2020年12月21日

穏やかな旅立ち(20日のこと)

これなるものは、、、、
IMG_3366.JPG
バードコール🐤木工作家の友達が
作ってる。
http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/477978306.html

今朝銀花のご飯をあげに玄関から
出たら鳥がたくさん鳴いてる。
もう一度部屋に戻ってバードコールを
とってきて鳴らしてたらすぐ近くに
来て観察してるのがいた。詳しい
友達によるとヤマガラらしい。
割と人懐こい鳥なのだそうだ。

IMG_3365.JPG

お日様がまぶしい。だけど寒い。
寒いから空気が澄んでいる。

IMG_3355.JPGIMG_3357.JPG

日陰はサムイネー
IMG_3358.JPG
だけどリニア関係の工事が再開して
道にしっかり塩カルをまいてくれる
から道の凍結がなくて助かる。

あんなにきれいだった紅葉も終わり
冬の木立になった自然林のところ

IMG_3356.JPG

銀花は家の前の道をちょろっと。
緑に残ってるのはシダ類ばかり。
銀花は食べないから早く帰りたい

IMG_3360.JPGIMG_3361.JPGIMG_3362.JPGIMG_3363.JPG
雲がひとつもない青空

老猫のちゃいが今日のお昼旅立った。
これは夕べ。

IMG_3354.JPG
ノノコが一年か二年の時拾ったから
17〜8歳だったと思う。ここ1年
くらいすごい食い気がたつように
なり、だいたい老衰で死ぬ前
その子によって何年か、犬も猫も
すごく食べるようになる。ちゃいも
もとは食いしん坊ではなかったが
グー君とふたり、台所に入れて
美味しいものをあげてるとグー君の
茶碗にも顔を突っ込んで食べていた。
それでもここ1週間くらい目に見えて
痩せて抱っこすると背骨が棘のように
手に触った。体重も軽くなり芯のない
藁のような感じがした。

この食い気が止まった時が終わり
だなぁと思ってはいたがここ数日
足腰がよたよたすることもあった。
だけどこんなにすぐに行ってしまう
なんて思ってもいなかった。

金曜日ちょっと様子が違う感じが
した。だけど食べたがる、昨日も
量は少ないけど自分から台所に入り
食べていたのだが夕方帰宅すると
いつもの寝場所じゃない床にべたっと
寝ていたので暖かいかごに入れて
やった。急に来たなぁと思ったが
また夜わたしが寝る時かごから出て
台所に入って少しだけどちゅーる
クリームチーズ、生クリームを
なめた。

かごに入れてホッカイロを入れて
部屋を暖かくしていたがちゃげるが
一緒に入ってぎゅうぎゅう。でも
いつもの通りがいいに決まってる。
今朝はもうやっと顔があげられる
感じ。一人で死なせたくないから
わたしが犬や銀花の散歩の間は
こーが見ていてくれた。それから
わたしがテーブルにかごをのせて
目の前でずっと一緒にいた。
意識混濁。

お昼少し前、呼吸がすごくゆっくりに
なり、呼吸と呼吸の間が開くように
なりふうっと大きく息をする。
そのうちだんだん感覚が開いて
目の前にいたのにいつ行ったか
わからないくらい静かに、そのまま
死んだ。これは亡くなる数分前

IMG_3364.JPG
お洋服も洗濯して昨日着せ替えて
やったばかりだった。

何という穏やかな最後。そして
昨日の夜中まで自分から食べたがって
いたという、親孝行。飼い主に
何一つ苦労や心配をかけなかった。
いい子だったちゃい。大往生だと
思う。明日実家に行く途中で慈恵院に
つれて行く。もうお空についたかな。
明日は実家行ってきます。
posted by ミチル at 00:37| 山梨 ☀| Comment(2) | お別れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雲一つないお空へ旅立ったのですね。
穏やかな最期に合掌。
Posted by さゆり at 2020年12月21日 09:21
さゆちゃん♪お返事遅くなりました<m(__)m>
ありがとうございます、無事慈恵院に
つれて行きました。きちんと生き切ると
こんな穏やかな死があるんだなと
思いました。
Posted by ミチル at 2020年12月23日 01:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: