2007年05月27日

よそ者連盟(笑)

070526_2126~0001-0001.jpg070527_1329~0001.jpg久しぶりにいつもお世話になってる歯科医の先生が遊びにいらした。お互いどうしても地域になじめない人間なので話は尽きない。私は少し先輩として、おかしいことはこれからも発言し続けなくてはいけない、だが多分絶対、変わらないがそれでもだんまりを決め込んだら終わりだと思うと話した。当地のような狭い地域での暮らしは豊かな環境と引き換えに受け入れがたい常識が日常になる。何時間もしゃべっていたのに…全然疲れない(笑)みんなで今日は上の橋まで行き約束通り川遊びした。もう日差しは初夏。銀花が眩しそうに目を細めた。
posted by ミチル at 19:50| ☁| Comment(8) | 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今度は溜まっているものを出す方だから、疲れなかったのかな(・・?
あまりに日常化した異常って、言われないと分からない事が多いから、どんどん言っちゃお!
で、ユリちゃんどうですか?もう訓練終了だと良いなぁ。
Posted by さゆり at 2007年05月28日 06:22
さゆりん♪おはよー!何にせよ普通と感じることが同じならいくらしゃべっても疲れないんだね、ありがたい同盟者です(笑)白い太った犬は今日午後からお勉強、さて成果は如何に!?
Posted by ミチル at 2007年05月28日 08:06
ミチルさん、おはよー♪
「白い犬ったフト」お勉強頑張れーー(^^)v
楽しい時間を過ごせてよかったですね♪

「子ロバの絵」とってもかわいいね、優しい色がいいな。

今日の朝日新聞に「クマと共生へ対策訴え」が載ってて
昨年ツキノワグマの捕獲数の約9割に当たる4340頭が
殺されたんだって・・・すごく嫌な数字よね。
Posted by 黒糖 at 2007年05月28日 08:51
黒糖ちゃん♪おはよ〜!はぁ…まだ掃除終わんないよ毛毛毛っ(泣)白い犬ったフト、さて先生の判定は!?ああぁドキドキしてきたよ私が!(笑)読むと憂鬱になっちゃうけどhttp://ecology.sblo.jp/
ここ↑こういうことをきちんと配信してくれる人がいるのは心強い。実際クマと共存を選んだ地域もあるんだよね。クマはやっぱりプラチナ級に高価な熊肝が目当てなんだよ。だけどわざわざ冬眠中の熊起こして銃殺なんて、そんなやからは絶対良い死に方しないと思う。
Posted by ミチル at 2007年05月28日 09:40
ふうを保護してくれたお宅にケージを返しに行ったの。そしたらまだ猫がいるんだって。どうも野良猫が床下で子供を産んじゃったらしいの。その中の一匹が出られなくなって大騒ぎしたふう。
そこまではいいんだけどその人の言い分!「可哀想だからわざわざ餌やったのに人の家で子供産むことなんかないだろうに。バルサンでも炊いてやろうかしら」だって。すごく嫌な気分。
Posted by あずき at 2007年05月28日 14:25
アズキ〜ヌ♪それはある意味、最初から猫嫌いでペットボトルおいてる家の方がずっといいね、猫が信用してる重み、信用させた責任感はその家の人にある。…あたいはそんなハンパなやつが一番信用できない。子猫出てくるかなぁ大丈夫かなぁ…
Posted by ミチル at 2007年05月28日 18:32
でしょう?私は動物が大好きよ!なんてツラして実際は殺鼠剤なんか平気でしかけたりするんだろうね。これ以降お付き合いはもうしないって思ったよ。餌をやったらそれだけの責任が付いて回るのにね、それすら他人に押し付けて・(クソォ!!)
Posted by あずき at 2007年05月28日 21:08
アズキ〜ヌ♪世間の自称動物大好きなんて大半がそうなのかもしれないね。うちも里にいた時やたらめったら増やして平気なおばさんいたもん。で、貧乏くじはいつも私たちなんだよね(笑)子猫心配になってきた。
Posted by ミチル at 2007年05月28日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: