうかと考えていました。しかし引き続き住むので逆に文句を言った防災課が『特例です』と言いながら8名でトラック2台ですっかり廃棄物を片付けてくれたこと、こちらは少なくとも私たちが前例になったのだから感謝の気持ちを込めてあちこち言いふらしてます(笑)もしか市内で同じような災害に会った方にはありがたい『前例』ですからね!野の子は何しろすっかり霧が晴れたよう。光も怪しくなって来たしここにいるのも10年の予定だったけど5年でも良いかなとコーチャンと話しています。
Posted by ミチル at 2007年12月14日 20:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: