2018年10月17日

義父の法事(14日のこと)

日曜は昨年10月に他界した義父の
一周忌だった。うちの父のように
合祀ではなく、実家そばの深大寺に
お墓があるので法事もちゃんと
やらなくてはならないらしい。

生憎のお天気だったけど雨にも
降られず

IMG_9151.JPG

お昼近くだったので?ちょうど
お坊さんが鐘をつき始め
あっという間に人だかり

IMG_9152.JPG

法事の時間まで待っている
ホールから本堂の裏庭が見える。
ここは一般の人は入れないので
写真を写してきた

IMG_9158.JPGIMG_9164.JPGIMG_9161.JPG
裏が山だしここだけ見たら
東京じゃないみたい。でもここの
茶室で誰がお茶点てるんだろう
一握りの名士だけなんだろうな〜〜


IMG_9160.JPG
お寺のオリジナルの甘いおせんべ
上品な甘みでおいしかったから
買って帰りたかったけど
売ってないみたい。

参加したのもうちと義弟一家
だけの小さな法要だったが
義父母もなくなりそれぞれの
子どもたちも大きくなり時の
流れを感じる。法要の後塔婆を
もってお墓詣り。姪っ子の塾が
あるというので食事もせず解散。

法事とか葬儀とかもわたしたちの
世代はどんどん離れていく。
たぶんまじめにやる最後の世代かも
しれない。娘なんかめんどくさい、
自分も散骨でお墓なんかいらないと
いう。わたしもそれでいいと
思っている。

亡くなった人はいつもわたしの
心にいる。そして事あるごとに
思い出す。それでいいんじゃ
ないかと思う。自分が死んだら
それで十分。お墓も法事も一切
いらない。
posted by ミチル at 00:19| 山梨 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: