2005年07月27日

小鳥の歌を聞く

P505iS0057999616.jpg
すごいお天気になりましたね〜。台風の後のすかっと晴れた
青い空に今、入道雲がもくもく、出てきました。

暑くて部屋の中に避難しています、外は激暑と言ってもいいほどの
気温上昇。今日は子供たちはプール最高だったようです。

銀花も10時ごろからお待ちかねのお散歩に行きました。
あまり時間がなかったのでポランの広場でなく、先日も行った
村道下の林道に連れて行きました。わたしはかごを背負って草刈専門。
途中、馬の好きなおじちゃんに会いました。前にクシですいてもらった
ことがあります。おじちゃんは道端のカラムシを折って銀花の
口元に持ってきてくれましたが銀花はカラムシ食べません。

わたしの背中のでかいかごを見て笑っていました。ススキが好きなので
これいっぱいに刈って来ますと言うと、馬の類はみんな、ススキ好きだねと
言っていました。子供の頃は背丈より大きな馬にクラもつけず飛び乗って
遊んでいたそうです。

銀花が草を食べている間にわたしはせっせとススキやクズを刈って来ました。
あまりに暑くてもう、ふらふら。一足先に帰って来て玄関先で押し切りで
切って広げました。こんなにたくさんと思ってかごから出しても
短く切って少し干すと目減りしちゃうんですよね〜。あげればいくらでも
食べちゃうので節約しつつ(笑)干草に混ぜてあげるようにしています。

お散歩に行くと、頭上のこずえから嬉しそうに小鳥が歌っていました。
わたしはこの鳥の声を最初聞いたとき、これは絶対、いつか読んだ
西丸震哉さんの本にあった、一番美しい声で歌うというクロツグミに
違いないと思いました。ネットで調べたら確かに同じような鳴き方でした。
ところがクロツグミはすでにレッドゾーンに入るか入らないかくらい珍しい野鳥で
この辺にいるわけがないそうです。わたしがずうっとクロツグミだと思っていた鳥は
1970年代に中国から日本に入ってきたガビチョウという鳥らしいです。

でも実に楽しげで美しい声で歌います。時々口笛そっくりに鳴いたかと
思うとまねもするんですね。ホ〜ホケキョキョキョキョなんて鳴いてみたり
チョットコ〜イチョットコイコイなんて鳴いてみたり。思わず銀花も
見上げた一瞬です。小鳥の姿は見えませんでしたがずうっと楽しげに
歌っていました。

裏ホリですが昨夜も(朝ごはんの前と夜寝る時と2回しています)
お夜食を食べてる最中、何とかつながない状態ですることができました。
これが定着してくれれば楽チンなのですが過度な期待は銀花には禁物です(笑)。

本日もクリックお願いします!↓
人気blogランキングへ

posted by ミチル at 14:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ススキを食べるなんて知りませんでした。草とかわらを食べるのは分かります。にんじんも食べるのでしょうか?
カラムシ?どんな植物かは知りませんが、そこら辺は馬とは違うのですね。
Posted by lemonodasos at 2005年07月27日 18:00
lemonodasosさん、コンバンワ!そっちは何時ごろなのかな〜。ススキはイネ科なのでよく食べますよ、スギナもオオバコも好きです、そちらのロバさんたちはどんなもの食べてるのかな?ロバに関しては飼育書の類が一切ないので非常に興味があります。わかったら教えて下さい!
Posted by ミチル at 2005年07月27日 20:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック