2014年04月01日

ボブ・ディラン ゼップダイバシティ

昨日は午後から都内。4年ぶりに
お台場へ。新橋に車をとめて
そこからゆりかもめでgo。
もう桜が満開、うちの方はまだ
かたい蕾だからびっくり。
記念に写してと言ったらうちの
夫はこういう写真を写すんです

IMG_5055.JPG
(笑)

4年前の同じころは車できた。
都内にメチャ詳しいうにちゃんが
いっしょだったから。今回は
ちょっと場所が違って同じ
ゼップトウキョウでもダイバシティと
いうところで最初迷って時間も
早かったけど誰もいないしおかしいと
気がついて歩いて10分くらい、
ああ、見たことがある、大きな
ガンダムはここにあるんだ〜。

IMG_5056.JPG

人が集まり始めている。良かった
間違いない。

IMG_5068.JPG
日がくれてだんだん寒くなって
きた。でもわたしたちは番号が
600番代後半だからまだ
呼ばれない。やっと呼ばれて
中に入った。

IMG_5073.JPGIMG_5060.JPG
そう、ボブ・ディランの
コンサートにきた。

4年前の記事↓

http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/144953878.html
まさかまた来るとは思わなかった。
このところいろんな大物が目白押し
だったけどポールもストーンズも
クラプトンも余裕があれば聞きたい
けど、ディランは何がなくても
聞きたい。じいさんでもいいんだ。
ゲロゲロ声でもいいんだ。


セットリスト(3月31日)
1.Things Have Changed シングス・ハヴ・チェンジド
(『Wonder Boys"(OST)』2001/『DYLAN(2007)』他)
2.She Belongs to Me シー・ビロングズ・トゥ・ミー
(『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム/Bringing It All Back Home』1965)
3.Beyond Here Lies Nothin' ビヨンド・ヒア・ライズ・ナッシング
(『トゥゲザー・スルー・ライフ/Together Through Life』2009)
4.What Good Am I? ホワット・グッド・...アム・アイ?
(『オー・マーシー/Oh Mercy』1989)
5.Blind Willie McTell ブラインド・ウィリー・マクテル
(『ブートレッグ・シリーズ第1〜3集/The Bootleg Series Volumes 1–3』)
6.Duquesne Whistle デューケイン・ホイッスル
(『テンペスト/Tempest』2012)
7.Pay in Blood ペイ・イン・ブラッド
(『テンペスト/Tempest』2012)
8.Tangled Up in Blue ブルーにこんがらがって
(『血の轍/Blood on the Tracks』1975)
9.Love Sick ラヴ・シック
(『タイム・アウト・オブ・マインド/Time Out of Mind』1997)

休憩(約15分)

10.High Water (For Charley Patton) ハイ・ウォーター(フォー・チャーリー・パットン)
(『ラヴ・アンド・セフト/Love and Theft』2001)
11.Simple Twist of Fate 運命のひとひねり
(『血の轍/Blood on the Tracks』1975)
12.Early Roman Kings アーリー・ローマン・キングズ
(『テンペスト/Tempest』2012)
13.Forgetful Heart フォゲットフル・ハート
(『トゥゲザー・スルー・ライフ/Together Through Life』2009)
14.Spirit on the Water スピリット・オン・ザ・ウォーター
(『モダン・タイムス/Modern Times』2006)
15.Scarlet Town スカーレット・タウン
(『テンペスト/Tempest』2012)
16.Soon after Midnight スーン・アフター・ミッドナイト
(『テンペスト/Tempest』2012)
17.Long and Wasted Years ロング・アンド・ウェイステッド・イヤーズ
(『テンペスト/Tempest』2012)

Encore:

18.All Along the Watchtower 見張塔からずっと
(『ジョン・ウェズリー・ハーディング/John Wesley Harding』1967年)
19.Blowin in the wind/風に吹かれて
(『フリーホイーリン・ボブ・ディラン/The Freewheelin' Bob Dylan』1963)

菅野ヘッケルさんよりお借りしました。
菅野さんのレポートはこちら↓
http://ameblo.jp/high-hopes/entry-11810068713.html

唐突と始まりしゃべりもメンバー
紹介もなくどんどん進んでいく。
途中一度休憩がはいりそのとき
ディランが早口で何かしゃべった。
英語がわかればいいなぁと思ったら
「サンキュー・フレンド。これから
休憩をとる。15分で戻ってくるから
帰らないでくれ」と言ってたそうだ
(菅野さんのレポートより)

後半ディランは声が若々しく
なったように感じた。声の調子が
良くなったのか。でもゲロゲロ
声でもディランしか歌えない。
わたしの中でディランは歌を歌う
アーティストというよりも表現者と
して捉えてしまう。うちから溢れる
ものがディランなのだ。他の人を
あまり聞かないから知らないけど
やっぱりディランはオンリーワン
だと思う。どの曲もすごくアレンジ
していてすぐにはわからない。
アンコール1曲目はハリケーンだと
思ったら見張り塔、、だった。

アンコール2曲のあと、ステージで
挨拶。バックのバンドがまた
職人みたいでいいんだこれが。
黙々と楽器を弾く。昔のバンドも
そうだった。メンバー紹介もない。
ステージに並んだ時あちこちから
手が上がりみんなスマホ撮影。
わたしも写してしまった。

IMG_5078.JPGIMG_5074.JPG
また来るかな、きたらまた
絶対聴きに行きたい。でも
ゼップトウキョウはもういやだ。
立見だし背が高い男の人はいいけど
女の人はほとんど人のアタマの隙間
からしか見えない。この前の時割と
ステージに近かったがスピーカー
前だったので今回下がって真ん中
へんで聞いたのだがこれが失敗。
前に人が多すぎて、ステージも
遠すぎてずっと背伸びしてなければ
全く見えなかった。

終わって9時過ぎ、外はすっかり
寒くなっていた。さぁ帰ろう。

IMG_5083.JPG

予定通り12時すぎ帰宅。
買ってきたあれこれ。ローリング
サンダーのシャツはこーっが
買ったもの。この頃のディランが
わたしは一番好き。

IMG_5087.JPG

お金と時間のある人は全部の
公演に行くみたい。毎回セット
リストが違うから。いいなぁ〜。
でも思い切って行ってきて
良かった。行かなかったら公演中
やきもきして何も手につかなく
なっていただろうから。

posted by ミチル at 23:47| 山梨 | Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しそうですね!
たまには非日常もないとね!(^_-)-☆
リフレッシュして、また日常を頑張りましょう♪
Posted by さゆり at 2014年04月02日 06:52
さゆちゃん♪なんかもう年々さらにデブショーに
なってきてそんな遠い場所じゃなくても
よっこらしょぉぉぉぉって気合いれないと
でかけられないんだけどディランだけは
行かなくちゃなりません!!(笑)

ほんとほんと!非日常の大切さを痛感してしまいます。
毎日家にいて何も文句はないけどたまに
外の空気を吸うことも大切だよね。あれ?
これ父にいつも言ってることだ!?(爆笑)
Posted by ミチル at 2014年04月02日 23:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: