2018年11月16日

ちゃい、かぶくん先生(15日のこと)

今朝も冷えた。わたしは相変わらず
寝坊だけど早朝は霜が降りて
いたのかも。こうして駆け足で
冬がやってくるのがお山の秋
でもお天気がいいから気持ちがいい

IMG_0607.JPGIMG_0604.JPG


銀花は庭も歩きたいそうで。
玄関の方はジャノヒゲがあるから
食べる草があるね。でも犬たちが
ちっこしてるよ(^^;)

IMG_0613.JPGIMG_0615.JPG

鼻汁がなかなか良くならない
ちゃい、やっぱりもう一度診て
もらうことに。11時半予約だから
そろそろ出ようと思ったら
高いところで日向ぼっこしてる(-_-;)

IMG_0616.JPG
ちゃいみたいないい子はできるだけ
追い回したりしたくない、、
けど背に腹はかえられん。
伸縮する長い棒で追ってぶじ
捕獲。でもやっぱりびびって
びゃーびゃー鳴く。そしたら
れもが気になってキャリーから
離れないのでかぶくん先生に
付き合ってもらうことに(笑)

IMG_0618.JPG
れもが時々ほんとうにわからない。
猫がそばを通っただけでうなる
ことがあるくせに。車の中でも
ちゃいが鳴くとずっとキャリーに
張り付いていた。もしかして
獲物??(笑)(笑)

猫の鼻炎は完治するのは難しい
そう。ちゃげるもちゃいも
薬を飲んでる時は良くなるが
薬がなくなると元に戻ってしまう。
ちゃげるは鼻の穴がつまってしまう
ほどの鼻汁はなくなったがそれでも
やっぱりずびずびとくしゃみが
ひどい。ちゃいもそうだ。
 結局前と同じ漢方とあとは
免疫力をあげるためのサプリが
出た。ちゃげるは手にもよく
真菌が出る。この間ステマル先生と
話してた時弱い子なんだろうという
話になった。まぁでかいし食欲も
あるし、今のところ生活面で気を
つけるようなことはないけど
抵抗力が弱いことは確かなのだろう。
なのでちゃげるの分もサプリを
もらってきた。またしばらく金が
かかるがつるくんとみーたのための
高い猫缶を買わなくなったからその分
ちゃげるとちゃいにサプリを飲ませて
やれる。貧乏人の多頭の悲しいところ
だけどなにもかもやってやることは
うちではできないから。

IMG_0622.JPG

帰宅して午後から工房。日が
かげるととたんに寒くなるけど
わたしはケチなので昼間は極力
ストーブをつけない。そのかわり
毛布をかけてあげるから。(笑)(笑)

IMG_0624.JPG

夕方まで織って何とか織り上がる。
端の始末は明日と明後日でやる。
まだ織を初めて間もないころ
たぶん、20年以上前、高くて
買えないから頼み込んでこーに
作ってもらった巨大な杼。以前
使っていた大型のろくろ機で
使っていたけどまた出番が来た

IMG_0629.JPG
こんなに重たかったっけ?と
思いながら使う。でもきっと
わたしが年をとったせいだ

夜は頼まれていた絵を仕上げた。
わたしも豊洲移転は反対。
オリンピックもやめてほしい

IMG_0639.JPGIMG_E0638.JPG
posted by ミチル at 01:16| 山梨 ☀| Comment(2) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
動物も人間と同じなのですね。
鼻炎は人間もぐすぐずばかりで、薬を飲んだら良くなるけど・・・。

れもは優しい子なんだね。
生意気なのは若気ゆえで、根っこは優しいんだと思う。

でっかい杼!
えっ?王様作?すごい!万能!ご夫婦とも!
Posted by さゆり at 2018年11月16日 10:52
さゆちゃん♪ニンゲンの鼻炎もそうなんだ!
花粉症とかアレルギー性だからなのかな〜
猫たちはアレルギーというわけではないのに
とにかくしつこい。猫風邪じゃなくて猫の
鼻炎は一生治らないのかも。。。

れもはほんとによくわからん。かじる事故は
起きてないけど(かじらせないようにこちらも
注意してるから)鼻しわで猫にうなるくせに
病気で弱ってたりするといつもそばにいる。
さゆちゃんがいうように根っこが優しいのなら
いいけどねぇ、、そうだよねと言えない(笑)(笑)

この杼はほんとに昔、まだ織り機を手に入れた
ばかりの頃作ってもらったの。そのころすごく
仲のいい織の友だちがいてその人の分も頼んで
ふたつつくってもらったんだよ。今使うと
あちこち改善点があるけどこれはこれで
重たいから織り幅があってもびゅう〜〜っと
飛んでいいかも(^^;)

うちみたいにお金の余裕がない家は作る。
考えたらわたしのモノづくりの底辺って
そこかもしれない。買えないから作る(^▽^;)
Posted by ミチル at 2018年11月17日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: