2007年08月28日

選択

a070828_1254~0001-0001.jpgb070828_1301~0001-0001.jpgc070828_1302~0001-0001.jpg昨夜はくたびれて12時にはベッドに潜り込んだ。わらわらと猫たちが集まって来て顔の左右にもいるから寝返りもままならない。うっとうしいやつらだ。しかも朝起きたらシーツにげろりんこん。バカヤロー!!…誰だ?(笑)昨日は1日に色々あって疲れてしまった。フィーゴの突然の死、季節が季節なので野の子の帰りを待たず府中市の菩提寺にコーッが連れて行った。私は気持ちを切り替える間もなくゆりのお勉強。そして急に体が斜めに傾いてしま年だから軽い脳梗塞とかかもしれない。頭の中で素早く計算機が回る。獣医さんへ連れて行く、検査、そして治療は気休め程度の薬VS普段私たちにさえ体を触られるのを極端に嫌がる、さらに1時間以上の車での移動……そうなるとやはり私たちの選択肢は家でできることをできるだけしてやる。しかしちゃっぴ、今日も庭に降りたり本人はいつものつもりで小走りして転んだり…元気そうには見える。非日常な日常はまるでシーソーだ。お友達がかわいい手拭いを送ってくれた。注・かわいいのは手拭いでイヌはかわいくありません(笑)
posted by ミチル at 13:19| ☁| Comment(10) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひとつずついろんなことがやってくるわけではないのね、まとめてやってくるんだね
命のあるものどうし、具合の悪いときも、命を落とすときもある、ミチルさんの思うように、手元でできるだけのことをしえあげるのが一番のように思う 限りある命、お互いを信頼してるものどうしで片寄せあって全うしたらいいと思う
遅れたけど、フィーゴ、安らかに
Posted by shun-ran at 2007年08月28日 18:23
ミチルさんの判断に賛成です。
よかれと思いお医者さんへ連れて行っても言葉がわからない子達には
辛いだけだったり虐めと感じたり・・
長い間外猫にご飯あげてた時 なかなか捕まえられない子がすごく具合悪くなって・・・
私は必死で病院へ連れて行ったんだけど・・
帰って放してやった時の、去りながら振り向いた辛そうな顔が今も忘れられないの。
可哀相なことをしてしまったのね・・、生きる時まで生きる。これが一番なんだよね。
愛情いっぱいもらって、自力で生きる時まで生きる。
人もチューブだらけで生かされるより、そっちを選びたいです。
がらっと話題を変えまして ものすごく似合ってるんですけど(爆笑)
Posted by 黒糖 at 2007年08月28日 19:22
もし自分だったらどうかなと考えました。
やっぱりミチルさんと同じ道を選びます。
こちらのしたいようにというより
本人?がどうされたいか・・・。

命の満足感。生きた事への満足感。
それは長さで計れない場合もあると
思います。
少しでも痛みやストレスのない毎日を
送れるようにまたビームしときます。
Posted by チョコひげ at 2007年08月28日 19:58
シュンちゃん♪うちみたいにやたら生き物がいると同じように年とる組がいるんだよね。しかも足腰立たなくなるっていきなりなんだねー。ちゃっぴは元気なんだけど…何も食べてくれないの。フィーゴにはお悔やみありがとう。昨日の今日、故兎を偲べない我が家…(笑)
Posted by ミチル at 2007年08月28日 20:19
黒糖ちゃん♪黒糖ちゃんもそんなつらい思い出があるのね〜。だけど獣医さん行けば良くなるのわかれば連れて行くよ私だって。ちゃっぴは年よりだしね、食欲ないのは普段もそうだしと前向きに考えてます、元気は元気なの。だけど魚もいや、チーズもいや、牛肉もいや。今レバー煮てるからなんとか食べてくれないかなぁ。手拭い嬉しかったよ!ありがとう!犬たちは…メイワク顔(笑)
Posted by ミチル at 2007年08月28日 20:28
チョコひげさん♪うちは東京時代からの20年来の獣医さんで普段何ともない時はいいんだけど車がキライな子の場合はほんと考えちゃう。獣医さん連れて行って確実に良くなる例えば下痢とかケガとかなら少しムリしても行くんだけどね〜。ちゃっぴのリスク考えるとね〜。強制給餌もなるべくしたくないなぁ〜。ビームありがとう!びびびっと来たよ!
Posted by ミチル at 2007年08月28日 20:33
こんばんわ。フィーゴ残念ですね。
同い年くらいで飼っているとこういうことは同じころにきますね。うちも去年までまいとし一匹ずつ旅だっていきました。

獣医さんはこちらが信頼しているところしか行けないからそうなりますね。うちも片道1時間かけて通ってます。

昨日うちに電話して新しい猫が増えたことを白状させました。
どうやら3ヶ月くらいの子猫を拾ったみたいです。
これで犬2匹。ねこ6匹です。帰るまでにどうなってることか
Posted by けんいち at 2007年08月28日 23:33
けんちゃん♪オーストラリアからお悔やみありがとう。同じ時期に拾った子たちは同じに年とるから何年かに一度ばたばたと旅立ってしまう。個体差もあって今回さたろは一応純血種でちゃっぴは雑種だからと気がゆるんでたよ。こうなるとやっぱりがつがつしてる方がいいね。ちゃっぴ元気なんだけど何にも食べないの。ご実家もますますご盛況で何より!私はそのうちけんちゃん牧場で仕事して馬でも連れて帰るんじゃないかとワクワクしてます(笑)近くにも多分良い先生はいるんだろうけど…相手が生き物だからばくちは打てないよね。
Posted by ミチル at 2007年08月29日 00:21
この間伺った時にお話したかもしれませんが、他に手の打ち様が無い時、動物は家に居るのが一番幸せだと思いますよ。治療より何より、心が平和が一番ね。
先が無いと思った時、退院させてその時は恨まれたけど、後から家で死なせる事ができて良かったと言われた時、間違っていなかったと思いましたよ。
どうしても人間より動物の気持ちを優先してしまうので、人間には辛い事でしょうが、動物が一番幸せな事は何かと考えて行動するもので、よく飼い主さんには恨まれます(^^ゞ
Posted by sutemaru at 2007年08月29日 03:15
sutemaru先生♪おはようございます。もう考えちゃいますよね、先日死んだウサギなどはちょっとでも食欲が落ちた時すぐに診せないと手遅れだそうだし…まぁ若い子なら多少無理できるけど年寄りの場合はリスク考えると。連れて行けば行ったで絶望的な診断で気持ちまでなえてしまったり行かなかったら行かなかったで連れて行けば良かったのかなと後悔したり…まぁちゃっぴはとにかく体さわると大騒ぎなので。あとはちゃっぴがどうしたら気持ちよく過ごせるかを優先してやるほかありません。またさたろみたいに復活してくれるかもしれないし希望を持ってがんばりたいと思います。
Posted by ミチル at 2007年08月29日 08:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: