2014年07月20日

天の野原

明け方寒くて目が覚める。寝る時
窓を全部閉めて布団出すの面倒
だからタオルケット一枚で寝た。
今日も涼しい。そうだたくさん
着込んで寝たらいいんだ(^^;

朝の散歩も涼しくて助かるね
少なくとも水を背負って行かずに
済む。

IMG_2378.JPG

山ぶどう小さな粒のまま、また
実らずに冬になってしまうのかと
思っていたらいくつか大きく育って
いた。ちゃんと熟したら絶対一粒
食べてみる。

IMG_2375.JPG

銀花はまだびっこを引いている。
あと3〜4日はお散歩無理かな。
でも行きたそうで外に出る扉の
ところにいつものように立って
無口をつけてもらうのを待っている。
早く良くなってまた行こうね。

IMG_2401.JPG

今日は午前中から工房。グーくんが
ずっと工房で寝ていた。こんなに
くつろいで。でもちょっとでも
物音がすると顔をあげて警戒する。

IMG_2391.JPG

何とか織りを仕上げようと思ったが
夕方タイムアップまで織ってあと
少しだけど仕上がらなかった。
夜は絵を仕上げた。待っててくれる
人がいるって嬉しいことだ。
天の野原。前回の絵と同じテーマ
だったので今回は動物を少し大きく
描いて夜空に浮かぶ星座のように
してみた。わたしが自分でこういう
絵を描くかと言えば描かないと思う。
頼まれたから描くことができた。

IMG_2416.JPGIMG_2442.JPG

ほんとはもっとくらいのだけど
iPhoneのカメラが勝手に明るく
写してしまう。

IMG_2436.JPG
次も同じ方の依頼で仲良しの
動物たちを描く予定。やっと
ローガンに優しい大きな絵が
描ける(笑)

posted by ミチル at 23:41| 山梨 ☁| Comment(4) | お絵かき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近の家電は賢いと言うか・・・おせっかいと言うか・・・・最近買い換えたガスコンロが勝手に火加減を調節してくれるので困ってます。(^_^;)
開けっぱの冷蔵庫には怒られるしねー。(笑)
Posted by さゆり at 2014年07月21日 08:51
山ブドウって、あのきれいな紫色になるのですか。種ばかりのようだけど食べれるのね。
グ−ちゃん、くつろいでますね。小さな音にびくつくのは中々無くならないと思う。ルフィもそうだから。
天の原の天使や動物たち、色も美しいし、素敵な絵ですね。この絵のように亡くなった動物たちが、幸せに暮らせる国があるといいな。

Posted by けいこ at 2014年07月21日 21:49
さゆりん♪ほんとうにそうです、パソコンだって
めちゃくちゃ賢い割にはすっごい馬鹿だし(笑)
メーカーの開発した人たちが気をきかせて
そういう機能をつけるのだろうけどせめて
選べるようにして欲しいよね。友だちも
オール電化にして生活がすごく不便になったと
言っていました。

なんでも当たり前に便利で親切の押し売りのような
電化製品が当たり前になってきたけど
これでいいのかなという気もしますね。
Posted by ミチル at 2014年07月21日 23:35
けいこちゃん♪あの空色とか紫の見事にきれいな色になるブドウは
ノブドウで賢治のお話の中でメクラブドウと
いう名前で呼ばれているよね。それは食べられないそうで
http://wakichi.com/recipe/medicalherb/nobudou/

これはヤマブドウだと思います。
http://www.sanyasou-sodateru.com/hanazukan/hanazukan.htm

食べれるらしいけど酸っぱいと聞いたことがある。でも熟したら絶対食べてみたい!

グーくん、今日も一日庭にいてくれました!
でもやっぱり野良だからいつもの同じ場所なら
なつっこいんだけど違う場所だとふいて
逃げて行きます、今日は銀花の牧草の
したで寝てたよ!手を出したら怒られた。
今日も猟の軽トラが上がっていって
野良だからそんなことはないとは思うけど
猟犬に何かされたら心配。できたらグーくんも
部屋に入れてやりたい(ーー;)でも無理だと思う。。。

ルフィちゃんも何かトラウマがあるのかな。
うちもいちごは音がダメなのってトンネルに
捨てられてたからかなと思います。てんちゃんが
ものすごいがっついてるのも飢えてしまったからだと思う。かわいそうだよね。。

絵はアニマルライツの方たちからの依頼で
自分だったらこういう絵は描かないと思う。
絵の中にあんまり大それた意思とか意図とか
組み込まれるとわたしはいたって気楽にしか描いてないからいいのかしらと思ってしまいます(^。^;)

Posted by ミチル at 2014年07月21日 23:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: