2005年07月21日

おねえさんと銀花

050721 009.jpg
皆さんコンバンワ。こちらは今日が1学期の終業式でした。子供が
早帰りでその後、お客さんが来たりスイミングに行ったりで日記を
入れるのが遅くなりました。

今日の銀花は午前中コーチャンと二人で散歩に連れ出しました。
学校の上から草刈した犬の散歩コースに行って、銀花はクズの葉や
ススキの新しい葉を食べさせながらのんびり帰って来ました。

昨日遊びに来てくれたシホちゃんは幼稚園の年少から高校までお絵かきに
来ていました。もう、花も恥らう乙女になってしまいましたが
時々遊びに来てくれて家の動物たちをかまってくれたり何より
兎のエキスパートなので家の兎、フィーゴのことを色々教えてもらっています。
なんか、この頃忙しさにかまけて一番手のかからないフィーゴを
ないがしろにしてるな〜・・・反省・・・

昨日は先日わたしが学校の飼育小屋のことで書いたお手紙のお返事に
校長先生がいらっしゃいました。なんちゅ〜ぐっどたいみんぐ!
シホチャンも2年くらい前に母校の小学校のウサギ小屋のあまりの悲惨さに
お手伝いして改善したことがあったのです。シホチャンにもいろいろ
経験談など語ってもらい校長先生と30分くらいお話しました。
学校の飼育小屋の兎たちがどんな劣悪な環境での暮らしを強いられているか、
助かる命も助からず、助ける努力もせず、ヒニンシウツもせず、増え続け
さらに劣悪環境になっていく過程、原因、そして何よりも子供たちの心が
どんどんすさんでいく様子なども彼女の口から話してもらって
校長先生もびっくりし、わかってくださったようでした。
そして正式に土日や祭日は見てくださいと頼まれましたのでとりあえず一安心です。

実際家に来る子供たちはわたしが動物を好きなのを知っているので
わたしの顔を見て何人もの子が真剣に訴えていました。。。
そして決まって子供たちはいいます、「もう、いいよ、おばちゃん、
見ないようにするから。。。」子供たちは散々傷つき先生方に訴えても
オトナが動かなくては最後は絶望し、あきらめるしかないのです。

そんなシホチャンと夕方になってから銀花を連れ出しました。シホチャンは
練馬の子。彫金をやってるセンスのいい女の子。その子にわたしは
いつもわたしが着ている虫除けのネットの服を着せてネット帽子を
かぶせて長靴をはいてもらい、軍手をしてもらい、さらにあの、でっかい
かごを背負ってもらいました。銀花は今から思うに明らかに
うろたえていた様子。だってわたしが二人いるんだもん!(爆)
(注:ぷろぽ〜しおんは全然チガイマス!)

写真の向こうにいるのがシホチャンです。シホチャンまた来てね〜!

本日もよろしくお願いします。↓
人気blogランキングへ

posted by ミチル at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 友達 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック