2007年10月18日

現実

071018_1346~0001.jpgアタマのなかをぐるぐると、いろんな考えが浮かんでは、消える。突き詰めて考え抜いたつもりでも一晩もすれば180°変わってしまう。しかし、土砂崩れに合って工房を失ったことが出発点である。鳴沢村まで土地を見に行った。安かったからだ。しかし結局安い山林や原野→未整地、未水道、なわけで住める状態にするには土地の値段は倍になることに気がついた。大月市役所にまわり路線価を調べた。想像以上に高くて驚いた。コーチャンは借地に家を建てるのはもうイヤだ、と言う。30坪くらい宅地だけ売ってもらい周囲の畑は借地、なんて…今月いっぱいくらい探してみようと思う。鳴沢村の先に牧草を扱っている農協があるので足を伸ばして春さん宅へ回った。銀花は今日もおいしいご飯をもらっていた。口をもぐもぐさせて何度も小屋から出てくる。そしてベタベタの口を人の服で拭う。私たちと同じように春さんにも甘えている。落ち着いた感じがした。帰る時もしばらく出て来て見送っていたがさっさと小屋に戻った。銀花なりに理解してくれたのだろうか。
posted by ミチル at 21:03| ☁| Comment(8) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
銀花、エライ!えらいですね!
うう・・・

そしてカワイ〜ショットですね。
Posted by チョコひげ at 2007年10月18日 21:19
チョコちゃん♪sutemaru先生直伝、《よく、言い聞かせる》が通じたのでしょうか!?それとなんと言っても春さんが、銀花をとても深く理解してくれているからだと思います。私たちの姿が見えなくなるとさっさと小屋に戻ったのを見てああ、安心したんだなと思いました。この下唇すごいだるだる〜緊張感ナシ!(笑)
Posted by ミチル at 2007年10月18日 21:46
銀花ちゃんもミチルさん達が会いに行くから安心したのだと思いますよ。家の子達も会った後は安心しますからね。
私も地価二千円目安で探したら二桁違っていました(>_<)
どのくらいまで平気かによってやはり都心から離れて行くのでしょうね(ーー;)
Posted by sutemaru at 2007年10月18日 23:40
sutemaru先生♪今日銀花ははっきりと、私たちと同じように春さんにも甘えていました、私たち以上に銀花の立場に立ち理解して下さるから銀花も安心し信じているのだと思いました。路線価はこんな山奥でぇ〜!?みたいな場所でもしっかり0が多くて驚きました。世の中私たちが思ってるほど甘くはないんですね。自分たちの世間知らずと図々しさを再確認してしまいました〜。東京から離れる生活なら長野とか群馬とかあるのでしょうがどうしても親元へ1時間くらいの距離の中でなので難しいですね。
Posted by ミチル at 2007年10月19日 00:18
現実は本当に厳しい・・・でも頑張ってね。
「親元へ1時間圏内」 サラリーマンじゃ住む地は選べないけど、
これは大切なことだと思います。

銀花ちゃん、かわいい〜〜 
Posted by 黒糖 at 2007年10月19日 10:05
黒糖ちゃん♪あまり深追いせず、家族全員の安全を最優先して決めたいと思います!銀花ね〜、耳伏せてちょい白目、これで唇がキリッとなってれば緊張して怒ってるけどこの唇じゃあ…はっ!?もしやコーチャンかじろうとしてたのか!?(笑)
Posted by ミチル at 2007年10月19日 11:26
いつもいつでも一緒にいたいのに、離れて暮らさなきゃいけない現実が立ちはだかって、本当に悔しいことと思います。家族みんなで暮らせる日が、きっと来るはずだけど、現実の厳しさは予想外のことばかりだね…でも、動物達はどんなに離れていても、ミチルちゃんファミリーが大好きに決まってるよ!
Posted by ミカママ at 2007年10月19日 13:53
ミカママちゃん♪いつもありがとう!ミカママちゃんの方こそ体調が悪い時はアトムアンに甘えなきゃダメだよ〜、動物を守ることは自分を守ることでもあるって春駒屋さんに教わりました。それに動物たちはこちらが思ってる以上にこちらの状態をわかってくれていることも今回とても感じました。私たちもとりあえず、健康だからふんばれます!良い報告を待っていて下さい!
Posted by ミチル at 2007年10月19日 17:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: