2016年03月22日

どうにも不機嫌なれも

れもの不機嫌は続き、寝る時も
いつものように蒲団に来ないで
はみ出たところで猫を見張るように
して寝ている。無理やり蒲団の中に
入れて抱っこして寝たが猫の動きに
合わせてしょっちゅう、唸っている。

散歩のときはいつも通り。

IMG_7371.JPG

春めいてきた山道
IMG_7379.JPGIMG_7384.JPG
石ころや松ぼっくりや空き缶、
いつものように拾いながら歩く

銀花は植林地。だけどまだつくしも
出てないねぇ。

IMG_7404.JPG

保護色銀花
IMG_7408.JPG

いつもみんなでごちゃごちゃに寝てる
簡易ベッド、ここがまるで自分の
陣地だというように、前を通る猫にも
うなり、いちごが乗るといちごにも
うなるれも。いちごは気が弱いから
逆らおうとしないから良いけど。

れもに良く言い聞かせ撫でさすり
鼻をべろべろなめてやってから
いちごを乗せたらやっと落ち着いた。

IMG_7409.JPG
お腹の傷はもうくっついているが
気が付いたら5針縫ってある3針を
自分でかみちぎってしまって
二か所しか糸がない。金曜日抜糸
だけどこのままだと自分で抜糸
しちゃうかも(^^;)

カラーも腹巻も外したがまだ
いらいらしてて、観察してると
お腹や腕の毛が剃ってあるところに
ふと気が付いて必死でなめる。
もとのはじけるような天真爛漫な
れもには戻るんだろうか

犬たちが落ち着いたところで
工房。今日は夕方弁当作りがある
から、長い時間は無理なので
小さい機を動かそうとフィン織の
用意をした。経糸をへぐって
縦継ぎは三分の一くらい、横糸の
準備もした。ハリスビルちゃんも
動かしたい。

IMG_7414.JPG
posted by ミチル at 23:06| 山梨 ☀| Comment(9) | 犬たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よっぽど傷ついたんだろうなと思います。
いちごが心配してるね。

緯糸、綺麗ですね。
色々組み合わせたら無限に色ができそうです。
Posted by さゆり at 2016年03月23日 07:06
つくし、一週間前に見ましたよ。あれの煮たのを頂いて食べたことあるけど、自分では、ハカマ取ったり、あく取りが面倒でやらないけど、美味しいのね。
れもちゃんのご機嫌なかなか、もとに戻らないね。うちの犬たちはどうだったかなあ。男の子は大人しくなって、女の子は、気が強くなるように思ったけど。れもちゃんに近づけないいちごちゃんもかわいそう。早く抜糸して、カラーも腹巻もとれて、いつものフレンドリーなれもちゃんに戻るといいなあ。
お父さん、ミチルさんの、肩に手をまわし、いいお顔して見えますね。肩を揉んでくれるなんて、やさしいですね。お母さんも若々しくて、二人揃って長生きしてほしいですね。
Posted by けいこ at 2016年03月23日 14:55
ご無沙汰してる間に 色々な事が……

れもちゃん 怖かったんだね。
元の愛想良しさんに なぁ〜れ!

ご夫婦揃っておられるご両親 素敵ですね。
親孝行なミチルさんも偉いなって思います。
Posted by クロの継母 at 2016年03月23日 16:39
さゆりん♪たぶんそうだと思う。案外おばかさん
じゃなかったってことかもしれないけど
これが本来の柴らしいけど犬は少しおばかさんな
方が扱いやすくていいよね〜〜(^^;)

今日からフィン織始めました、楽しいです!
Posted by ミチル at 2016年03月24日 00:00
けいこちゃん♪そちらの方がやっぱり早いね!
うちの方はフキノトウはすっかり出そろいそろそろ
茎も伸びてきてるけどつくしはまだ
見てません。

野草は食べるまでが大変だよね〜〜〜
うちも山に移ったころは面白くてフキや
つくしをたくさんとったけどつくしは
袴をとるのにまるで残業のようにふたりで
無言でせっせと夜中じゅうやりました(笑)
手も悪で真っ黒けになってなかなかおちないんだよね(^▽^;)

れもは昨日から腹巻もとってるの。そしたら
さっそく5か所ぬってあった糸の、4か所を
とっちゃった(笑)でもしっかりくっついてるから
いいけど。。それできげんが治るかと思ったら
手術で毛を剃ったところが気になって
肌が出てるところをなめまくってるんだよ〜〜

本来柴はあまりフレンドリーじゃない犬種なんだって。
だかられもみたいな子は珍しい方らしい。
でも、今日下でシイタケ栽培のおじさんに
話しかけられたらしっぽふりふりでニコニコして
おじさんに近づいてなでてもらっていました。
人は平気、いちごはちょっといや、猫はすごくいや、がいまのれもです、早く元にもどらないと
家の平和が保てない(笑)(笑)

父はその昔浪越氏篤というのを習ったことがあって
認知症になってもこれだけは忘れてないみたいで
誰彼構わず揉みたがるの。それは頑固でおっかなかった
父だけど穏やかになる方の認知症みたいで
人に何かしてあげたい気持ちからみたい。でもね、
母にもんでるのなんか見てるとちゃんと
父はお礼を言わないとか
こっちは疲れてるのにもんでやってるんだとか
言いたいこと言ってます(笑)(笑)
Posted by ミチル at 2016年03月24日 00:07
クロママちゃん♪今までうちに来てから
れもがいいようにしてきたからいきなり
家族のもとを離れて何かされてというのに
心が傷ついてしまった感じです。
もっと大きくなってからした方が良かったのかな〜〜
猫の場合1キロになったらすぐするから
犬も、れもはくれに一度ヒートがきちゃったので
むしろ遅すぎたかなと思ったけど、その辺
色々調べてみてからしたらよかったのかも。

でもどっちみち拗ねたりふてくされたりは
するんだろうな(^^;)

おかげさまで両親ともなんとかまだふたりで
暮らせています。義父も何とかかろうじて、
でももうわたしも夫も泊りがけでそれぞれの
実家に行くようにしています。いつも
クロママちゃんとケイコちゃんのお父さんへの
親孝行を思い出しています。
Posted by ミチル at 2016年03月24日 00:13
抜糸までは腹帯は取らない方が安心です。他の子がいる場合は更にね。抜糸の日でも着いているかどうかの判断で、さらにのばす事もあるりますしね。見慣れているから大丈夫とは思いますが。
術後は出来たら静かな環境に置いていてあげないと、どんなに馴れた環境でも、本能的に自由にならない身体を守りますから、うーっと唸るのは当たり前です。それは悪くない。そういう環境に置く方が可哀想。抜糸までは縫ったところはつりますから、動物には動く度に痛い思いをする理由は判りません。誰かにされていると思う子もいます。だから自分を守るのです。性格が変わったのではなく、環境が不安なのね。せめて抜糸まではのんびり一人で居られる場所に置いておいてあげたいと思います。ある意味入院はそう言うことも考えているのね。れもが怒られることではなく、一寸環境を変えることで済んだかもね。個々の性格が違うから、それも判ってあげることは大事なことだと思うのね。うーっと唸るのはれもなりの大事な理由があるのよ。痛くて動けない、動きたくない、そう言うときに遊ぼーって理由の判らない子達がちょっかい出しに来たら、今の私はそれどころではないと言う言葉がうーっかもしれないのだからね。怒らないで、判ったよっていたわってあげて。
Posted by sutemaru at 2016年03月24日 07:40
追伸、腹帯のもう一つの理由は、取ると術後でも直ぐ動いてしまいます。それをある程度抑える意味が大きいのね。それが着いている間は思うように動けない事も、れもの不安な気持ちにもなっていると思います。腹帯で拗ねているのではなく、思うように動けない事へ不安が有るのだと思います。でも、取ったら良いかと言うより、今度は変なものが身体に着いている。動物は必ず取ります。そして痛い思いをします。それがどうしてかは判らないから、さらに不安を持ちます。誰かにされた痛みかと思っちゃうから。例えば可哀想と思っても、広いケージを使って、誰にも邪魔されない場所を確保してあげる等でも不安は違ったかも。回りは見えるから、仲間と仲良くはできるし、したがるときには出せるし、煩くなったら自分だけの場所も確保できればね。
Posted by sutemaru at 2016年03月24日 07:56
sutemaru先生♪かいていただいたこと読んで
目からうろこでした。たしかにひとつひとつ
ぜんぶ先生のおっしゃる通りかもしれません。
れもはほんとにかわいい、気のよいこで
人にはもちろん、犬にも猫にもフレンドリーという
うちの子としては破格の扱いやすさにこちらが
目くらましになっていたことを反省しています。
確かに先生のご指摘の通りですべてれもの行動が
納得できます。カラーを外しても腹巻を
外してもイライラする原因もわかりました。
ひとりで簡易ベッドを占領しているのも
わかりました。ゲージを組んで入れてやれば
よかったんですね。心を傷つけたとそればかり
気にしていましたが身体的な問題が大きかったのですね。

明日抜糸なんですけどもう一本しか残ってない(^^;)5か所あって4か所自分でとって
しまいました。
Posted by ミチル at 2016年03月24日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: