2014年12月05日

20121205削蹄と牧草運び

マイナス1度の朝はふろーずん
017.JPG

寒くてベランダを開け放てない
朝は室内ぼっこ部

002.JPG

さあ寒いけど元気にお散歩いこう
向かいの山からお日様が上がって
来たよ

013.JPG
犬たちは白内障の目薬をつけると
散歩なので目薬の容器を持つと
嬉しそう(笑)

銀花は植林地。山も草も茶色に
なった。

029.JPG

10時半、坂下さん到着。
前回の削蹄は8月。

http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/403095173.html
あら〜!この頃ぐーくんだいぶ
なついていたけどまだお外で野良、
今みたいに部屋に入れるのは夢の
ようだったんだな〜o(^▽^)o

ところでグーくん、今日体重測定を
したら6.8キロだった。上から
見るとあざらしのようだ

006.JPG

いつものようにさっさと始まる。
すごくよく切れる先が丸まった
ナイフみたいなのと大きなクイキリ
ヤスリ、これだけで30分くらいで
見事にきれいにして下さる。銀花は
ヒヅメの隙間にどうしても小石が
入って気をつけているのだけど
そこから割れが入ってしまう。
何箇所かある割れのところも大きく
削っていただいた。これでしばらく
安心♪

038.JPG
削蹄中、思わず寝落ちしそう
040.JPG
(^。^;)
次は来年の春かな。かなり短く
してもらったのでしばらく
乗ロバは見合わせ。おそらく
最初の数日は歩くのもおっかな
びっくり小幅歩きになるだろう。

削蹄のあとは昨日買ってきて雨で
おろせなかった牧草運びが待っている。
やっとこ入れたところ。銀花にも
手伝わせたい

057.JPG
奥の大きなかたまりがひとつ50kg
以上のバミューダ乾草、今回のは
状態がよくてばらけないので
車の下に青いシートを敷いてそこに
落としてシートごと持ち上げて
やっとの思いでここに乗せた。
こーっ、曰く、「俺、いくつまで
こんなことしなくちゃいけないの?」
た、たしかに(-_-;)この他にも
ヘイキューブと圧ぺん麦も。

この作業をすると腕も腰もへろへろ
になって手がプルプルするから
機織りができない(笑)銀花はこの先
20年は生きるだろうから80近く
なったわたしは相当なマッスル
ばーちゃんになっているだろうな



posted by ミチル at 23:23| 山梨 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: