2013年10月10日

ダイの爪切り

今日はノノコが早出で犬たちの散歩も
30分前倒し。そうすると車が
少ない。空には雲がひとつ、青空が
広がっている。今日もアツイネー

020.JPG

緑のカーテンの前で。真夏の光と
明らかに違う。ここもあと少ししたら
すかすかになって里が見えるように
なる。

008.JPG

今日も中身の入ってるアケビだけ
拾って帰った。おみや〜♪

029.JPG

どんぐりも食べたし
031.JPG
わたしの顔をなめて塩分補給も
ばっちしだ

033.JPG
(笑)

ダイの爪が巻いてきてしまったので
爪切り。もう毎回ダイは殺されそうに
鳴き声をはりあげて大騒ぎ。
固く握った足の指、とても鳥の
力とは思えないほどぎゅうぅぅぅっと
握っている(^。^;)

050.JPG
親指の爪にあたるところが特に
伸びて巻いてきてしまっていたので
止血剤を綿棒につけて用意したが
幸い流血はなし。もっとこまめに
切ってやらなくちゃと思いつつ。。

今日はノノコが高校で競歩大会で
早帰り。迎えに行って戻ると
陶芸に燃えているKENTA90が近作を
携えてサトコちゃんと来ていた。
KENTA90近作の数々(白化粧
引っかき絵はこーっ)

060.JPG
ああでもない、こうでもない、と
やってる時間が楽しいのだと思う。
焼き物は土と釉薬、温度、還元か
焼成か、色々、様々な要因で同じ
色が出たりでなかったり、作為、無作為
あらゆる方向で作用する芸術だと思う。
その熱心さでいつかサトコちゃんと
2人展をする日も遠くない!?
期待してま〜すヽ(*´∀`)ノ

おふたりは数少ない「母屋で普通に
お茶を飲んだり会話ができる人」
困った我が家、ではある(爆笑)

061.JPG
↑いちごのモーレツ!!顔舐め攻撃を
受けるサトコ、このあとの受け流しが
実に見事だった。となりの空いてる
椅子をいちごに差し出す、これは
いちごが椅子を見るとどうしても
上がって座らずにはいられない
性質を見抜いての対応、決してうちに
くる誰もができることではない。
(・・・爆笑!!)

おまけの一枚
小管を巻くのにわたしが使っている
2000円くらいの電動ドリル。
これは固定してないので片手は
ドリルを持ってスイッチの部分を
押していなくてはならないから
中空では疲れるが椅子に座布団を
しいた上に横に寝かせてスイッチだけ
押して巻くこともできる。ただ
このドリルが安いからだと思うが
速度が思いのほか遅い。こーっが
仕事で使うようなインパクトなら
3倍くらいの速さで巻けると思う。

066.JPG
先端部分はホムセンで細い鉄製の
棒を買ってきたのをグラインダーで
先端を細くした。小管はわたしは
ストローなので鉄棒の先はかなり
細めにしてもらったのだが落として
ぐにゃりと曲がってしまった。
こーっに言ったら怒られるから
黙ってる(^。^;)でも使えるから
大丈夫だも〜ん♪
posted by ミチル at 22:20| 山梨 ☁| Comment(2) | カラスのダイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鳥さんの爪きりって、大変そうだ〜!
銀花のも大変そうだな〜っていつも思います。
爪自体、大切なパーツだけど、問題が生じる確率高し。
ちょっとしたギザギザが糸にひっかかるし・・・。
娘は今、足の巻爪が化膿して整形外科へ通っています。

素敵な陶器の数々ですね〜!
KENTA90さんって、ピザを焼くのも得意な方ですよね?
Posted by さゆり at 2013年10月10日 23:02
さゆりん♪わたしもまさか、カラスの爪切りをする人生になるとは思ってもいませんでした(笑)
本来空を飛んでびゅうぅぅって降りてきて
木の枝とかにバシっととまれば自然に
削れるのだろうね。

銀花の場合は自分たちではできないから
お財布は痛いけどプロにお願いするのだから絶対的に
信頼できます。

わたしは自分の爪はけっこう深爪で
白い部分がちょっとでも伸びるともう
切りたくなる。なのでこれからの季節は
やはり感想で爪が浮いて爪と皮膚の間が
切れて痛くなる。それでも白いところが
出てくるとやっぱり切らずにいられない(笑)

巻き爪大変みたいね、こまめに切ると
いいって前にテレビでやってたよ。
治療も痛そうだった。足、まして学生なら
体育の授業とかあるし早くよくなるといいね。
かわいそうに。。。

けんちゃんは、ピザを載せるための大皿が
欲しくてレンガの購入、窯の設計から
はじめて陶芸窯を作って陶芸に没頭してる
相変わらず熱いオトコです!!

大皿見事に焼けてましたよ!ピザが乗ると
さぞや映えると思います!!ヽ(*´∀`)ノ
Posted by ミチル at 2013年10月10日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: