2017年06月03日

ヤマナラシの木の下にいってみた

今朝も日差しはあるけど風は冷たい
本日のおりこうな3スワリ

IMG_0278.JPGIMG_0260.JPG

れもの今日のお持ち帰りは
いくぶん小さ目(笑)

IMG_0273.JPG

銀花も同じコース。途中、おそらく
昨日のおじさんだと思うが道脇の
堆積した枯葉を集めていたので
挨拶したらいつも集めてるおうちの
人だった。やっぱり自然のもので
作った野菜は味が違うとおっしゃって
話してるうちに銀花ぼろを持って
行ってもらえることに。先日運んだ
ばかりだけどあっという間にたまる
から、大型草食獣はぼろの始末と
敷き藁の始末がまず大変。急いで
戻って道までたまっていたぼろ
6袋を運ぶ。

水たまりに青空がうつる

IMG_0282.JPG
そろそろ銀花の好物のブタクサや
セイタカアワダチソウも伸びて
なかなか帰りたくないお散歩

部屋の中ではくつろぐらぼ

IMG_0286.JPGIMG_0289.JPG
いつまでも子猫のつもりでいたけど
らぼも今年でもう6歳になる。

http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/208855922.html
そろそろ歯がいたいので夕ご飯は
ミキサーにかけた特別食チーム

今日もおとぎ話のようにふわふわと
綿の塊が降っている。うちの庭にも。
郵便局の帰りに車をとめて木の下に
行って見たらなんだか幻想的

IMG_0292.JPGIMG_0299.JPGIMG_0294.JPG

ヤマナラシは日本のポプラだそうだ。
だからこんなとびぬけて大きな
木なんだ。すっかり葉がそろい
これからは毎日よく歌う。

IMG_0303.JPG
posted by ミチル at 00:08| 山梨 ☀| Comment(2) | 山暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思えば昔は肥溜めを撒いて畑やってたから、循環してたんだよね。
いつの間にか一方通行になっちゃったけど。
まだ親の世代の話だから、遠いようで遠くない話。

ヤマナラシの綿毛一面。別世界みたいだね。
Posted by さゆり at 2017年06月03日 09:53
さゆりん♪わたしの世代でもそうだったよ!
循環するといえばついでに回虫もね!
だから子供のころは野菜を中性洗剤で
洗うのが普通だった。今はとんでもないよね。
今の子って回虫いる子なんかいるのかな〜〜
いつのまにか実家の方もこえだめだったところにも
しっかり家が建ってるよ(^^;)

ヤマナラシほんとうに幻想的。これがふわふわ
舞ってるんだよ、家から離れてるのに
庭にまで飛んでくる。
Posted by ミチル at 2017年06月04日 00:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: