2017年07月28日

老犬たちはお迎え、ゆきちゃんがきてノノコもきた

昨日(26日)予定通りきーちゃんと
ななちゃんのお迎え、ふたりは
帰って行った。ななちゃんは
昨日一昨日と食欲がいまいち
きーちゃんはうちにきて1〜2回
しかうんちをしなかったこと
飼い主の友だちに伝えてふたりを
送った。ななちゃんは昨日も
濃いめにといた老犬ミルクは
たくさん飲んでくれたが固形物は
ほとんど食べてくれなかったので
その旨伝えた。きーちゃんは帰り
慣れた公園ではすぐにうんちを
たくさんしたそうだ。ホッ

IMG_2560.JPGIMG_2566.JPG
暑い季節は老犬にとっては一つの
山場。何とかこの夏も乗り越えて
欲しい。もっともうちはあちこち
開け放しているのでクーラーが
あまり効いてないのもあったかも。
次も元気で会おうね。

夜はゆきちゃんがきた。こちらにある
弓道に通い始めたので、水曜は
来られるときは来ることになって
いるのでなんか、嬉しい♪♪
弓は夜なので11時ごろ弓の先生の
仲良しの村友の旦那様に送ってもらい
到着。なんか、おかえり〜〜と
言いたい。楽しかったようで
良かった良かったヽ(^o^)丿
今まで人のことばっかりやってきた
ゆきちゃん、そろそろ自分の好きな
ことをしてほしい。

IMG_2587.JPG

そんなゆきちゃん、今日(28日)は
カメラのショルダーを織りたいと、
言ってたのでふたりで工房。
ゆきちゃんは完成、わたしは犬の顔が
やっと織れた。

今日れもはまたはしゃいでいる
あーちゃんの腰のあたりにかみついて
叱っても放さない、もう完全に
別犬のようになってこれが柴なのかと
思ったがもう何も考えずものすごい
叱り飛ばし、ベランダに出して
半日無視。何かでスイッチが入り
突然豹変してしまう。あーちゃんも
この頃低く少しだけどうなるように
なったのでそれが気にくわない。
 だけどあーちゃんは普段穏やかで
上下争いに挑戦しようという素振りは
全くない子。反省している顔つき
だけど夕方また少しやってしまった。

IMG_2590.JPG
これはもう大石先生に助けてもらう
しかないかな〜〜〜(-_-;)8月に
なればあーちゃんの所有権はうちに
なるので里親探しをできるのだが
吠える、年齢も高い、フィラリア
陽性、未避妊手術で手術できるかも
わからない、里親さんを探すのは
相当困難と思っている。。。

夜は急きょ父ちゃんと一緒に
帰ってくることになったノノコの
ためにゆきちゃんは早くから夕飯を
作ってくれた。先週、きーちゃん
たちが来た時も飼い主の友だちの
ためにビーガン料理を作ってくれた
ゆきちゃん。

朝の床のモップかけも犬の散歩も
行ってくれて帰宅したノノコとこーに
ミチルは何してたの?と言われる(笑)

今日は自宅から作ってわざわざ持って
来てくれたキーマカレーとジャガ餅
ニンジンのサラダ、その上さらに
あしたも食べられるようにと
わたしの好きな高野豆腐の煮物まで。

IMG_2592.JPG
そういえば、今朝もゆきちゃんが
カフェの朝食みたいなおしゃれな
ご飯を作ってくれたんだった(^^ゞ

それぞれに話だけはしていたが
やっと東京娘のゆきちゃんと
山梨娘のノノコと会うことができた

IMG_2595.JPG
ノノコも家を離れて一人暮らしに
なりバイトもしてたりして
本当によいこになってちょっと
嬉しい二人の母なのであった(^^ゞ
夜9時前、みんなでゆきちゃんを
駅まで送った。寂しいけどまた
来週も来てくれる。

ノノコはせっかく帰って来たので
買い物に連れて行ってあげる予定、
行先はもちろん百均だ(笑)(笑)





posted by ミチル at 00:18| 山梨 🌁| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
年をとると、食べることも出すことも大事だし、馴れている環境が絶対的な安心感があるのでしょうねぇ。
夏の暑さも大敵だね。

ワタクシ思うに、料理上手な人って情に厚い方だろうなと。
料理に優しさが溢れるよねぇ。
しみじみ。羨ましいです。

ののちゃんも、しっかりしてきたんだね!
バトル時代が懐かしいですか?
オイラん家は、今がストレス半端ないです。
娘の、のらりくらりと過ごすペースにイライラ!
あー・・・。離れて暮らしたいです。
Posted by さゆり at 2017年07月28日 22:18
さゆちゃん♪ほんとにその通りだと思う。
人間も動物も食べる出すが一番大事だよね。
それさえ順調なら少し体調が悪くなっても
持ちこたえられる。おそらくななちゃんも
今頃はなれたおうちでいつものように
食べられているかなと思います。

お料理ってその人の手のやさしさだと
わたしもいつも感じる。優しい料理を
作る人は優しい味がする。それは本当に
そう感じる。幸いわたしのまわりには
そんなお料理を作ってごちそうしてくれる
お友だちがたくさんいていつも食べさせて
もらうわたしは幸せ者だね!さゆちゃんの
いつかのお芋のケーキも優しい味でした♪♪
また作ってね〜〜(^^ゞ

ノノコは親がいくら言ってもダメだったことが
やっぱり世の中が教えてくれたんだと思います。
そしてわたしもノノコに何もしてやらなかった
ダメダメ母親だったことに今更ながらに
気が付いて今更ながらに何かできることは
してやろうと思っています。小遣いたかられるばかりだけど(笑)(笑)家を離れる時も
全然寂しくなかったし友だちに帰ってこないので
さびしいでしょうと言われてもなんでそんなこと
いうんだろう?と思っていました。今も一緒に
いられなくて寂しいとは微塵も思わないけど(笑)
でもうちの場合、ほんとに離れてよかったです。自分も若いころ思い出すと家を出て
親のありがたみがわかったことを思い出しました。さゆちゃんのうちのお嬢なきちんと育ってるし
家では少々ゆるんでもそれは仕方ないよ、
外ではきちんとしてる子だから問題ないと
思います。
Posted by ミチル at 2017年07月29日 02:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: