2005年08月21日

悲願:引越し

P505iS0059244577.jpg
ナツヤスミもいよいよ、残すところ後2日となってしまいました。こちらは
冬休みが長い分、ナツヤスミは一週間短く8月の24日には新学期が
始まります。引越しがのびのびの〜びのびになって、何とか7月中には・・・
何とか夏休み中には・・・ぎりぎり新学期が始まるまでには・・・と
念じていましたがやっぱりこういうことになりました。トイレも水道もついたので
何とかなると思っていたのですが任せた知人と水道屋さん、電気屋さんとの
連携が悪く、温水器がつながっていません。水は出るからお風呂に入れないことは
ありませんがシャワーが使えません。それと、照明器具もほとんどつけたのですが
肝心の居間にはまだ電気が来ていません。電話はもう、いよいよ無理。
NTTの人たちからもさじを投げられ、NTTのことを怒っている土地を
持ってるおじさんもうちが一番困ってるということを伝えても、相手にして
くれません。NTTに怒りを燃やすのは別にいいけど結局うちに被害が
来るわけです。そこのところ、わかってくれてないんですね。
もう、電話はいい!この際だからテレパシーでも鍛えて使えるように
なりたいと真剣に考えてしまいました(笑)。

今日は客間にベッドと、居間におく、重たいライディングディスクを運びました。
それにタオルやら着替えやら石鹸やら生活用品を運べば何とか暮らせないことも
ありません。柵はもし間に合わなくても今月いっぱいはコーチャンも休みなので
家をすっかり留守にすることもありません。そしたら動物たちも移れます。

銀花の小屋の中にも結局ゴムマットを敷きました。それも固定しなくちゃ
いけないんだな〜。いざ移ろうとなるといろいろ出てきますね。でも
もう、悠長に構えていられない状態なので一日も、一時間でも早く
さっさと引っ越したいです。山奥と言ってもここから車なら6〜7分の
ところなので必要なものがあれば戻ってくればいいんですよね。電話も留守電に
しておいて一日2度くらい聞けば何とかなるでしょう。。。

引っ越すとなると犬と猫は車に乗せていけば簡単ですが銀花はそういう
わけには行きません。歩くとここから一時間はかかる道のりです。
春駒屋さんが馬運車を出すと言ってくれたのですがわたしは歩いて
連れて行きたいなと思っています。犬たち、ゆりとメグはしょっちゅう
連れて行っていますが他の犬たちは、そして猫たちは、銀花は!!?
どんな反応でしょう。きっと最初は小屋に入ったきり、出てこようと
しないんだろうな〜。

ばたばたしてて銀花をかまってやれません。かまってやれるのは落ち着いた
夜の12時過ぎ。昨日の夜もミトンブラシでたっぷりからだをこすって
やりました。口のまわりの黒い点々は色が薄くなり治ってきました。
いったいなんだったんだろう??

本日もよろしくお願いします↓
人気blogランキングへ
posted by ミチル at 19:49| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
リムノス島にいます。いやぁロバがいましたよ。のんきにしています。ロバもなかなか愛嬌のあるかわいい動物ですなぁ。あっちこっちに灰色とか茶色とかこげ茶とかいるんですねぇ。
Posted by lemonodasos at 2005年08月21日 19:59
lemonodasosさん、コンバンワ!バカンスは計画通り行ってますか?ロバさんまた写真見せてくださいね!猫みたいな模様?(笑)リムノス島ってアルゴー号に出てくるレムノス島なんですか?
Posted by ミチル at 2005年08月22日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック