2006年11月11日

おとなの不在

061110_2207~0001-0001.jpg061110_2210~0001-0001.jpg昔、学芸会と言った。今では生活発表会と言う。内容も授業でやったことの研究発表に合唱や合奏、衣装や舞台に凝ったお芝居は過去の話になった。今日は小学校の生活発表会だった。しかし観ている側のマナーが凄まじい。来賓で来ている議員先生方、大きな声でお喋りし挙げ句の果てには携帯電話、プレイルームと勘違いしている小さな子供達の大騒ぎ。人の話はきちんと聞こう、静かに見ようと一体誰が子供達に教えるのか。つくづく大人がお手本になれない時代になったもんだ。昼に終わっても子供達は弁当持ちで午後の授業がある。月曜代休に合わせて平常通りの下校時間。3時に学校に迎えに行きそのまま河口湖の整体に行った。自ら緊張しないタイプと豪語していたノノコは今日はなかなか体が弛まないわねぇと先生にすぐ小度胸者を見破られる(笑)帰宅したら8時過ぎ、待ちかねた動物たちによる《掃除虐待》が私達を待っていた(泣)
posted by ミチル at 21:02| ☔| Comment(12) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大人が大人でなくなっちゃったのって、なんでだろうね・・・
だからって、軍国教育なんか、真っ平御免だが。

ちなみに、他人の振り見て我が振り直せ、が、私の訓だな。
Posted by 春駒屋 at 2006年11月11日 22:59
そこらの大人よりも指導者として向いてるかもしれないよ
最近の話題、学校教育、履修不足、自殺、いじめ
・・・大人がお手本みせないでどうする?

反面教師ってのあるけど、大人は子供が見てるのをもっと意識しなければならないね

なんだかまじめなときもあるんだな、テヘっ!
Posted by shun-ran at 2006年11月12日 00:00
バルサン…変換やり直しっ春さん♪もちろんそうだ。しかしあの現状見るとそれプラスもうひとつ、嫌な思いしてもやっぱりよその子でも知り合いの子でもやっていいこととやったらいけないことを気がついたら注意しなくちゃいけないと思ったよ。ああ…ますます口うるさいおばちゃんになって行く…
Posted by ミチル at 2006年11月12日 00:47
シュンランさん♪いやいや状態でなく子供はいつも悪くないよ悪いのは私たちだよね。犬達見ててもめぐはイチゴやげんがルール違反したらすごい勢いで押さえつけて叱るわよ。何で人間にはそれができないんだろう。私はやるわよ!めぐに(爆)
Posted by ミチル at 2006年11月12日 00:51
シュンランさん、はじめまして。
そして、ありがとう・・・
自殺率について調べていたら、WHOが把握している99カ国の自殺率を男女別に比較すると,日本は男性では世界12位,女性では5位になる、のだそうです。
・・・知らなかった。
先進国の中では、日本は自殺率の高い国だと認識していましたが、こんな結果があるとは、予測もしていませんでした。
Posted by 春駒屋 at 2006年11月12日 01:43
最近は、まじめ、一生懸命が格好悪い時代らしいけど、私はそんなこと考えたこともなくて、我が子や夫に、「おかあさんは、すぐ白黒つけたがる!」って言われ、灰色ってどうすればいいのか悩んでいます。昭和中期に生まれた私達は、父母が受けた戦前の教育の話を聞き、自分達が受けた教育が受験戦争と言う波に乗ってしまい、自分の子ども達の世代では、教育崩壊という現実にぶち当たってしまいました。これから、どうすればいいのか…って思ったら、動物達の子育てから学ぶものは大きい気がするのですが!? 人間も原点に戻らないと、再出発できないんじゃないかな〜!?
Posted by ミカママ at 2006年11月12日 10:06
上の文章で、「自分達が受けた教育が受験戦争…」を、「自分達が受けた教育の受験戦争…」に訂正しま〜す!見直ししなかったよ〜ん!
Posted by ミカママ at 2006年11月12日 10:15
学芸会、懐かしいね〜。
昔の子供達の一生懸命ってどこ行っちゃったんだろ?
学校側も保護者に色々言われて、大変だろうけど。
今や他人の子を叱るのはムツカシイよ・・・。
娘と同じクラスの遊び友達は、私の顔を見ても挨拶したこと無い・・・。
Posted by さゆり at 2006年11月12日 11:14
今の子供たちの現状、原因は大人でしょ。子供が見てるのは大人に他ならないんだからね。なんかいろんなこと履き違えてる大人が多すぎるよ。
Posted by あずき at 2006年11月12日 11:35
ミカママちゃん♪確かに時代は流れて私たちはもう古い世代なのかもしれないね。かっこいいカッコ悪いの基準も違うし価値観がずれてると感じるのがそもそも旧世代なのかな。だけどきっとほんとはカンタンなはず。理屈でなくやってよいこと悪いことは当たり前にあるし長く生きてる大人が経験値の低い子供をきちんと導くのは犬猫人同じはずだよね。
Posted by ミチル at 2006年11月12日 18:40
さゆりん♪きっとここにみんなが書いてくれたこと100人見たら100人ともその通りだって思うんだよ。だから後は自分がどう関わるか…挨拶しない子、いるいる。挨拶しなくちゃいけません!と面と向かって叱るより私はわざと正面に立ちまっすぐ子供の顔見てにこやかに肩に手などおいて覗きこむようにこんにちわ!と言う。目線そらしてもニコニコして小声でも挨拶返してくれるまで繰り返す。同じように無視したらそれをよしとしてることになっちゃうから知ってる人に会ったら挨拶するんだよと言うことを態度で示す。たいていの子は変なオバチャンに関わるのイヤだから次から自分からしてくれるようになります(笑)
Posted by ミチル at 2006年11月12日 18:49
アズキ〜ヌ♪本当は周りを見たら、もう絶句。今の時代ってある意味周りに流されたり諦めたりしないでいるには試練の時代(笑)だから遠くは見ずに私はいつも自分ができること、何の力にもなってなくても今私ができることをできる範囲でやろうと思う。とりあえずは食事の姿勢から人から物を受け取る時の受け取り方まで口うるさいのんちゃんちのオバチャンです(笑)
Posted by ミチル at 2006年11月12日 18:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: