2007年09月21日

さよならさたろ

昨夜遅くさたろを連れて家に戻った。さたろはスヤスヤ気持ち良さそうに寝ているようにしか見えない。事情があり飼えなくなった飼い主さんから預かりいつもニコニコしてたさたろはうちに来てもみんなにかわいがられた。しばらくしてほぼ虐待犬だったげんが来た。様々な問題を抱えたげんに、人にも犬にもニコニコするしか知らないさたろは、わけがわからぬままいきなりの攻撃を度々受けた。分けて飼うようにしたがどうしても老犬たちは庭にすぐ降りられる老犬部屋に住んでもらうしかなかった。こちらがにぎやかなのを感じ、いつも居間に来たかったさたろ。昨夜は荷物でごちゃごちゃだが居間に寝かせてやった。今朝、いつもうちの動物たちがお世話になっている府中市の慈恵院に連れて行った。昨夜連絡したもとの飼い主さんにさたろのお母さんも同じお寺にいると聞いて嬉しかった。いつもするようにお守りになるように寂しくないように私は髪の毛を1本抜いてさたろの首もとの毛の中に入れた。お別れを済ませ帰路につくと携帯がなった。すれ違いになってしまったがもとの飼い主さんがさたろにお花を持って駆けつけてくれたそうだ。残念ながら安置所に運ばれた後で会うことは出来なかったらしいがお寺の方でさたろの棺に供えてくれたとのこと。さたろの棺はみんなが送ってくれた救援物資の入っていたダンボールをつなげたり切ったりして急遽作ったものだ。7月に急に起き上がれなくなってたくさんの人が応援して下さった。昨日午後1時、出先でsutemaru先生から電話をいただいた。前日から寝たきりになった連絡をいただいていた。ミチルさんの声を聞かせてあげてくれる?と、sutemaru先生はいつもの優しい穏やかな声だった。「さたろう、さたろう!…」4回呼んだら電話が切れた。sutemaru先生は携帯をさたろの耳につけてくれたそうである。その数分後亡くなったメールをいただいた。私はさたろは今まで何度も復活していたが休まることができて安心して逝ったんだ、と感じた。たくさんの方に支えられこの状況の中、sutemaru先生に看取られてこんなに幸せな犬はいないと思う。だから私は悲しくない。感謝の気持ちしか、ない。さたろは今頃お母さんに甘え、懐かしいみんなと天国の野原を駆け回っている。本当にありがとうございました。
posted by ミチル at 17:43| ☁| Comment(8) | 犬たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さたろ、居間で眠れてよかったね。
いつか会えたらそのニコニコ
きっと見せてね。

またね、さたろ。
Posted by チョコひげ at 2007年09月21日 19:43
みんなさたろがかわいそうだなんて思って無いよ
「ありがとう」って感謝の気持ち
あなたなお生命力にどれほど生かされたか!
天国でみんなとたのしくやってください
ミvヒルさんがドジ踏んだら笑ってやってください
Posted by shun-ran at 2007年09月21日 20:18
さたろ、今日はねミチルかあさんがさたろとの送別パーチーしてくれてるらしいよ。
もう先に行ったみんなと会えてるかな?
うちのごんたやさび、ちび、めちゃ、に会ったらよろしく言ってね。
Posted by あずき at 2007年09月21日 20:59
チョコちゃん♪ありがとう。私もお別れの時はいつも「一緒に暮らして、楽しかったよ、また会おう」です。今ごろきっとみんなと走り回ってるね!
Posted by ミチル at 2007年09月21日 23:00
シュンちゃん♪ありがとう。寝こんでも寝こんでもまた復活してくれたさたろに私は今回「打たれ強さ」を教育されていたような気がします!
Posted by ミチル at 2007年09月21日 23:02
アズキ〜ヌ♪ありがとう。おかげさまで今夜はお頭つきで生ききったさたろの旅立ちを祝ってやりました。さたろが一緒に青春時代を過ごした犬たちにも今ごろ遅かったねぇとか言われてるかもしれないね!
Posted by ミチル at 2007年09月21日 23:06
ミチルちゃんの声を聞いて、安心して逝ったんだね。本当にお疲れ様でした。長い間、ミチルちゃん達を守ってくれて、さたろくん、ほんとにありがとう!最後まで、生きることをあきらめなかったさたろくん!これからも、頑張るミチルちゃんを、天国から励まし続けてね!
Posted by ミカママ at 2007年09月21日 23:26
ミカママちゃん♪ありがとう。動物は人間より短命だから看取ってやらなくちゃならない。長く暮らせば暮らすほど、長生きしてくれたのが嬉しい反面お別れはやっぱり寂しいものです。そして看取ることは一番辛いことだけどさたろがへたるたび私はみんなに支えられ、最後は動物に限りない愛情を注いでくださるsutemaru先生に見ていただきこんなに幸せな犬も少なかろうと思っています。まだ実感がわかないけど本当の飼い主さんのもとを離れざるを得なかったことを考えても素晴らしい一生だったと思っています。今日は1日足元にいそうな気がしたよ!
Posted by ミチル at 2007年09月21日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: