2006年12月01日

平和な散歩

061201_1056~0001-0001.jpg午後から予定があったので早い時間に中銀めぐ、ユリイチゴめぐで散歩に行った。銀めぐでは下まで下った時うちに来る途中の郵便屋さんと遭遇、しかし銀花も落ち着きめぐも郵便屋さんのお尻の匂いなど嗅いだけで手渡しで郵便物をもらった。めぐは遠ざかるバイクがカーブを曲がって見えなくなるまで私のそばにスワレでじっとしていた。ダメな犬だから何もできないからとやらせなかったら今まで通り手がかかり大変な犬だっただろう。トレーナーの先生や春さんのような『人と関わる犬』『犬と関わる人』としての指導を受けなかったら犬たちは未だに外に鎖で繋いで飼っていたと思う。お絵かき終了後子供たちが居間でマンガが見たくてどっと集まる。犬が怖くて居間を通るにもおんぶしてた子がイチゴに顔をなめ尽くされ大喜びだ。私は一大人としてできるだけ多くのきっかけを与えてやりたいと思う。選ぶのは子供だがちょっと嬉しい。
posted by ミチル at 22:00| ☔| Comment(8) | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
多くのきっかけをあたえてあげる…大人のやくわりとしてだいじなことだよね。読んでてハッとした!
私も、子どもにより多くの機会与えられるような保育士になりたいものだわ。
Posted by とこ at 2006年12月01日 22:37
とこちゃん♪世の中は子供の選ぶ権利をどんどん剥奪する方向へ急降下です。だけど私たちには一切関係ありません。一大人として子供たちが大人になった時、今私たちのやってることに胸を張っていられなくてはいけません。20年たっても50年たってもね。それが子供と関わる仕事をしてる人間の最低限の礼儀だと私は思っています!私は…久しぶりに体重計に乗ったら…ハッとしました。あ〜ぁ(笑)
Posted by ミチル at 2006年12月01日 22:50
「バカな犬なんていないんです。バカな飼い主がいるだけで・・・」
あはは・・・
初対面だろうが、なんでも言ってみるものだね!
Posted by 春駒屋 at 2006年12月02日 00:31
はい、ありがとうございます。思えばわたくしどもの終わりなき旅路はあの、一言から始まったような気がするのでございます。今後ともさらにご指導ご鞭撻のほど謹んでお願い申し上げます。
Posted by ミチル at 2006年12月02日 00:52
ミチルさんの奮闘ぶりを読んでるのが
すでに平和な気分のなっております
ご苦労も多いでしょうが、がむばれ!

な〜んて
ほんとうは遊んでもらってるのは大人なのかも
って思うことがしばしばの今日この頃です
Posted by shun-ran at 2006年12月02日 08:41
シュンランちゃん♪あはははは!↑図星でございます!犬にも子供にも実は私が一番楽しませていただいているのよ!加圧装置どもには未だ修練中ですが(笑)
Posted by ミチル at 2006年12月02日 13:13
今年もやっぱりコタツを見捨てて私のベッドで寝る猫たちでした。
おとなしくコタツで寝てくれたのは二日だけ。あとはきっちり加圧装置。一緒に寝なきゃ悪いとでも思ってるんじゃないだろか?
Posted by あずき at 2006年12月02日 13:34
アズキ〜ヌ♪経過報告ありがとう、これにてベッド脇に猫用小コタツ購入計画は締結されました(笑)

Posted by ミチル at 2006年12月02日 20:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: