2007年07月10日

ありがとうございました

070710_1432~0001-0001.jpg銀花のためにポータブルレントゲンを携えた ステマル先生が来てくださった。ご多忙の春さんも 早朝より駆けつけてくれた。ステマル先生は電話やメールで散々お世話になっているがお目にかかるのは初めてだ。捨て置かれた命をたくさん助けていらっしゃる。中でも飼い主が治療放棄したわんを引き取り獣医先生方から奇跡と言われるまで回復させほぼ寿命まではんぱでない愛情を注がれ看取られた。先生のホムペでそのことを知り私は何度も読んで何度も泣いた。以来尊敬して止まない方である。初めてお目にかかるステマル先生は小柄で、大動物の先生らしく身のこなしは軽やか、生き物全てに全身全霊を捧げていらっしゃる気配を私は感じた。問題の(身も心も!)銀花は無口をつけて小屋につないだ時点で、なんとなくおとなしい。やんちゃなおんま3頭のお母さんのステマル先生はさすがに扱いが慣れていらっしゃる。銀花のフェイント噛みもさりげなくかわす(笑)レントゲンを撮るためにレンガの上に足を乗せさせた。なかなか素直にできないが思ったほど抵抗もなく問題の右前足2枚と蹄が内側に変形してしまっている後ろ足1枚を撮っていただいた。結果は明後日とのこと。撮影が終わり3人で動物談義が止まらない。最悪な思いをした3年前の乗馬公園でのボランティア。しかし私は結果的に春さんゆーじさんステマル先生という動物の、人生の師匠と出会うことができた。このような方たちに支えてもらっている私たちは何と幸せなことか。ステマル先生、春さん、本当にありがとうございました。先生のHPは携帯ではれないのですが本家の鳥の絵をクリック、リンクから飛んでください。http://www.ne.jp/asahi/akiyama/koubou/
posted by ミチル at 22:46| ☔| Comment(6) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりに、動物サイドの人たちとの会話を堪能させていただき、癒されました。
あっという間に過ぎてしまった時間に、驚き、師匠の世話を思い出して、挨拶もそこそこにお暇してしまってごめんなさいでした。
Posted by 春駒屋 at 2007年07月11日 00:36
レントゲンの結果、何とも無い事を祈っています!(-人-)
Posted by さゆり at 2007年07月11日 09:29
なんともないといいね。もしそうじゃなくても悪いところがわかってきちんと治せるよう祈ってるね。
Posted by あずき at 2007年07月11日 10:44
さゆりん♪ありがとう。結果わかるの怖いけどもしか蹄の関係でもステマル先生ついてるししっかり治してやりたいです。
Posted by ミチル at 2007年07月11日 10:46
春さん♪昨日は朝早くからほんとにありがとう!楽しいおしゃべりはまだまだ時間が足りないくらいでした。師匠はご機嫌大丈夫だったかな?(笑)
Posted by ミチル at 2007年07月11日 10:47
アズキ〜ヌ♪ありがとう。これでびっこの原因がわかれば対処してやれるものね。大したことなければもっと良いんだけど…
Posted by ミチル at 2007年07月11日 10:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: