2014年07月10日

お願いがあります。

三重県で41頭の多頭飼育崩壊が
ありました。レスキューに入った
団体が犬たち全員を引き上げて
くださいました。いま犬たちは
一時預かりさん、仮親さんの
もとで、人との暮らしを学んで
います。

わたしの数人の友だちが犬たちの
ために闘っています。以下友だちの
フェイスブックの記事ですが
一人でも多くの方の目にとまって
欲しいのでブログにもアップします。

↓↓↓
拡散希望パピーミルを根絶するために
情報提供のお願い


ボルゾイと暮らしている私にとっては、
今回の三重県松坂の多頭飼育事件は
あまりにもショックで、いゃ
ボルゾイだけでなく、犬を愛している
人なら皆さん憤りを感じたと思います。

元飼い主は汚物小屋と言っても過言では
ない劣悪な環境下で、長きにわたり
繁殖を繰り返して来ました。7年前からは
動物取扱業者の資格も取り消されて
いるとのこと。

地獄の中でどうにか生き延びていた
犬たちは6/27に保護団体などによって
警察・行政立ち会いの元、全頭地獄から
救いだされました。(避妊去勢などが
済んだ子から順次里親募集をかけて
行くとのこと)
なお、元飼い主は全頭保護団体に
譲渡するとの内容の書面にも署名も
しているそうです。

元飼い主の○○氏は、きちんとその
犬種を勉強したブリーダーとは違い、
ただお金だけが目的の繁殖屋です。
犬たちは子犬を生産するだけのために
生かされていたのです。

つきましては
わ○わ○愛ランドというサイト、
あるいは「愛犬の友」という雑誌を見て、
三重県松坂市…○○氏からボルゾイ、
イタグレ、ウィペット、紀州犬を
購入した方
は、下記、動物保護団体に
情報提供をして下さい。
10511156_591266737661609_8319384718222767263_n.jpg
10502172_591266754328274_3670987025866094047_n.jpg
ご協力よろしく宜しくお願いします。

ペット里親会

http://www.petsatooyakai.com/
w.n.pワンニャンプロジェクト
http://www4.hp-ez.com/hp/wnp/top
ley-line
http://ley-iine.info/

画像は
大丸1️雑誌「『愛犬の友』の愛犬案内」で
掲載されていたもの。
注)「愛犬の友」の発行元、誠文堂
新光社様には責任がありません。
大丸1️レスキューされる前の犬たち
(写真4枚)

10456052_591266787661604_3961968968024977927_n.jpg10509770_591266777661605_6788951446554254906_n.jpg
posted by ミチル at 23:05| 山梨 ☔| Comment(0) | おねがい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: