2007年11月02日

上九参りpart2

071102_1348~0001.jpg071102_1213~0001-0001.jpg上九参りはつづく。もう1ヶ所売りに出てる土地を見つけた。昨日不動産屋に連絡して詳しい資料を送ってもらったが到着前にとりあえず場所はわかったので見に行ってみた。本当に日獣医の目の前で値段もこちらの方が現実的だ。広大な牧草地が広がる富士ケ嶺はどこも良い所で何しろ空が広く、険しい場所がない。お値段的にどちらかを選ぶなら今日の方しかない。役場に行って路線価を調べた。まぁ妥当。水道も道まで来ている。今日は生憎の天気であっという間に霧が立ち込め富士山は見えなかった。3年くらい前に1度だけ行ったことのある乗馬クラブに手土産を持って訪ね、学校のことから地域の暮らしのことなど色々聞いて来た。できることなら閉鎖的な場所はここで終わりにしたい。家族で見知らぬ土地で暮らすのは体力も気力もいる。私はここでしてきたようなことを一からするにはもう自信がない。家族と動物たちと静かに暮らしたい。途中紅葉がピークだった。
posted by ミチル at 21:58| ☁| Comment(6) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たしかに、家族で見知らぬ場所で
生きていくというのは
ものすごくストレスのかかることよね
条件ばかりに心を奪われていて
実際生活したらどうなるかということを
忘れていました
ん〜、気力体力充実の年頃というのは
少し前になってしまったのかな〜

なになにターシャがいるではないか!!
Posted by shun-ran at 2007年11月02日 22:40
シュンちゃん♪しかし逆に言えばあちらではダレも私の正体は知らない…ああ、思い起こせばここでもはじめの数年間は《おとなしそうな人ね》だったんだよね。かむばぁぁぁっく!!《おとなしいミチル》…どこどこ?(笑)
Posted by ミチル at 2007年11月02日 22:59
人の生活に干渉したがる人が多いところは住みにくいよね。安全で落ち着いて住めるところ、見つかりますように。
Posted by あずき at 2007年11月03日 11:49
ミチル母ちゃん お疲れ様です!
アンテナ張り巡らせて、疲れる仕事だよね。
こちらも旧市内は閉鎖的で100年住まないと土地の人とは認めず‥‥外からは見えない、きまり事も多いし。
<やるぞぉ〜〜>と雄叫び?をあげて、気力を振り絞って、ぐぁんばって!!今の大変な努力は全て力になると思います!

Posted by クロの継母 at 2007年11月03日 17:42
アズキ〜ヌ♪うちみたいに田舎暮らししてると日本中一部の都市部以外は全部そうなんじゃないかと思うよ。結局田舎てよく言われる人情味が篤いってのは裏返せばプライバシーがないってこと。都会みたいにたくさん人がいれば有り得ない現象だよ。上九は戦後入拓者が作ったとこだからよそ者とか地の者とかはあまりないみたい。逆にみんなバラバラなんだって聞いてほっとしてる私(笑)
Posted by ミチル at 2007年11月03日 18:14
クロ継ちゃん♪ほんとに今が大切でいつものような緒突猛進は自粛しております(笑)資金が資金だから限られた中だけどより良い住処を求めて放浪中かなぁ。そちらはまた歴史のあるとこだからちょっと特殊かもしれないね。都会にいながら田舎のような因習があるんだね〜。どこに住んでも100%満足できるとこなんかないのかもしれないね。
Posted by ミチル at 2007年11月03日 18:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: