2015年01月05日

てんちゃん獣医さんめぐり

今日もよく晴れた朝。今日から
平常通りの起床時間。
みんなまだ眠そうだね。

003.JPG

おはよう、あっちゃこっちゃ
しすたーず♪

009.JPG

銀花もおはよう。
019.JPG
時間がないから上ね。落ち葉
食べてる。

021.JPG

ひと月前くらいから散歩のとき
ぜんぜん引っ張らなくなった
てんちゃん。めちゃくちゃ引っ張って
わたしは何度も転びそうになったが
急におとなしくなった。さらに
年末くらいから食欲がない。
てんちゃんを知ってる人なら
え???あのてんちゃんが!?と
驚くほどのガツガツ・ガッツ娘
なのに。。。

こーっは寿命だよというがこんな
急に来るわけがないしてんちゃんは
めぐより2歳くらい上だからまだ
13歳くらいのはず。いつもの
調布の獣医さんへ。

029.JPG
年に一度しか来てないのに
入口の扉を見ると逆方向に
久しぶりにいつものチカラで
ひっぱる(^。^;)

血液検査の結果↓

035.JPG
ひどい貧血。白血球が増えすぎ。
こちらの先生でわかるのはここまで
元気がない原因は貧血とわかったが
じゃあ貧血の原因はなにかといえば
それ以上の検査は大学病院などに
行かないとわからないとのこと。

先生の見立てでは脾臓に腫瘍がある
可能性が大きい。脾臓の腫瘍は
わかった時すでに遅いから手術しても
半年くらいしか生きられないことが
多いと。。症状を緩和するための
鉄剤とステロイド剤をもらって
帰ってきた。

帰宅するとちっこに出ためぐが

031.JPG
こういうこともいまはやめて
欲しい。めぐ、やめろー!

FBに記事をあげたらすぐ友達が
電話をくれた。ボルゾイといえば
この人ありの友達が、大学病院なみに
検査ができる獣医さんを紹介して
くれた。都内ならてんも疲れてるし
とても行かれないと思ったが
なんとほとんど高尾。夕方だったが
高速に乗らなくても行かれそうなので
もう一度てんを乗せて行ってきた。

友達が連絡を入れてくれてそこで
できるほとんど全ての検査をしてもらい
エコー検査や何枚ものレントゲンで
わかったことは脾臓がとても大きく
なっている、おそらく腫瘍。骨盤の
中にあるリンパ節も腫れている。
腫瘍であることは間違いないが
生検に出して腫瘍の種類が分かって
から治療法を考えることになった。

血管リンパ腫というのだと転移
しているだろうから手術しても
完治は難しいが肥満細胞腫なら
抗がん剤などの投薬で治ることが
あるそうだ。また水曜日に行くことに
なったが悪い腫瘍でないことを今は
祈るばかり。

てんちゃんがあと4〜5才年を
とっていて今16とか17なら
最初の先生だけでそれ以上わたしは
何もしなかったと思う。でも1月前
までは12〜3才という年以上、わたしを
転ばせるくらいに引っ張りまくり、
藪の中にずんずん入ってワイルドな
散歩を楽しんでいたのだ。もしか
治せるのなら、我が家の経済事情が
許す限りのことはしてやりたい。
。。でも今日一日で5万円以上
使っちゃった(ーー;)来週ちゃんと
先生にそのへんもお話してこようと
思う。
posted by ミチル at 23:49| 山梨 ☀| Comment(4) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
てんちゃん、心配ですね。
悪い腫瘍じゃないことを祈ってます。
Posted by さゆり at 2015年01月06日 06:42
ぅわッ 大変だ〜 検査ってハートもお金も痛むもんね!
二人とも疲れたでしょ‥
何もできないけど‥ご回復 祈ってます。
Posted by クロの継母 at 2015年01月06日 10:20
さゆちゃん♪どっちにしても、
心配しながら諦める選択をやめて
ちょっと高かったけど詳しく調べられる
獣医さんに連れて行って、原因がわかり
生かす方向で治療を始めることになって
良かったです。
Posted by ミチル at 2015年01月06日 22:44
クロママちゃん♪猫たちはまだしもうちの
犬たちはほんとにいままで健康で治療が
必要な病気になったこはゆりしかいなかった
くらい。よりによって一番かっとび娘の
てんちゃんがこんなことになってしまって。。
でも超ビビリのめぐやよわっぴのいちごなら
それこそここまでの検査さえできなかったかも。てんちゃんは獣医さんで大人しいから
もう一度と本犬はもう終わったと思ってから
もう一回エコーとられたんだよ、その時の
てんの情けない顔ったら!(^。^;)
Posted by ミチル at 2015年01月06日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: