2015年02月13日

梅が開いた

朝起きて簡易ベッドをひっくり
返したら、ぐーくんがいた

002.JPG
笑・笑・笑 
目をあける素振りもなし!

青い空だね、東京じゃこうはいかない

012.JPG

やっぱりさびしい、2スワリは。
004.JPG
この間レスキューの友達からてんに
よく似たセッターをどうか、と言われた。
写真を見たら瞬時にてんちゃんの、
シルクのような手触りが手のひらに
蘇ってきて胸がどきどきした。

わたしの中では我が家に犬が2匹は
ありえないので増えてもいいと安易に
思ってしまう。いままで3頭だったし
大人だし。でもきちんと先を見て
ものを決めるこーっは絶対ダメ。
今でさえねこが24、あれ?23?
↑このように数さえ正確に思い
出せないほどいるのを、これから
ぜんぶ看取って行かなくてはならない
わけだし、自分たちの親だっていつ
どうなるかわからない日々に、新たに
犬を迎えてもその子を幸せにして
やれる保証も自信もない。。それでも
道で怪我をしたような犬がいたら
拾わざるを得ないわけだからあえて
自分からもらうことは、やっぱり
できないと思った。

銀花だって健康に留意してやれば
あと20年は生きる。わたしはあと
20年したら70後半だ(-_-;)

014.JPG

銀花の柵の北側、お隣と面してる
ところに梅の木がある。前のオーナーは
とても熱心に植物を育てていたから
毎年たわわになる梅をもいで梅干を
作っていたと思われるが、罰当たりな
わたしはほうっておくだけ。でも
花は毎年楽しみ。毎日銀花の柵から
咲いたかなと見ていた。先日の雪で
枝が下に曲がってしまった一本に
かわいい梅花が咲いていた。すぐ
裏に回って枝を起こしておいた。

017.JPG019.JPG
まだほんのいくつかしか開いて
いないけどこれからどんどん開く
かな♪春よ来い早く来い♪♪

今日は2週間ぶりでお絵かきだった。
先週は小学校でインフルエンザが蔓延
習い事は控えるようにとのことで、
先々週は雪。わたしは当地で、20年
東京の幼稚園でやって引退した
お絵描きを始めるにあたって自分も
気楽にやりたかったので、月謝や
入会金制度はやめて来た回数で
月謝をもらうようなシステムに
したのでこうした理由で休むのは
気が楽。これが月謝だったら
何があっても休めない。

お絵かきが始まるまで織りの続き。
あと三日月を織れば完成。あと少し。

夜は絵を仕上げた。天使に歌を習う
りり子とくろたんの絵。

024.JPG
いつか、声楽家の友だちが天国に
昇って行く時、この子たちはきっと
すばらしいアメイジンググレイスで
迎えてくれるだろう。

あと一枚天国の絵を頼まれているので
それを描いたら自分の気もすんで
待ってもらっている方舟の絵や
森の中の魔女の絵が描けるかなと
思う。
posted by ミチル at 23:37| 山梨 ☁| Comment(0) | お絵かき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: