2013年06月20日

コチビ獣医さんと呼び名

朝一、6時半すぎ(今日も学園祭で
早起き)工房に行ってみると、、

002.JPG
もう動き回りすぎて写せない。
食欲があったから心配はなかったが
子猫は体が小さいので何かあれば
本当にあっという間に死んでしまう。
それは東京時代にも散々経験した。
良かった元気で♪そしてこちらも
来なくなるのではと心配してた
ぐー君、声がすると思ったら床下で
待っていた。

006.JPG
良かった良かった(´∀`)

雨が降りそうな中散歩に出発。
小さくめぐのしっぽが見えるもっと
奥に子猫たちはいた。めぐはもう一度
探し回っていたが見つからなかった。

018.JPG
こんなとこで野良猫が子育てする!?
民家(うち)から900m、この奥は
一軒も家がない。リニア関係以外
たまに山仕事の人が通るような所、
もしか捨てた人がわかったらわたしは
県警に通報する。

朝ごはんも食欲旺盛、少し休憩して
午前中の診療に間に合うように
9時半ごろ獣医さんに出発。子猫たちの
事情を説明したら先生もびっくり。人里
離れた山中で猫の育児はありえないと
先生もいう。そしてこの子たちはノミも
ダニもついてなかった。

おそらくふたりともメス、歯の様子で
6週くらいだそう。栄養が足りず
痩せていて小さいとのこと。まだ
血液検査などはできないので今日は
駆虫のためのレボルーションと白い子の
目を見てもらう。結膜炎、もしか鼻水が
出るようなら風邪なので念のため
点眼薬のほか、抗生剤も出してもらう。

048.JPG
カルテに書く名前を聞かれ白い子は
お友達からスペイン語で白の女の子は
ブランカと教わったのでぶーちゃんと
呼ぶことに決めた。二毛の子は顔が
半分で色が違うのでハーフちゃん
呼び名ははーちゃんに決定♪

子猫フードももらってきた。ロイヤル
カナンのベビーサポート。これが
脂肪分が高く香りがよく処方食では
あってもよく食べるそうで、、、、
たしかに

077.JPG
はーちゃんはブーちゃんより食欲が
なくて、ふやかしたドライはあまり
食べず猫缶ばかりだったが栄養面から
言ったらドライが良いのだからこれで
安心だ。それに見てる前でひとりで
ちっこもできた♪えらいね〜

056.JPG

人気のない工房においておくので
たびたび工房をのぞくが子猫の声が
気になって仕方ないぐー君、この窓の
奥が棚でぐー君のご飯場所だけど
ご飯も気になるけど子猫たちも気に
なる?

066.JPG
コチビたちは2週間後にワクチン。
さぁそしたらまた里親探しだ。

posted by ミチル at 22:35| 山梨 ☁| Comment(0) | 猫たちのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: