2014年10月05日

友だちのガラス展

今日は暑い。でもあけびがこんなに
色づいてきれいになって落ちている。

003.JPG

犬たちは父ちゃんが済ませてくれた。
出かける予定はいつも遅くなって
お昼前に出ようと言っていたのに
お昼すぎ。都内なのでいつものように
三鷹台の安い駐車場に車をとめて、、
今日はお祭りで住宅街でいつも
ガラガラの駐車場が満車。ナビで
探したらもっと駅のそばにあった。
しかも安い。吉祥寺に出て東西線で
神楽坂へgo。

ガラス好きなノノコがめずらしく
一緒に行くと。家族で出かける。
神楽坂なんて生まれて初めて。

018.JPG
閑静な住宅街の中にしゃれた
ギャラリーが。
ギャラリー楽水

http://rakusui.info/

高校時代の友だちジュンコの作品は
昔っからユニークで発想がちょっと
違っておもしろい。

008.JPG
ガラスのちろりだそう。ちろりと
いうのを知らなかった。調べたら
お酒を熱燗する道具らしい。それを
ガラスで作るところがジュンコだ
ヽ(*´∀`)ノ

以前見に行った時の作品はガラスで
作った硯だった。これもとても
好きだった。

http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/129440148.html

美しい色彩のお皿はカラフルな
ガラスがよく見ると矢羽根模様に
なっている。

012.JPG
何度説明してもらっても
わからないのだけどこのお皿も
5つの工程を経てできているそう。
ガラスはきれいだな、素敵だなと
ジュンコの作品を見ると改めて
思う。ガラスも奥が深いな。

シーソーをしたら絶対わたしが
上に上がることがないふたり↓

017.JPG
(笑)
わたしはジュンコの作品が好きだ。
これからもずっとおばあさんに
なっても作り続けて欲しい。

帰りは吉祥寺のユザワヤにノノコが
行くというので付き合ってもちろん
グラニーに寄って帰ってきた。

022.JPG
9時頃帰宅。心配された害獣被害も
なく、部屋の中は汚れてなくて
ホッ(笑)

今日は先日織った声楽家の友達も
コンサート。なんとあのショールを
羽織ってステージにたってくれた
そうだ。なんだか友達の活躍に触れて
いっぱいパワーをもらった一日だった。
わたしも自分の仕事をがんばろうっと!
posted by ミチル at 00:03| 山梨 ☁| Comment(4) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジュンコさんの展覧会だったのですね〜!
私も一度、機会があれば是非拝見したいです!

自分の作品が、誰かの活力になるなんて素敵♪
ミチルさんの作品も、声楽家さんと一緒に脚光を浴びたのですね〜。(*^_^*)
Posted by さゆり at 2014年10月05日 06:28
ガラスの作品、素敵ですよね。ちろり、お酒を熱燗するものということは、耐熱ガラスなのですか。以前の作品展、開いてみました。あの頃はちゃっぴもいたんですね。懐かしい。
あのショール、いい感じだったから、コンサートのお客さんの視線が集まったのではないかしら。
Posted by けいこ at 2014年10月05日 21:29
さゆちゃん♪そうで〜す!かつてわたしもジュンコも
かわいいジョシコーセーだったころから
はや40年ですわ(^。^;)

でもこうしてまた再会できて作品も見れて
おしゃべりできるなんてあの頃想像も
つかなかった。ほんとうに光陰矢の如しだね。

みんな子育ても終わり早い人は孫?自分の親の介護も始まる人、真っ最中の人、もう終わった人、
様々だけど自分の道でがんばってる友だちの
ことを知るとほんとうに元気をもらえます!
Posted by ミチル at 2014年10月05日 23:33
けいこちゃん♪とっても素敵でしたよ!
ほかの方も、ここの教室のかたはみなさん
それぞれとっても自由に作ってらして
よくあるような先生の方向性にみんなが
同じ方向というのではないので見てても
楽しいです。
ちろりはほんとうはもっと注ぎ口が
長かったのだけどガラスが入りきらなくて
途中で切って整えたそうです。
かなりガラスが厚みがあるので使えると
思うけどジュンコは口が短くなって
しまったので花でもいけようかなと
言ってました。ガラスも素敵だよね
わたしはとんぼ玉全然できなくて
限界を感じています、どこか習いに
行きたいなぁ。。

わたしも日記を探してたらちゃっぴがいて懐かしくなりました。
今頃ゆりとさたろと遊んでるね!

ショールも友達がステージに立ってくれた
そうで、同じ日にコンサートだったので
埼玉在住のともだちはそちらに行って
写真を送ってきてくれました。
作る側としたら気に入ってもらえたら
こんなに嬉しいことはないよね!!

Posted by ミチル at 2014年10月05日 23:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: