2015年08月25日

走って行った

夕べから和室に入れてわたしの
横で寝かせるようにしためぐ、
10時ごろ外に出たいというので
バスタオルでおなかを持ち上げて
庭に出したらしゃがんで大量の
ちっこをしたが寝る時は念のため
おむつをつけて寝かせた。ほとんど
動けなくなっていたが1時過ぎ電気を
消してから何度も鳴いて必死で
動こうとしている。立たせようと
思っても立てないし、、、
そうしたら3時過ぎ3回目の時
ちょっとくさい。見たらおむつの中に
大量のうんちが出ていた。タール便。
すっかりきれいにしておむつを
外してやったら呼吸も静かになって
大人しく朝まで寝ていた。

8時前に起きたらめぐは寝かせて
いた蒲団からずれて大量のちっこを
していた。すぐきれいにして居間に
うつす。めぐ、だいじょうぶだよ、
おもらしなんか、誰だってする
んだからね

IMG_3675.JPG

ベッドの上だと下に下りたがるので
こーが下に寝かせた。今日は
ぽんちゃんがついている。ぽん
ちゃんは一番最初に犬になれた猫で
当時いたげんさんやゆりがあまりに
無防備なぽんにちょっかいを出すと
めぐが割って入ってぽんを守った。

IMG_3686.JPG

明日かぶくん先生はお休みなので
今日の分までしか点滴もないので
こーが仕事の前にもらいに行った。
今日の分はあるのでそのまま仕事に
行くはずだったのがお昼ごろ戻って
きた。こんな状態でも点滴を入れて
やった方が楽になるのと、あと、
痛みどめの注射を点滴に入れる用に
もらってきた。

IMG_3696.JPG

点滴を終えて1時ごろ。呼吸が荒く
ちょっとかわいそう。肺がんの方は
まださほど悪さをしていないそうで
貧血がひどい。めぐ、大好きだよ、
耳元で抱きしめて話をした。
まだ目でわたしを追う。

IMG_3691.JPG

2時ごろそれまで荒かった呼吸が
静かになり回数も減ってきた。
とても静かな呼吸になった。
心配になって何度も心臓を触って
みた。2時半ごろ電話があって
話し終えてまだおなかは動いている。
顔を近づけてもあいている目は
もうわたしを追わない。呼吸の回数が
減って外で銀花が鳴いたから牧草
入れてやらなくちゃと時計を見たら
3時、めぐの呼吸は止まった。
わたしはマンガのようにめぐに
抱き付いて泣いた。めぐ!めぐ!
死んだ!死んだ!!死んだ!!!

わたしの好きだっためぐの大きな
足、手、野山を駆け回って一度も
爪切りなんかしたことがなかった。
もう走らないめぐの手と足、
めぐ、めぐ!!!!!!!!!

IMG_3707.JPGIMG_3706.JPG

子どものころから絶えることなく
犬と暮らしてきたがめぐはわたしに
とって特別な犬だった。ちゃっぴも
さたろもゆりもてんちゃんもみんな
大切な犬だけどわたしが守るべき
存在だった。めぐはわたしと同列
上でも下でもなく、めぐがわたしを
守ろうとしていると感じることの
方が多かった。めぐはわたしの親友
だった。もういない。めぐは
もういない。死んでしまった。

IMG_3717.JPG

先週の火曜日の写真
IMG_3395.JPG

水曜日まではまったくいつも通り、
木曜日散歩から戻るとちょっと
元気がなかったが夕方には復活、
それが金曜日は夕方になっても
戻らないので慌てて地元の獣医さんに
駆け込んだ。めぐは文字通り
駆け足で空に昇って行ってしまった。

お願い
お電話は親しい犬友達の皆さんの
声を聞いたら涙しか出てこないので
当分出られません。
あといつものことですがお花はうちは
猫がいて飾る場所もなく、もし
お心があれば、お花のお金はめぐの
ように行き場のない子たちのお世話を
してくださっている団体やボラさんに
ご支援いただけないでしょうか。

放し飼いの秋田犬とさまよっていた
野良犬の間に生まれためぐも行き場の
ない子でした。わがままをお許し下さい

明日一日家において明後日菩提寺に
連れていきます。生前めぐに心を
寄せて見守ってくださったみなさま
どうもありがとうございました。
わたしは元気ですのでご心配なく。
明日からはめぐが伏せてからずっと
情緒不安定だったいちごの心のケアを
しっかりしてやります。

IMG_2765.JPG
ありがとうございました。
めぐより


posted by ミチル at 23:02| 山梨 ☔| Comment(10) | お別れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
めぐちゃん幸せだったね!
ずっとめぐちゃんのこと忘れないよ!
Posted by やまちゃん at 2015年08月26日 00:02
いつでも会いに行けると思ってた。

もう会えないんだね。めぐ
寂しいよ
Posted by おーいし at 2015年08月26日 00:17
やまちゃん、ありがとうございます。
Posted by ミチル at 2015年08月26日 00:22
おーいし先生、めぐがわたしにとって特別な犬だったのは先生のおかげです。わたしに犬と人との関係がこんなにもかけがえがないことを教えてくれたのはせんせいとめぐでした。ありがとうございました。
Posted by ミチル at 2015年08月26日 00:23
ミチルさん、お早うさんです。
動物とのお別れを沢山見てきた私ですが、どのお別れもご家族の気持ちを思うと辛いものでした。力が及ばなかったことが悔しいものでした。
めぐちゃんに会ったことがありませんが、ミチルさんの写真を拝見して、頭の中でこんな子だろうなと想像していました。もし会ったら「触るな」と怒るだろうか?それとも最初は警戒しながらも少し話しているとニコニコ笑って触らせてくれるだろうか等々。
高い高い所に行く途中で一寸大阪に寄り道をして欲しい気持ちです。

さ、いちごちゃんのケア、宜しくお願いいたします。
Posted by ゆうさん at 2015年08月26日 04:41
ミチルちゃん

めぐちゃん、苦しまないで静かに虹の橋を渡ったのですね。
歩けなくなってたった三日なのかな?
めぐちゃん、おやすみなさい。
Posted by 佐和 at 2015年08月26日 10:03
旅立って…いったのですね(合掌)

別れは辛いけど 見守ってくれてると思います。
Posted by クロの継母 at 2015年08月26日 10:24
ゆうさん、生前はいつもめぐを気にかけていただき
ありがとうございました。昨日は獣医さんに
電話しようと思ったけどできませんでした。
たまたまこちらの先生にお世話になりましたが
とても良くしていただいて食べないと言ったら
先生自ら手で栄養価の高いレトルトをめぐの
口元にもってきて食べさせて下さり優しい
先生でめぐもなでてもらって嬉しそうでした。
ゆうさんも獣医さんをされていた時はきっと
同じような経験がたくさんおありだったことと
思います。わたしたち飼い主は獣医さんの
小さな優しさにそれまで張りつめていた気持ちが
ほっとなります。きっとめぐは大阪によって
ゆうさん、いつもわたしたちのことを見守って
くれてありがとうって伝えてから旅立つでしょう、
周辺で犬のにおいがしたらきっとうちのめぐです
声をかけてやってくださいね、そしてこれからも
うちの動物たちを見守ってください。
Posted by ミチル at 2015年08月26日 23:01
さぁ〜ちゃん、時間を追うごとに衰弱していき
まさかこんな早く行ってしまうとは思っても
いませんでしたが肺がんの方が悪さを始めると
とてもとても苦しむそうなのでこれで
よかったと思います。ほんとに具合が悪くなって
獣医さんに連れて行ったのが金曜日だったので
5日で文字通りお空にかけ上ってしまいました。


わたしはてっちゃんみたいに
16歳まで長生きさせてめぐに手作りのハーネスを
作ってやって介護することを夢見ていました。
てっちゃんも大きかったからその時私も
さぁ〜ちゃんと同じくらいの年齢になってるから
さぁ〜ちゃんにいろいろアドバイスしてもらおうって
今から考えていました。かなわないことになりましたが
これからも変わらずわたしとうちの子たちを
見守ってください。
Posted by ミチル at 2015年08月26日 23:05
クロママちゃん♪いつも走り回っていた
めぐらしく、あっという間にお空に
かけ上って行ってしまいました。でもまだ
今日はこの家にいてうろうろしてる
感じがします。
Posted by ミチル at 2015年08月26日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: