2007年03月30日

子供たち 今昔

070330_1444~0001-0001.jpg070330_1518~0001-0001.jpg3月最後の金曜日。午後からお絵かきで今日で3週目の絵本の続きをやった。子供たちに自由に描いていいよと言って嬉々乱舞したのは遠い昔の子供たち、描く対象や描き方を指定してやらないとなかなか描き出せないのが私の知る限りこの20年以上前からの子供たち。自由な絵が描けないのと反比例して技術は、3〜4年生が描くような絵を年長くらいの子供たちが描く。で、つまらない絵だ。幼い絵が良いとか技術的な絵が悪いとかでなく、楽しく描けているか、良くも悪くもその時々のその子の状態が描けているかがせめて3年生ぐらいまでは重視してやっても良いと私は思っている。年齢が上がれば見たまんま描きたい欲が出て来る。技術的なことはその時教えてやれば無理なく吸収する。子供たちの邪魔をするのも私のお仕事(笑)現代美術や抽象画を見せる、時々筆を使わせない、左手で描かせてわざと不自由なことで縛ってみる。描いてる画面を見ないでクロッキーをさせる。子供たちを見ているといつも思う、「もっとゆっくり大人になりなよ!」
posted by ミチル at 19:49| ☁| Comment(14) | お絵かき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにこの20年くらいの子供たちって指示されないとなあんにもしないって子が凄く多いよね。こんにちはも言えない子がいるかと思ったら親もそうだった。こちらからこんにちはって言っても目をそらして無視・・・なんだ?
「どんな曲が好き?」って聞いても「べつに〜」なんて言われちゃう。間借りなりにも音楽勉強してる子達だよ。
あんたたち何が楽しくて生きてるの?なんて聞きたくなる
Posted by あずき at 2007年03月30日 20:53
小学校の先生は絵の描き方をいろいろうるさくてなんだか窮屈だったのを覚えてます。それに比べてお絵かきのときはのびのびできていいなって子供ながら感じていました。そこにはこんな哲学があったんですね!!

家の子猫も変です。おととい100きんで猫じゃらしかってきたら犬みたいにくわえてうなるんです。しまいには自分のお気に入りの場所に持っていて大事にしてます。
ながいこと動物と暮らしてると変り種もいますねぇー
Posted by けんいち at 2007年03月30日 21:33
アズキ〜ヌ♪同じ憤りを感じている同志よ!なんちって(笑)年齢以上の、どんなすんばらすぃことができたとしても自発的でなければ意味はありませぬ!しかしこんな考えしてる親は皆無でみんなえっちらおっちらだね、私がトシヨリだからかなと思うが(笑)親もスゴいのがいるいる!…あ、私の方がもっとスゴい?(爆)ピアノやってる子供たちだって私の周りはどこからか楽しかったことを忘れて課題曲こなすのに精一杯聞けばお母さんがやらせている。私「じゃあお母さんが習えばいいのにねぇ」…で、私最近また始めたよ!楽しいですぅ!!
Posted by ミチル at 2007年03月30日 22:52
けんちゃん♪いえ、あの当時はまだまだ試行錯誤で何にも考えてませんでした、ただのぐうたらだっただけですキッパリ(笑)現在も実はぐうたらに屁理屈つけただけが実は正解(爆)そちらのにゃんわんはハッキリ言ってかなりユニークだとおもふ…ほれ、飼い主一家も…先は言いますまい!(爆)うちの猫さっき風呂場侵入してノノコの脱ぎたておパンツくわえて走って逃げました(爆)
Posted by ミチル at 2007年03月30日 23:58
なんだろうねえ、私も自由画といわれると何描くんだか止まっちゃう人間だな(爆)大人がせかせかしすぎて、子どもが子どもであることを許してない世の中なのかなあ…
イチ保育士としても、子どもに自由に楽しく描けるよう肝に銘じてこお(>_<)
みんなの絵本わたしも読みたかったなあ〜♪また描きたくなってきたあ〜!
Posted by とこ at 2007年03月31日 00:15
とこちゃん♪自由画が嬉しいのってせいぜい2〜3生くらいまでで早い子は年長くらいから描けなくなってくる。私はなるべく長い期間自由画が描ければいいなと思うんだ♪どうも大人が子供を「大人を小さくした生き物」と見がちだよね、空想や想像より正解を望む。子供が私たち大人とは違う思考回路を持ってることを忘れちゃいかんね。絵本またつくりなよ!荷物送る時子供たちが使ったあまり入れてあげるね!
Posted by ミチル at 2007年03月31日 00:48
ただいま〜。
「もっとゆっくり大人になりなよ!」か〜。ここに大人になりきれないずる賢いままの山猿がおりますが。(^_^;)
大人って何だろ?新社会人で会社に入った時、枡に無理やり詰め込まれるぷよぷよゼリーみたいな自分を想像して息が詰まりそうだった・・・。
で、1年で退社してフリーターしてお金貯めてニュージーへ行って、今に至ります。
夢ばかり追いかけて家庭をかえりみない主婦が出来上がって、周りは迷惑顔。(^_^;)
Posted by さゆり at 2007年03月31日 07:33
さゆりん♪おかえりー(^-^)/のんびりして来れたかな!いやでもみんな大人になるんだもん、人生80年な昨今だし(笑)さゆりんが山猿なら私は野生のいのししだね!毛深いし(爆)集団に自分を当てはめることも大事なんだろうし生きてくには不可欠だけどそればっかりじゃないはず。いろんな自分がいて良いんだよね!私も周囲からは迷惑モノ→陸の孤島で暮らす(爆)
Posted by ミチル at 2007年03月31日 15:12
ありがとう〜♪たのしみにしてます☆絵本、ちょろっとは思い浮かぶけど、ひとつのストーリーをかんがえるとなるとむずかしいf(^_^;)

ほんとに子どもは小さな大人じゃないんだよね。「ふたりのロッテ」っていう話のなかに、『子どもは子どもの天国から早く追い出されるようなことがあっちゃいけない』っていうことが書かれてて、そうだよなあと思った。大人(イチオウ)でいることに慣れてきちゃうと大人目線でばっかものを見てしまいがちだから、児童文学読むと子どもの目線になれるから楽しい♪

Posted by とこ at 2007年04月01日 13:28
とこちゃん♪荷物なかなか送れなくてごみんね、私担当、鋳造はもうとっくにできてラッピングまでしてあると言うのに!すまんです。2人のロッテ私は読んでないなぁ今度ノノコに図書の日に借りて来させよう(笑)
Posted by ミチル at 2007年04月01日 17:34
絵本楽しそう〜 ミチル先生となら楽しいお絵描きが出来るね♪
小学校の夏休みの宿題って、一心同体超熱心親子の作品が
表彰されたりするのよ。どう見ても親だろ!ってのが(笑)
小綺麗で大人受けするものを作ろうとする、ちょっと賢い子供は好かん。そういう子の親・・大嫌い
こうして親達のお茶飲みに行かず、子供ばかりと仲良しになった・・
今でも、おばちゃ〜んっておっさんなのに声をかけてくれて嬉しいの。
Posted by 黒糖 at 2007年04月01日 17:51
黒糖ちゃん♪教室はいつもぐちゃぐちゃだよ!私はたくさんの素材だけたっぷり用意しておくだけで後はみんなが好きにやってるよ♪いいのかこれで月謝もらって(笑)大人がそうやって子供を窮屈にしてるんだよね。おいおい?どう見ても大人の手が入ってるじゃん!がどんどん基準を狂わせてる。私も子供はかまわないけど親がかりは大嫌い。当地ではそれが悩みのタネだよ!子供は大きくなっても自分を理解してくれた人は忘れないんだね!
Posted by ミチル at 2007年04月01日 20:38
いえいえいつも手間かけちゃって頭のさがる思いです(>_<)いつでもいいので待ってまあす♪

保育園でも思えば頭ばっかりいい子がおおいかも…うまいへたより楽しめる、胸が熱くなるような経験を子ども時代にいっぱいできたらいいなと思います…。

黒糖さんにポストカードブック送ってくれてありがとう♪感動的なコメントをいただき、目がしらあつくなりました(*^o^*)いつもほんとうにありがとう♪♪
Posted by とこ at 2007年04月02日 19:56
とこちゃん♪恩を売っておいて老後をお願いすしよう!なんてこれっぽっちも考えてませんから、ほんと、これっぽっちも!(爆)
Posted by ミチル at 2007年04月02日 21:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: