2013年06月29日

久しぶりに都内

寝坊して出遅れる。犬たち、ごめん。
こんなことは初めて、ハイカーが
上がってきたのでどうしようか
迷ったが犬たちを待たせて先に行って
もらい、かなり離れたところで(めぐが
おいかけて行って吠えない距離^_^;)
後ろからいつもどおりのコース。
前の方に小さくハイカーが見える。

001.JPG
これ以上近いと絶対めぐは走って
行って吠える。

曇り空、晴れそうにないが雨も
降りそうにない。

011.JPG

道にいたミヤマクワガタVSめぐ
007.JPG
あとずさりしてめぐの負け(笑)

銀花おはよう、塩が嫌いでなめない
銀花、ずっとやってなかったが
この頃しょっちゅう乗って大汗を
かくので少しやることにした。
だからもうなめないで〜!!

016.JPG
(笑)
ところが鞍を乗せたらまたあの顔!
道に降りてからちっこのポーズも
出たので鞍をはずして短いコース、
下に連れて行った。

子チビ達も朝からうにゃり食い。
やっぱりりーたんの方が人には
なつっこくこの頃は目があった
だけでごろごろ言うがはーちゃんは
まだ一度もごろごろ言わない。
りーたんがわたしの手にじゃれていると
はーちゃんは後ろからわたしの手に
じゃれているりーたんにじゃれている。
058.JPG
ところが、、、
今日とてもショッキングな話を、
ガードマンのお兄さんたちに聞いた。
数日前、、、カーブのところで子猫が
死んでいたそうだ。もう一匹いたんだ!
ひとり残されてどんなに寂しく不安な
中、死んで行ったのか考えると胸が
張り裂けそう。かわいそうなことを
してしまった(;_;)(;_;)ごめんね(;_;)

午前中ぐずぐずしてたらこーっが
また唐突と、さあ行くぞ、と言う。
はい??と思ったらお友達の陶芸家の
高橋協子ちゃんのグループ展に行くと。
なんでいつも急に言うんだろ??
まぁ良いけど。車で銀座まで出て
そこから地下鉄で上野、根津にある
画廊に行った。前回は国立の画廊で
お邪魔したが

http://akiyamakoubou.seesaa.net/article/299967619.html
今回は根津なので遠いからどうかなと
思ったらこーっは昔友達が根津にいて
あの界隈はとても詳しかった。

ギャラリーTEN

http://galleryten.org/ten/?p=6997
明日までですが。。
052.JPG

協子ちゃんの作品。葉っぱの使い方が
わたし的にど真ん中、とっても
気持ちがわかる。

072.JPG
素敵な作品に出会えて嬉しい。

帰宅して8時、都会に出ると
ほんとうに歩く。田舎だと車ばっかり
都会の人はきっと足が丈夫だろうな。
posted by ミチル at 23:26| 山梨 ☀| Comment(6) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日のわんずは良いお顔♪

高橋さんって、ミチルさんがプレゼントしてくださった作家さんですよね。
心あったまる優しい作品を創られる方ですね♪

子猫さん、残念でした。
めぐが見つける前にはぐれてたのかな?(T_T)
Posted by さゆり at 2013年06月30日 00:20
さゆりん♪これだって6枚撮った中から
選んだ一枚です!(笑)
うちの犬たちってほんと、お里が知れるよね!(^。^;)

そうです、その高橋協子ちゃんです!
さゆりんが喜んでくれた話をしたら
とっても喜んでました!やっぱり
作家さんは使ってもらって気に入って
もらえるのが何より嬉しいよね!

子猫、、、何度も思い出してかわいそうで
切なくて胸が痛いです、いっしょにいた
ふたりがいなくなって当然母親もいなくて
どんなに不安だったか想像すると
ほんとうにかわいそうなことをして
しまいました(;_;)(;_;)
きっと草の影に息を潜めていたのだと
思う。わたしの背丈くらい下草が生い茂ってるから
犬から隠れようと思えば隠れることが
できたのだと思う。数日通って
耳をすましてめぐを派遣して確かめた
つもりだったけど、雨でお散歩行かれない
時があったのでそのときだったのかな。
ほんとうにごめんね(;_;)切ないです(;_;)
Posted by ミチル at 2013年06月30日 01:18
可哀相だけど・・・・運命だったんだと思います。
Posted by さゆり at 2013年06月30日 06:24
旅立った姉妹?兄弟?の分まで 幸せに生きて下さい。

ミチルさん 助けられた命 ふたぁつ
自分を責めないでね。
さゆりさんの言う様に 運命っていうか寿命もあります。
Posted by クロの継母 at 2013年07月01日 11:18
さゆりん♪そうだね、そう思うしかないけど
小さな子猫が親からもはなされて
それまで一緒にいたきょうだいも
いなくなってどんなに寂しく不安ななか
死んで行ったか考えたらほんとうに
かわいそうで(;_;)(;_;)(;_;)
でもずっと毎日思い返していたのが
今日不思議と思い返さなくなって
いました、もしかして天国へ行ったのかなと
思いました。
Posted by ミチル at 2013年07月02日 22:36
黒ママちゃん♪ほんとうにそう祈るしかありません。
白いりーたんはもう、名前まで決めてもらって
(リブ)素敵なおうちに行くのでもう
バッチリ幸せな時間を生きられることに
なると思います。
残ったはーちゃんも同じくらい幸せな
おうちを探してあげたいと思います。

自分を責めるとか自己嫌悪とか落ち込むとか
わたしは全く心配ないのだけど(^。^;)
とにかく残ってひとり死んで行った子が
かわいそうでかわいそうで。。ただ
それだけです。だから来世でまた巡り会えるように
神様にお願いして絶対大切にしてあげたいです。
Posted by ミチル at 2013年07月02日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: