2016年02月18日

鼻水吸引器

日当たりが良いところは
すっかり乾いた道

IMG_4680.JPG

日当たりが悪いところは
いまだばぁん、とけず

IMG_4691.JPG

雪がとけた下からはちいさな
よもぎも発見

IMG_4694.JPG

ダイはミルワームを食べなくなり
庭に逃がす方が多くなって
この頃ずっと食べさせていないが
栄養状態は問題なさそう。

IMG_4712.JPG
どんなに寒い日でも水浴びは
かかさないし

ネコのちゃげるは拾った時から

http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/426594300.html
鼻がずびずびで点鼻薬や抗生剤も
何種類かもらったが完治せず、
ネコの鼻炎は残ってしまう子が
いてなかなか治らないそう。
うちも何匹かそういう子がいた。

知り合いの猫も鼻炎がひどく
獣医さんの誤診で鼻孔にがんと言われ
すぐゼファーを紹介したが異常なし。
しつこく治らない鼻炎のようで今も
治療中だがどの薬もなかなか効かない
らしい。そしたら先日、新兵器と
写メがきて赤ちゃん本舗の電動
鼻水吸引機が調子が良いと教えて
くれた。探してみたら五千円もする
とても買えない、とうわけで
アマゾンで手動のものを探して購入

IMG_4722.JPG
さきっぽがシリコンなので鼻の穴に
さえうまく入れればあっという間に
吸い取ってくれる。鼻の穴に入れる
のに両手で阻止するからなかなか
大変。ちゃげるのように穏やかな子に
押さえつけてはやりたくないので
半々の確率でうまくいく

まぁちゃげるは鼻が詰まってずびずび
だけど飢えを知ってしまった子だから
食欲は旺盛、この頃はグー君に引けを
とらない丸まりよう(笑)(笑)

IMG_4729.JPG
足は比較用ね(^^ゞ

午後は友だちの家に行った。
しばらくは週に一度は顔を見に
行きたい。でも今日は声をかけても
出てこなかったので誰にも会いたく
ない時もあると思い、お土産だけ
おいて帰ってきた。でも心配、、
心配するのはわたしの勝手、、
周囲のニンゲンはうるさい。。
でも、明日また行ってみようかな、、

夜は絵を仕上げた。マリア様に
会った動物たち

IMG_4725.JPG
明日からまた別の絵にかかる。

今日退院予定だった義父猫ちび、
獣医さんから電話で調子がよくない
ので入院が長引くことに。一時は
低体温になり、頭が震えて
危なかったらしい。レントゲンを
撮ったら肺に影があるそう。それは
なんだかわからないが家を出た時は
元気だったのに、、、手術ができる
かどうかもちゃんと血液検査を
してからやってもらったのだが
子宮蓄膿症はかなり重症だった
らしい。今日は帰ってくると思って
ゲージを掃除してふかふかの
毛布を入れておいたのに。。ちび
元気になって帰っておいで。
待ってるよ。
posted by ミチル at 23:21| 山梨 | Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちびちゃんの肺の影心配ですね。元気になって戻ってくれるといいけど。
お友達、子に先立たれるほど親にとって不幸はないから、立ち直るには時間はかかりますね。ミチルさんの心は分かってみえると思います。やさしいね、ミチルさん。
マリア様のやさしいお顔、笑ったワンちゃんの顔、ミチルさんの心が出ています。
タペストリーの上下につかう棒は、バック作る時の取っ手の棒状のものの先に丸い玉(取り外しできる)がついたのを使っています。
Posted by けいこ at 2016年02月19日 22:33
けいこちゃん♪具合が悪いのがそのせいなのか
わからない。とにかく行く時は元気だったから
やっぱり子宮蓄膿症がひどくて大きな手術になって
体力を奪われたのか、、と想像しています
何とか元気に帰ってきてほしい。

わたしは数年前春さんをなくした時、自分でも
これが鬱かなと思う症状に少しなりかけました。
感情の起伏が激しくなってどうにも抑えられず
そうかと思うと寝てばかりいたり、、平常では
ありえない日々を過ごしました。それが目に入れても
痛くない自分の子どもが急逝したのだから
この先立ち直れることなんか、ないのだと思います。それがまた、わたしがいつも相談して
アドバイスもらっていたくらい愛情深く子供を
過干渉ではなく、離れすぎでもなく愛を持って
見守れる人でした。彼女ほど愛情深く子供に接することが
できる人をほかに知らない。そんな家の子を
神様はなんで奪ってしまったんだろう。。
落ち着いたころ、友だちにも絵を描こうと
思います。

けいこちゃんもタペストリー織るの???
見たいよぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!
見せてよぉぉぉぉぉぉぉ!!!ヽ(^o^)丿
Posted by ミチル at 2016年02月20日 00:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: