2021年02月28日

久しぶりの雛鶴峠(27日のこと)

こーはまた樹海に行きたそう
だったけど今日は雛鶴峠へ。
家から車で5〜6分で着く。
ゲートが閉まっているところで
シイタケの原木の仕事をしてる
おじさんがいた。犬たちを見て
にこにこして声をかけてくれた。
おじさんの家にも柴犬がいるそう。
そんでやっぱり気にくわない人に
「くっつく」(こちらの言い方で
噛むこと)そう。れもは人には
しないからまだいいけど柴は
やっぱり難しい犬種だよね💦

ゲートをくぐってすぐの左側の道脇に
シモバシラが群生したいたので
それが見たかったのに全然ない。
自然消滅???まぁいいや。行くよ♪

IMG_6835.JPGIMG_6833.JPGIMG_6834.JPGIMG_6837.JPG
ここも犬たちを放して行かれる。
れもにめぐやてんちゃんが着てた
Tシャツを着せたら腹回りは見事に
ぱつぱつだった

寒い。いつもの樹海散歩より寒い💦
山中に梅の花が咲いている。野生の
梅ってあるのかな〜〜?民家が
全然ない山中で梅が咲いてるなんて
初めて見た。いつもの小さな
清流で犬たちは給水

IMG_6850.JPGIMG_6839.JPGIMG_6840.JPGIMG_6841.JPG

父ちゃんはやく〜〜!去年一年
ほとんど樹海ばかりで坂道がない。
この道に来たのは一年ぶりだけど
少し歩き始めてもう足の付け根が
痛くなった。ここによく来てた頃は
そんなことはなかったのに。やっぱり
ニンゲンこの年になるとどんどん
退化するんだな( ̄▽ ̄;)

IMG_6845.JPGIMG_6842.JPGIMG_6844.JPGIMG_6843.JPG

残土捨てのところで戻る。行きに
気が付かなかったけど子狸が道脇で
死んでいた。犬たちは興奮するかと
思いきや二人そろっていきなり
おしっこした。かなり腐敗して
こんなところじゃかわいそうなので
長い棒で崖の方に落とした、こーが。

IMG_6848.JPGIMG_6849.JPG
ここは車の往来もないし死因は
やっぱり餓死なんだろうか。

今日もまた鹿角ひろっちゃった。
ちょっと時間がたっている。
変な金属も拾ってきた。

IMG_6847.JPGIMG_6852.JPG
車が来ないから安心して犬を
放して歩けるのに猟の軽トラが
上がってきて慌てて犬を呼び寄せた。
帰りもまた戻ってきた。あの人たちは
ゲートのカギを持ってるんだね。
こんな民家も人気も一切ない山で
野生動物を駆除するのか。

2時間半のんびり歩いて8キロ弱。
足が痛い(;^_^Aでもわたしは
この道が好きだ。人の気配が
全くないから。あとひと月もしたら
春の息吹がいっぱいに感じられる
だろうな。また行きたい。

地元なのですぐ帰ってこられて
銀花も連れ出した。

IMG_6853.JPGIMG_6854.JPGIMG_6855.JPG
銀花もあと少しで青草もツクシも
食べられるようになるよ〜〜♪
posted by ミチル at 00:35| 山梨 ☁| Comment(2) | 山道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
れも、コロコロしてるな〜とは思っていたけど、めぐやてんちゃんの服がパツンバツンとは!
想像以上だったので、ビックリしました。(笑)

ふと思ったんだけど、鹿の角ってカービング出来ないのですか?
漢方薬のイメージが強いけど、骨って細工できそう。
象牙みたいに。
Posted by さゆり at 2021年02月28日 10:40
さゆちゃん♪腹回りがまさかのぴったりで
びっくりよ(≧▽≦)(≧▽≦)(≧▽≦)
てんちゃんはそうでもなかったけど
めぐだって痩せてはなかったのにね!
袖だけは長くてころころ走ってて片腕
引きずったりしてたのがまた笑えました〜〜( *´艸`)

そうそう、鹿の角ってナイフの柄にしたり
根付も彫ったりできるみたいだけど
それなりの専門の刀がいるでしょう、
まさか木彫の刀では彫れないと思うし
欠けたら泣きそう(笑)うにちゃんちの
ケイティに送ることになりましたよ
ケイティが鹿の骨でフントードリョクする
姿を見てみたい(笑)(笑)
Posted by ミチル at 2021年03月01日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: