2005年08月04日

おねえちゃんになったの?

P505iS0059047962.jpg
毎日にぎやかに鳴いているセミはアブラゼミだと、ここを見て下さっている
方に昨日教えてもらいました。そうか、アブラゼミか。ミンミンゼミと
ツクツクホウシとヒグラシくらいしかセミの名前って浮かんで来ませんでした。
その、アブラゼミ、今日もにぎやかです。

昨日夕方久しぶりに春駒屋さんが来ました。運良く、注文しておいた
馬用品が届いたところ。馬着などでお世話になったところが超特価だったので
いろいろ買い込んでいたのです。あまりに安かったので必要かどうかわからないような
ものまで頼んでみました、それで春駒屋さんにチラシを見せたらこれがあると
便利だよというものがまた出て来てやっぱり馬素人はダメですね〜(^_^;)
でも蹄油を取り分ける刷毛つきの容器などかなり便利です、今までわたしは
いきなり、手で塗っていました。ばりばりと箱を破ってさっそく二人で分けました。
コーチャンもちょうど帰って来て春駒屋さんのお仕事車にとりあえず
小さ目の梱包のアルファルファだけ積み込みました。

アルファルファは葉っぱの部分が多くてこなっぽい干草です。それを春駒屋さんは
一度水に浸してからあげているとのこと。さっそく夕べはうちもやってみました。
バケツに3分くらい浸してから水を切ってスーダンと混ぜて塩とふすまをふりかけて
やったらものすごい勢いで食べていました。同じ牧草でも与え方を
変えると味覚も違ってくるのでしょうか。考えたらアルファルファは四角い
ヘイキューブの元ですものね。ヘイキューブは形がなくなるまで塩水に
浸してからあげていました。今朝は昨日他になくて買って来た、銀花があまり
好きでないチモシーを混ぜてやりました。そうしたらやっぱり食べる勢いが
違います、バケツをひっくり返してよりどって食べていました。
なんでチモシー嫌いなんだろうな〜。。

今月の23日で生後2年になる銀花。馬の年の数え方は昔の日本の数え方で
おなかにいた時を1歳にするので銀花は3歳になるわけです。この頃
だいぶオトナになってきたのかスキを見てすばやくかじろうとしなく
なりました。2〜3ヶ月前ならうっかり背中も見せられなかったのに(笑)。
それに嬉しい時意外ほとんど後ろ足を蹴り上げるそぶりもしなくなりました。
無口ナシの裏ホリもご褒美がなくてもほぼ90パーセント足をあげるように
なりました。うちの銀花は言うことを聞かなくて〜と馬玄人の人たちに話すと
まず言われるのが「まだ、子供でしょ?」でした。その時はそんな理由かな〜とも
思いましたが本当にそうだったのかなと今、思います。馬に詳しい人は
何でも知ってますね。わたしのように去年初めて馬に近づいた素人とは
経験も知識も100万光年違います。わたしの先生たちは長い経験と、
経験による知識が深い人たちばかりです。身近に良い先生がいて相談に
のってもらえることはつくづくありがたいことです。

今日は夕方コーチャンがお散歩に連れ出してくれることになっています。
少し曇ってきました。雨にならないといいです。

写真は先ほど写した銀花と我が家の誇る巨大猫ミー太郎です。
本日もよろしくお願いします。↓
人気blogランキングへ

posted by ミチル at 12:04| Comment(8) | TrackBack(0) | しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ウ〜ム。ロバはすきを見せるとかじるのですか?!ギリシャのおじいちゃんが「もうヤンなっちゃたよ、このロバ、かじるんだもの!」と言っていました。ロバの愛情表現でかじったりするのかも知れませんね。でもおじいちゃんのロバはいい年して、いつまでも大人にならずに噛んでいたんですね。いえかじっていたのかも。
でもロバは見ているととてもユーモラスでイトオシイ動物ですよねぇ。
Posted by lemonodasos at 2005年08月04日 17:48
そうですね〜、犬や猫と一緒でふざけてる時ももちろんあるし、最初うちに銀花が来て非常に従順だったのが2週間くらいして突然青あざになるほどかじられてその時は明らかにお前よりあたしが上よ〜っ!ってかじったのだと思います。個性もあるし難しいところですが「まだ幼いからふざけてる」と信じたい飼い主でございます(笑)おじいちゃんのロバはどのくらい本気でかじるんでしょうね??まぁ本気でかじったら皮膚が取れちゃうそうですから本気ではないのでしょうね。今後ともギリシャのロバの観察よろしくお願いします!!
Posted by ミチル at 2005年08月04日 20:22
犬は生まれてすぐの1年で人間の20歳になり、後は1年ごとに4歳ずつ歳をとると聞いたことがあるのですが、銀花ちゃんは人で言うと何歳ぐらいなんでしょうね。
人に換算すると17・8歳の花も恥らう乙女くらいかな?

一度、かじられてみたい気もしますw
田舎の親戚が牛飼ってますので、かじられるのは結構平気ですが、キックは痛そうですねぇ…
Posted by みー at 2005年08月04日 23:57
いつもアドバイスありがとうございます。ブログ初心者でお返事の仕方がわからなくて、コメントいただきっぱなしでごめんなさい。銀花ちゃんはチモシー嫌いなんですね。Cuteは大好きで、種まきした小さい芽も食べちゃったようで、全然生えてきません。芋はやめときます。
馬は一年に人間でいう4歳歳をとるって言われていると聞いているのですが、ちょっと情報が違いますね。
でも、Cuteと銀花ちゃんは同い年ってことですねえ。
これからもよろしく!
Posted by しろちゃん at 2005年08月05日 00:46
ミーさん、コンバンコ(*^。^*)!ロバに関しては馬を参考にするしかないんだけど馬は30年くらい生きるそうですよ、そして競技会など高度な技術を要求される馬たちは10歳〜20歳くらい。銀花は単純計算するときっと小学校高学年くらいかな〜?3歳から本格的な調教始めるそうです。銀花も数えで今年の秋頃から始めようと思ってます。

かじられると痛いよ〜!本人は決して本気じゃないんだろうけど青あざになるもん。しばらく前までわたしの背中は青あざだらけでした(;_:)牛にかじられるとやっぱ痛い?
Posted by ミチル at 2005年08月05日 00:51
しろちゃんさん、コンバンワ!いろいろ迷ったり考えたりされながらキュートちゃんを大切に育ててる様子が自分を見てるようです(笑)。お互いそれぞれいい子になるようこれからもがんばりましょうね!でもキュートちゃんの方が絶対いい子です〜(^_^;)
Posted by ミチル at 2005年08月05日 00:55
不要かも知れないけど一応フォロー。

競技会に出たり高度な運動を要求される馬でも寿命は短くなりません。確かに競技に出ることの出来る年齢は20歳前まででしょうが。
高度な運動を要求されたからといってそれは虐待では決してありません。と、競技を目指すニンゲンをフォロー。(競技で勝つために多量の薬物を使用するのは疑問ですが)

余談。牛の前歯は下だけしかありません。
Posted by ゆーじ at 2005年08月05日 17:05
師匠、いつも暖かいコメントありがとうございます!!実は競技会のことなど知る由もなく、↑は<競技会に出れるようになる年齢は10歳以降、20歳くらいまで出ている馬もいる>と教わったのの受け売りなんです〜、前後の文章の関係で寿命に取れちゃいますね〜、すみませんでした。つまり親ばかでしてうちの銀花はまだまだおこちゃまなのでおいたも致し方なしって言いたかったんですぅ〜!!こんな不肖な弟子ですが見捨てないでね〜(;_:)
Posted by ミチル at 2005年08月05日 20:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック