2006年12月25日

merryChristmas♪

061217_1433~0002-0001-0001.jpg061216_2341~0001-0001.jpgクリスマスの朝…居間に降りるとげんさんのてんこもり床んちにぶちきれ、聖なる日をイライラした気分で迎えた(泣)古い敷布で作った馬着を銀花に着せて、安かったからと村友が大量に買って銀花にプレゼントしてくれた人参を切ってふすまと一緒に煮た。犬たちには牛のヒヅメ、猫たちにはおじゃこをふりかけてみんなにささやかなクリスマスのごちそうにした。毎年一番楽しみに迎えるクリスマスだが出遅れ手抜きやっつけ仕事な性格を、2ヶ月も前から気分だけはあれもこれもと盛り上がりつつも実際は上記3点を再確認するだけの日(笑)
せめて平和な気分で迎えたいクリスマス。午後から早帰りのノノコにユリを持ってもらって犬たちと銀花と一緒に散歩に行った。さらに明日からスイミングのスキー教室に参加するノノコの買い物に出かけた。何もなくても家族が健康でとりあえず借金取りに追われない毎日を感謝する(笑)世界中が良くも悪くも浸されているキリスト教文化、その中の真実と捏造。初期キリスト教教会成立の段階で切り捨て付け加えられたことは何なのか。正統派と呼ばれる流れが発生、発展せざるをえなかった根底にあったものはなになのか。異端諸派がどういうわけで排除されその根底にあったものはなになのか…私のロバに次ぐ超個人的研究課題である(笑)しかしキリストが生まれたとされる日から2000年過ぎたクリスマスの今日、世界中でお腹をすかせて泣いてる子供やいじめられてる動物が1人もいませんようにと祈りたい。私のブログを見てくださっている皆さんの上で天使たちが祝福の歌を歌いますように♪素敵なクリスマスを♪♪
posted by ミチル at 18:44| ☁| Comment(8) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実は半分キリスト教なのに(父親がクリスチャン)、全然盛り上がろうって気が無い冷めた自分は横においといて・・・。(笑)
そうだね。これだけ浸透しているキリスト教ってすごいかも。本質どうこうと考える人は少ないだろうけど・・・。
皆、自分のことばっかり考えている世の中(自分も含め)。もっと大切な事があるはずなんだけど。
もっともっと色んな事を知らないといけないね。
Posted by さゆり at 2006年12月26日 06:43
ギリシャ正教ではクリスマスよりも復活祭が賑やかです。やはり生まれるのも大切ですが、再生、復活することが大切のようです。
ギリシャでは昨今欧米の商業主義に乗って、クリスマスが、いつのまにか、プレゼントとパーティー大会になっています。そういうふうにテレビで憂いていたお坊さんがいました。
生まれたのを祝福するるクリスマスは1月6日まであります。日本は25日に片付けてしまいます。そうしたらキリストは発見されないただの赤ちゃんになってしまいます。
ギリシャでそんなことを考えたりします。
Posted by lemonodasos at 2006年12月26日 08:04
ああベツレヘムよなどか知らず
星のみにおいて照り渡るを。。。♪

誕生は馬小屋、素朴な救い主の誕生
そんな原点を見つめなおし
ささやかにお祝いしたいものです

私はじつにささやかでした(笑)
げんさんの○○○もささたかだと許せるのに
Posted by shun-ran at 2006年12月26日 09:01
いつもと変わらないクリスマスの一日も終わって
今日は冷たい雨、トーキョーに行ってきます。
ミチルさんにもらった水晶は携帯にくっつけてお守りにしたよ。
Posted by あずき at 2006年12月26日 09:55
さゆりん♪へ〜!そうなんだ〜。昔の本とか読むと1世紀ころの書物がすでにたっぷり情報操作されてるんだよそれどころか聖書だって。負け犬の遠吠えの中にも価値や意味のあることがないとは言えない。だけど人間はどうしても長いものに巻かれちゃうんだね。
Posted by ミチル at 2006年12月26日 17:56
レモノダソスさん♪ギリシャのクリスマスは人々が心底楽しんでいますね。日本はやっぱりお正月を控えているからあんなすごかったイルミネーションがまるで魔法みたいに翌日はきれいに片付けられてお正月のディスプレイになります、その転身の速さが日本をこんなに短期間に発展させたのかなぁと思ったりもします。うちの飾りをお正月三が日過ぎまで出しておいたことがあるけど今年は大掃除の関係で明日か明後日には片付けようと思います。ちょっと寂しいです。
Posted by ミチル at 2006年12月26日 18:04
シュンランさん♪ありがとう、賛美歌?歌ってくれて!(笑)多分クリスマスツリーもケーキもプレゼントもみんな商業主義から始まったんだろうな。ヨーロッパの伝統的な国は多分静かに迎えるんだろうね。うちも昨日は焼くの失敗して一枚のプレートになった餃子とささやかでした(笑)げんさんは今日も張り切ってんちに2カ所のしっこのおまけまで大サービスでしたっ!(泣)
Posted by ミチル at 2006年12月26日 18:10
アズキ〜ヌ♪今日はこちらは朝から大雨。だけどこの時期雪にならないのはやっぱり暖冬なんだろうな。最後の逃げ場所のクリスマスも終わって怒涛の年末年始に突入だわ、やだな大掃除とお料理(笑)使ってくれてありがとう!やっと坩堝がくるからうまくできたら本当に送りたかった銀の猫作るね!
Posted by ミチル at 2006年12月26日 18:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: