2013年04月15日

遠足日より(´∀`)

今日は早めに散歩に出る。7時半すぎ
スタスタと犬たちに合わせて歩くと
汗ばんでくる。一枚脱いでくれば
よかったかな。犬たちもお洋服を
着せたままだけど着せとくと少しは
ダニ避けになるから。お洋服にも
ハーブスプレーをかけてある。

2013-04-15 07.51.33.jpg2013-04-15 07.57.09.jpg
ああ、ほんとうに気持ちがいいね、
春ですな
ヽ(*´∀`)ノ

銀花おはよう♪
2013-04-15 08.28.35.jpg
植林地へ行こうと思ったらまた
作業をしていたので通り過ぎて
里の入口まで降りた。

2013-04-15 08.50.12.jpg
植林してたお兄さんになでもらい
ご満悦そうな銀花だった。普段
家族以外人になでられることも
ないから誰かに触ってもらうのは
新鮮なのだと思う。

午後から実家。母が前から行きたいと
言ってた町田市の薬師池公園と
いうところに行ってきた。実家から
車でほとんどまっすぐ、多摩川を
渡り多摩ニュータウンを抜けた
あたりにある。わたしは初めて。
母は10年くらい前父ときたそう。

2013-04-15 15.29.14.jpg
↑母、昭和5年生まれ。わたしより
ずっと健脚(^_^;)

ここが薬師堂。なんだか懐かしい
ような。。。

2013-04-15 16.28.03.jpg
ここを出たら今度は雑木林で
その下は畑が広がり子供の頃
過ごした三鷹の風景を思い出した。
町田も良いところだな。ロバが
飼えて坪2000円くらいで
どっかないかな〜(笑)
posted by ミチル at 23:19| 山梨 ☀| Comment(6) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お母様、お元気でいらっしゃってスゴイですね〜!
オイラ、最近膝が痛くて・・・。どっこらしょです。(^_^;)
お母様の後ろ姿が、とっても若々しいです!
Posted by さゆり at 2013年04月16日 00:54
ミチルさん、お早うさんです。
1枚目はてんちゃん、2枚目はいちごちゃんが他所見。アハハ。バラバラシスターズらしくて可愛いです。
銀花ちゃん、唇がふにゅふにゅ。脇腹をふごふごして欲しい。「ふにゅ」やら「ふご」やら感覚に頼った言葉(?)ばかり。うまく言い表せません。

お母様、お若いですねぇ。1周り下の馬、れいさんは腰と膝が曲がっています。私もぼろぼろです。トホホ。
Posted by ゆうさん at 2013年04月16日 07:22
さゆりん♪おかげさまで、最近は「医者にかからない、なんたらかんたら」的な本を
わたしにアマゾンに注文してと頼んで
読みまくり、ただでさえ医者行かないのに
さらに行かない決心をしたようです(^_^;)
あと10年はこのまま元気でいてほしいです♪
わたしのほうが、同じく!!ちょっと動くにも
「どっこらしょ」「よいしょ」つい
掛け声が。。。!
あっちゃもこっちゃもガタが来てるなんて
母の前では情けなくて言えません!!(;^ω^)
Posted by ミチル at 2013年04月16日 11:32
ゆうさん♪おはようございますヽ(´▽`)/
今日もこちらは春爛漫、山はまだまだ
山桜が全盛です♪
うちの犬たちがびしっ!!と目線が揃うことは
たぶん100枚写して一枚あるかないか!
そう考えるとアイコンタクトができる
タレント犬や介護犬はほんとうにすごいですね。

でもこのごろふと思い出すのですが
めぐといちごと1歳違いで同じ時期を
子供で過ごしてさらに年齢は大人でも
アタマの中身は子供だったゆりと
つるんで家中のものをかじって
本当に2時間家をあけると帰るのが
怖かったのが(笑)今はふたりとも
8歳を過ぎてすっかり大人になって
めったに器物破損はしなくなりました。
あっという間に時間が過ぎて
いろいろなものを破壊された頃が
懐かしいような気もします!
同じく銀花もいくらいろいろやってみても
お散歩の時ぐんぐん引っ張って
お散歩がちっとも楽しくなかった頃から
今は何もしてないのにちゃんとわたしの
斜め後ろを歩くようになって年齢の
落ち着きってあるものですね!
そういうわたしは50を過ぎても
腹八分が一度もできたことがなく
大声でしゃべって笑って16歳の娘に
いつも叱られていますが(爆笑!)

うちの母はもともと野生児なんだと思います、
昔はそんなにからだが丈夫じゃなくて
気管支がわるかったり肋間神経痛になったり
いろいろあったけどなんか、今は開き直って
自分が年なのに近所のお年寄りのお世話に
通ったりしています、でも自分が人様の
お役に立てると思うのが何より嬉しいと
言っていました。母から動植物の世話や
本の少しでも人様に何かできることを
とったらきっと弱ってしまうのでしょうね。
Posted by ミチル at 2013年04月16日 11:40
人のお世話が出来るなんて素晴らしいですね!

ミチルさんを手足に使って?永〜く、お元気でいらして下さい。

坪2000円なら買いですね(笑)
こちらも心臓破りの坂があるのよね。加齢と共にキツイっす!
Posted by クロの継母 at 2013年04月16日 11:56
黒ママちゃん♪おせっかいなのは一族の血のようです(;^ω^)
うちのおばあちゃんも毎日夕方玉川上水べりを
散歩に出て
そのとき必ずお菓子を持って行って
途中で出会った小さい子や子供連れのお母さんに
あげるのが楽しみのようでした。
今なら絶対問題になりそうだけどのどかな
時代だったからね(´∀`)
見てると母はおばあちゃんにそっくりで
赤ちゃんが泣いているとかけよって
あやしたりわたしは見ててハラハラしちゃいます(笑)

でも多分人って誰かの役に立ってるうちが
花でそれがなくなったら多かれ少なかれ
誰しもしおれてしまうのだと思います。
だから忙しい忙しいって言ってるうちが
ほんと、花なのかもしれないね。

どっか、京都の方面でも猟が来ない場所で
ロバを飼っても苦情がこなくて坪2000えんのところ、
ないですか?(笑)
Posted by ミチル at 2013年04月16日 22:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: