2015年04月14日

愛ちゃんその後と父のディ

昨日は1時に出て下道を通って
実家へ。高速に乗ったら1時間
下道を行ったら国立から乗っても
1時間半。昨日は何となくずっと
下で行った。20号を走って2時間。
だけど雨のそぼ降る大垂水はなんとも
幻想的で美しかった。ここらの山と
高尾の山は何となく違う。
寒いからまた猫アパートにいる
庭猫たち。

017.JPG

先週の木曜日に迎えた愛ちゃん、
元気にしてましたかヽ(´▽`)/

012.JPG

あまり人馴れしていないので隠れて
しまうそうで無理に追ったり抱っこ
したりしないで愛ちゃんの好きに
させているという。それでも
抱っこすれば手にすりすりして
ゴロゴロ喉を鳴らす。2ヶ月ゲージで
保護された生活をしていたそうで
甘え方を知らないのだと思う。

ソファの裏側に手を突っ込んで
隠れてる愛ちゃんを引っ張り出して
抱っこしてたら両親が取り囲む。
父にも抱っこ

019.JPG

母にも抱っこ
027.JPG

愛ちゃんを迎えて両親は明るく
なったみたい。やっぱり生き物が
いる生活は他にはかけがえがない。
アニマルセラピーって本当だなと
思う。ネズミは愛ちゃんが来て
ぴたっと気配がなくなった。
愛ちゃんを向かることになったのも
ネズミさまさまだね(^。^;)

昨日は夕方から雨の中買い物。
相変わらず父が偏狭な食べ方を
するのだがそれが体に良いものばかり
なので大量に買ってきた。生協は
まだ当分復活できないのでわたしが
行くたびに買い物に出る。昨日は
雨だったので父は行かなかったけど
なるべく父も連れて行きたい。

今日は父のデイを一日増やすことに
なって今行ってるところは人数も
多く父より重度の人が多いので
父はあまり構ってもらえず一日中
座ってるのでお尻が痛くなるから
座布団持参で行っている。一日増やすに
あたりいろいろ調べてみたら少人数で
もっと規模が小さなデイがたくさん
あり、中でもリハビリ中心にからだを
動かすことをやってくれるところが
近くにあったので今日家族で見学に
行かせてもらった。半年前の父なら
頑固だから絶対行かないとなって
説得するのも大変だったけど今はもう
あまり抵抗せず、こちらの言いなり。
父が行かざるを得ないような理屈を
考えて何とか納得させる。少しでも
今の状態が続くよう、認知症がひどく
進まないように。母も休めるように。

今日は朝ノノコを大学まで送って
戻って愛ちゃんのごはん。愛ちゃんは
隠れていても出てきて物陰に作って
やったところでご飯を食べて用足しも
失敗なくちゃんとトイレで出来る。
ところがごはん食べさせてちょっと
目を離したら姿が見えなくなって
しまった。でもドアは開け放してないし
居間にいることは間違いないのだが
いつも隠れるソファ裏、戸棚の中、
机の下、こたつの中、いずれもいない。
何度探してもいない。どこか隠れて
いるからそのうち出てくるねとは
言ったものの気になる。一度鳴き声が
したので部屋にいることは間違いない。

そのまま午後、見学に出てしまい帰宅
してもまだいない。ところが2度目に
ソファ裏を見たらいる。え〜〜〜!?
どこにいたんだろう?????
お気に入りの場所も昨日から人目の
あるところにもいられるようになった。
ゆっくりでいいから仲良くしようね

024.JPG

愛ちゃんの姿も見たことだし4時すぎ
実家をあとにして八王子からまた下を
走って6時近く帰宅した。こちらも
冷たい雨。みんなお留守番ありがと!





posted by ミチル at 23:41| 山梨 ☔| Comment(4) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
愛ちゃん実家の子になって、本当に良かったですね。ご両親も楽しみが増えて。動物は癒してくれたり、生きる力をくれる、大きな存在ですね。お父さん素敵な方。こんなにはっきりと見させていただいたのは多分初めてです。もちろんお母さんも素敵ですけど。二人ともお若いです。
お父さん、希望するデイが利用できるといいですね。小人数で体も動かすことができて、頭も刺激できるような。ミチルさん、ご苦労様ですが、いいところが見つかるようにと思ってます。
Posted by けいこ at 2015年04月15日 11:29
ミチルちゃん、ブログにありがとう♪

実家への往復運転はしんどいでしょう?

ニャンをだっこしているお父さまとお母さま、見ているだけでこちらが癒されます。
何とも言えない優しいお顔が良いですねぇ。
アニマルセラピーの効果は認知症や自閉症などに良いそうで、ニャンで、お父さまの病が進まない事を願っています。

佐和はミチルちゃんの様に心に余裕が無くて今更ながら後悔しています。父親は40数年前に63歳で急死。その時、母は56歳でした。父の三回忌直前に脳梗塞で倒れ、入退院を繰り返し最後はホームでお世話になりましたが脳梗塞で倒れてからの介護生活でした。
Posted by 佐和 at 2015年04月15日 18:09
けいこちゃん、まだなれるのにしばらくかかると
思うけどおとなしい子なので脱走の心配もなく
ゆっくりなれてくれればいいと思います。
考えたらうちの和室っ子たちは連れてきて
4年もたつのに未だに触れないし顔見ると
逃げるし(笑)(笑)それに比べたらあいちゃんは
抱っこすればごろごろ言うしかわいいですヽ(´▽`)/

父はねそれこそ昭和のお父さんだからほんとうに
わたしが子供の頃ちゃぶ台返ししてました(笑)それにおっかなくてわたしは叩かれて
育ちました。その父がいまはもう怒鳴り声もなく
母とわたしの言うことを素直に聞く、助かるけど
ちょっと寂しい。
いまデイはすごくたくさんできてるね。
昨日行ったところもよく前を走っていたのに
気がつかなかったら2年前にできたそうです。
今まで行ってるところで別に問題があるわけでもなく
ただこのところの父の認知症の進み具合を
考えると今のままではなく刺激がないと
どんどん進んでしまいそうであえて父が
慣れてないことをしたほうが良いということで
新たに1ヶ所増やすことになりました。
どうもありがとう!
Posted by ミチル at 2015年04月15日 23:31
さぁ〜ちゃん、いま書き忘れがあったので
追記してきました。飼い主さまが落ち込まれないように願っています。

両親はわたしが思っていた以上に愛ちゃんを
迎えて嬉しいみたいです!父なんか
わたしが抱っこしてると自分も抱っこしたいから
うろうろしててとくに動物好きというわけでは
なかったけどやっぱり癒しの力があるのですね!
ねずみのおかげで愛ちゃんを迎えることが
できてほんとうによかったです。また
うちの猫どもと違ってお行儀がよくて
ちゃんとトイレでしておもらしなんか
しないんですよ!なので手がかからず
ごはんも何でも食べるしヽ(´▽`)/

さぁ〜ちゃんのご両親のころはまだ
介護制度もなく、本当に大変だったと思います。家族で見るのが当たり前、わたしの
お友達も結婚をあきらめお父さんを看取られた
方がいます。その頃に比べたら今は
お金は取られるけど公的機関が手助けして
くれるから本当に助かります。(それも
安倍政権になってからは今までやってもらえていたことが
変な理屈をつけてどんどんできなくされています)

わたしの年齢はちょうど親の介護が始まるくらいでお友達とあってもそんな話ばかりです。
でもわたしはなんだかんだ言ってもまだ
親が健在なのでそれだけでも感謝したいです。生きててくれるだけでありがたいです。

車の運転が急に高速が怖くなってしまったのが
いちばん困っています(-_-;)そのうち
元に戻るかなー。
Posted by ミチル at 2015年04月15日 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: