2006年12月20日

警察ロバになれるか

061220_1343~0001-0001.jpg061220_1345~0002-0001.jpg昨日はメンテで入れられなかった。珍しく車が3台も止まっていた。MAPの文字が書いてあったので山の地図でも作るのだろうと思ったが考えたら来年からリニアの工事が始まるそうだからその関係に違いない。こんな山奥に住んでいても狭い日本、放っておいてはくれないのね。日本は狭いのに人間が増えすぎたと思う。医学も進歩しちゃんと死ぬことも難しくなった。そして結果的に弱い遺伝子が増え続けるのだ。何百年かしたら人類は薬や機械がなければ生きられなくなるのではないか。今朝は寒かったので古い敷布で作った馬着を着せておいた。10時過ぎて雲の間から何とか日差しが届いたので脱がせてめぐと散歩に出た。帰り道調子に乗ってめぐと走り出すので久しぶりに乗ったが銀花は屁でもなく駆け足になる。鞍をつけてれば良かった。冬になって食欲旺盛大分ぽってりして夏より乗り心地が良い(笑)力もついたような気がする。銀花は歩いていると枯れ葉や土に埋もれた、人工的なものを必ずと言って良いほど探し出す。人工的なものつまりジュースの空き缶やビニール袋、誰かが落とした朽ち果てた軍手タバコの空き箱など。なんでそんなもんに興味があるのかなと思うが必ずくわえてみる。さらに毎日見てると後ろや前から車の音、もちろん私の耳には聞こえないのだが銀花はめぐより先に気がつく。藪で見えない場所に釣り人がいるのも銀花の方が気づくのが早い。これって警察犬?(笑)アメリカでは短命の犬に代わりミニチュアホースやロバを小型にしたポンキーを盲導犬として使うことがあるそうだ。ポンキーにハーネスをつけて訓練してる写真を見たことがある。私がたびたび見ているように音や異物にもしも本当に犬よりロバの方が敏感だとしたら…警察ロバも出現!?麻薬捜査ロバとか?(爆)しかし今まで有史以前から散々人間にこき使われて来たロバ、これ以上使役動物にしてほしくはない。ね、そうだよね銀花!
posted by ミチル at 18:03| ☁| Comment(4) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほぇ〜。犬よりロバの方が敏感なのね。
スゴイね。銀花ちゃん。(*^_^*)
最近思うの。人でも動物でも、そして植物でも、誰かの為や何かの為に役に立つってことは嬉しいことじゃないかな〜って。
受け取る側にもよるけど、本来誰かの役に立つって遺伝子的にあるんじゃないかな。
子供を見ていると頼みもしないのに色々やってくれるの。褒めるとね、そりゃそりゃ嬉しそうな笑顔をするよ。
Posted by さゆり at 2006年12月21日 07:21
動物達の能力って、すごいんだねぇ!人間は、ずいぶんと助けられているものだよね。うちのアトム&アンの兄弟も、盲導犬になってるみたいだけど、アトム&アン自身は家庭犬になる運命だったと思います!今から訓練しても、きっと試験に落ちて、うれしそうに帰ってくるでしょう!?
Posted by ミカママ at 2006年12月21日 16:47
さゆりん♪確かに人間は社会生活する生き物だから誰かの役に立ってる、誰かに喜ばれたって言うのは生きる必然であるよね。植物は声をかけて育てると立派に育つらしいじゃない。犬は人のそばにいて人と共同で何かするのが大好きだしね。猫はその点気ままで自分本位かな。ロバは!?銀花は最近やっと私を無視しなくなりました(笑)
Posted by ミチル at 2006年12月21日 17:52
ミカママちゃん♪少なくともうちは『退屈しない』点で動物たちに助けられてるわ(笑)アトムもアンもミカママちゃんちの子になれた確率ってすごい数字なんだろうね。最高に幸せな家庭犬だよ〜♪
Posted by ミチル at 2006年12月21日 18:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: