2015年12月07日

5日から7日までのこと

そろそろ夜の峠道は凍結が恐いので
土曜日、日中実家に行くことにした。
その前に散歩、でも遠出はできない
からいつものコース。分岐路まで。

IMG_9329.JPG

ススキがぼわっとふくらんで
やっとほんとうのポニーになれた
銀花(笑)(笑)

IMG_9355.JPG

今日は別のトラックのおじちゃんに
リンゴももらっちゃった(*^▽^*)

IMG_9345.JPG
3年ぶりくらいで会ったおじちゃん
犬たちのことも覚えていてくれた

11時半ごろ実家に出発。途中
相模湖のお饅頭屋さんで母の好きな
お饅頭を買って1時半ごろ到着
支度して父の病院へ。父は金曜日
からご飯が普通になったそうで
緩慢な感じだった動きが手術前に
近くなった感じ。やっぱり口から
食べられるって大切なんだなと
思う。普通のごはんになったのを
母とわたしにひと口食べろと↓

IMG_9475.JPG
(^▽^;)(^▽^;)ここの病院のご飯は
とってもおいしい。

昨日日曜は急にノノコとこーが
来た。ノノコは大学の秋休みを
利用して京都へ一人旅をして
お決まりのお土産八つ橋を持って
きた。父も母もやっぱり嬉しそう。

IMG_9466.JPG

今日はそろそろ退院が近いのか
栄養士さんと面談があり、朝から
病院に行く。父の食事のことで
胃の全摘なので食事の注意あれこれ。

胃がないといきなり食べたものが
小腸に落ちる→血糖値が上がる→
下げようとしてダンピング症候群に
なる→ぶっ倒れる、と何度もお医者
さんからも説明を受けた。

量はさぞや少ないと思ったら、そう
でもなく普通の量の7割。父の
ご飯は小食の女の人の量くらいある。
おかずは一切れひと口なので分食で
3度のごはんの間にゼリーとか
ちょっとしたおやつが出る。それと
誤飲で、老齢の場合せき込んで
出すことができないと肺に入って
しまうと肺炎になってしまって
大変なのだそう。なのでなるべく
柔らかいものをとにかくゆっくり
時間をかけて食べるように説明を
受けた。母が食事の管理は大変なので
当面はお弁当を取る予定にしている。

実家の愛ちゃん、おりこうちゃん
わたしにもなれて顔を見て逃げ出す
こともないがやっぱり母が好きで
母の顔を見上げては床にごろん、
お腹のマッサージをしてもらいたい

IMG_9450.JPG
離れていてもごろごろが聞こえる
かわいい愛ちゃん。父も愛ちゃんの
ことばかり言ってる。愛ちゃんは
テレビにきりんが出てたら真剣に
見ていたそうで「テレビ見るような
賢い猫は愛ちゃん以外いない」そうだ
(^▽^;)

今日は早く行ったのでお昼を食べる
時は一緒にいて2時には病院を出て
母の用足しをしてから買い物をして
4時半実家を出た。西に向かって
ひたすら下道を走ってくるので
夕焼に吸い込まれそう。車につないで
いるiPhoneからたまたま上田正樹が
歌っているMy old Kentuckyhomeが
流れてきて泣きそうになる
(笑)(笑)

IMG_9485.JPG
こんな夕焼で明日はお天気かな
犬たちとお山に行くぞ〜!!
!(^^)!


posted by ミチル at 23:18| 山梨 ☀| Comment(4) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ののちゃん、おかえり〜。
京都の旅はいかがでしたか〜?
Posted by さゆり at 2015年12月08日 06:04
お父様 ののこちゃんに嬉しそうですね!
ミチルさんも お疲れ様です。
家族で囲める食事が一番の滋養ですね。

綺麗な夕焼け…何だか目に沁みますね…
愛ちゃんもデッカクなって 毛を触ってると癒されますね。
ああ 福さわりたいな〜〜
Posted by クロの継母 at 2015年12月08日 13:42
さゆちゃん♪例によってな〜んにも話しない子
だからどこで何をしたのかさっぱり(笑)(笑)

でも楽しかったみたいです♪
Posted by ミチル at 2015年12月08日 23:49
クロママちゃん♪父が認知症で同じことを繰り返したりおかしな行動をするので
ノノコは耐えられなくてつい先日実家を
出ました。父も冷たい態度を取られていたので
わたしは見るに忍びなかったです。母も疲れて。
今離れてお互い良かったみたいで久しぶりに
会ったので父は過去のことは忘れて嬉しそうでした。

空に昇った動物のことを考えるとどんどん
押し寄せて切なくて何もできなくなるね
わたしはもうずっと封印してきたのに
めぐが死んだことでどっと押し寄せて
毎日いろんな子がわたしの心の扉をノックしに
きます。切なくなって何もできなくなるよね
どの子もオンリーワンだよね
Posted by ミチル at 2015年12月08日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: