2015年09月05日

ちょいブラバッグその3

今日も浮かないお顔のいちご
IMG_4085.JPG
よく、友だちに犬が笑ってるねと
言われたけど笑ってるかどうかは
見る側のニンゲンの眼差しだから
犬がほんとに笑ってるかどうかは
わからないと懐疑的だったわたし。
 だけどいまのいちごを見てると
犬って本当に笑うんだと思う。
めぐと一緒の時の笑顔はいまの
いちごには全くない。寂しさを
ひとりで耐えている。

IMG_4078.JPG
朝ごはんはたいていひと口
やっと、こちらに気をつかって
口に入れるくらい。夜はさすがに
お腹が減るようでちゃんと食べる
けど食欲が落ち、うんちも二日に
一度になり、庭にちっこに出るのも
めぐがいないからちっこに
行かれずそれでも庭に出たがるのは
めぐを探しているからだ(:_;)(:_;)

わたしはニンゲンだから友だちに
話を聞いてもらったりなぐさめて
もらったりできるがいちごは
たったひとりで悲しみに耐えている。

銀花もなんとなくしょんぼり。
お散歩もわたしの横を歩かず
うしろからとぼとぼついてくる。
道脇の草刈をしたようであと少し
ならしておいてあげたかったアケビも
ツルの下の方から切られてしまった。
傷もついてる。銀花食べる?

IMG_4100.JPG

昨日今日と暑くなって行水できた
IMG_4104.JPG

今日は友だちの個展に行く予定に
していたけど都内なのでいちごを
連れていかれない。いまのいちごを
1人で留守番させることはとても
できないから友だちには申し訳
なかったが中止して一緒に工房

IMG_4110.JPG
小管巻きに電動ドリルをつかって
いるので音が怖くて机の下に
マットを敷いてやったのに離れた
ところで寝ていた。でも一緒なら
安心なんだよね。

昨日織り上がったバッグ布地を
脇をぬって紐をつけてちょいブラ
バッグのできあがり〜

IMG_4115.JPGIMG_4118.JPG
二重織りだからリバーシブルで
裏地もつけなくていいから楽ちん
二重織りは手間がかかるけど
絵柄を織出せるので楽しい。
これでマフラーも織ろうかな。
posted by ミチル at 23:34| 山梨 ☀| Comment(2) | ものづくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いちご、見ているのが辛くなる顔ですね。
何かいちごの心を軽くしてあげられるものがあると良いんだけど・・・・。
めぐの写真を見える所に置いてあげるとか・・・・?
食欲が落ちているのが心配です。

バッグ、色鮮やかで楽しげな様子が伝わってきますね。
二重織り、面倒臭いけど、裏地も一緒に出来ると考えたら丈夫な織物ですね〜。
Posted by さゆり at 2015年09月06日 07:01
さゆちゃん♪信頼してた、常にいっしょにいた仲間を
亡くしたうえ、いちごはずっと多頭の中で
育ってきてそれがいま、たった一人になってしまった
寂しさ、不安も大きいと思う。。。
ニンゲンのわたしたちにはぬぐいきれない
悲しみだと思う。。。

バッグは一面が25センチ角くらいだから
すぐ織れて楽しいです。めんどくさい織り方
だけど縫い物ができないわたしにしたら
裏をつけるという作業をしなくて良いので
楽ちんです!これ、リネンとか伸縮性のない
糸で織った方がいいんだろうね。手持ちの糸が
偏りすぎててリネンとか持ってない(^^;)
Posted by ミチル at 2015年09月06日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: