2005年05月05日

師匠と銀花その2

yugi.jpg
連休もおしまい。今日は普段は車の通りの少ない村道がすごくにぎやかです。
大渋滞を想像すると皆さんお気の毒になります。濃厚な2日間が夢のように
過ぎて今日は筋肉痛の恐怖で恐る恐る起き出しました。昨夜からだんだん足が
重くなって来ていたのです。がまだ。。。来てません。明日あたり、全身筋肉痛
なんてなったらどうしよう〜!?明日はガッコウです。。。

銀花は自分のことを理解してくれる人にたくさん遊んでもらったことで
日ごろのストレスを解消できたようで(笑)今日もご機嫌でした。
昼間ずっとクシで毛をすいてやりました。後から後からきりなく抜け落ちます。
時々いたずらして私のかぶってる帽子をかじったりしていました。
午後からは学校に散歩に行って走らせたり草を食べさせたりして帰ってきました。

散歩の時師匠にも引いてもらったのですがやっぱり違うんだな〜。
ロバ(馬)はタイミングが命。怒るのも誉めるのもすべて、タイミングが
ちょっとでもずれたらまったく意味をなさなくなるのです。
師匠は銀花に甘い言葉をささやいたかと思ったら次の瞬間には
こんなに威厳を持って引いていました。銀花は何もされないのに
耳をちゃんと師匠の方に向けて立派に歩いていました。

こういう態度がロバに対してごく自然にできるところが
やっぱり<師匠>なんですね。私も立派なロバ使いになりたい!

posted by ミチル at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 調教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック