2012年05月24日

ホウが開いた

朝から晴天。いつもの時間に散歩に
出る。トラックのおじさんたちが
時間待ちをしているところへめぐが
走って行く。ひとりだと吠えないのに
わたしたちが近づくととたんに吠える
(笑)
今日の3スワリ、良い感じ♪

015.jpg
うちの犬たちの中で1番良く笑うのは
てんちゃんだ。めぐも笑うけど
いちごはあんまり笑わない。
今日はいちごとてんちゃんは側溝の
中ばかりのぞいて「蛇探しモード
全開」で歩いていた。もうわたしは
ドキドキハラハラ。。。

銀花おはよう!笑って笑って!

028.jpg
植林地に連れて行かれるのもあと
何日だろう。車置き場になるみたい
だけどその前に草が地面をすっかり
覆ったらもう入れない。

038.jpg
偶然、口をあけて草を食べる瞬間↑

子猫たちも元気一杯。わたしが見てる
時はゲージから出してやるが
お腹が減ると自分から入りたがる。
それでご飯を食べてお昼寝。動物は
クウ・ネル・ダス!!(笑)

090.jpg

午後から工房。最後の一こまは
子犬を織ったのだが頭の中はつい
今まで遊んでいた子猫の映像が
ずうっと流れている。子犬の映像を
見ているつもりがいつの間にか
子猫たちになっていて、なんか
子猫みたいな子犬になった^_^;

105.jpg
これでおしまいにして次は裂いた
布でなく普通に糸を使おうと
思う。

玄関に飾ったホウの花。やっと
少し開いてきたけど花びらが
茶色っぽくなっているので
全開は無理かも。わたしはこの木が
好きで昔、マグノリアという題で
ホウの花を手に持つ彫刻を彫った。
でも完成してない。もう目が見えない
から木彫もできないかなぁ。

109.jpg
玄関の扉をあけると芳香が漂う。
世にあまたある、芳香剤、なんで
ホウの花の香り作らないのかな。
posted by ミチル at 23:25| 山梨 | Comment(8) | 日常の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ダーメよ、芳香剤のせいで金木犀やジャスミンが
トイレの香りになってしまったのですから(;´Д`)
ほおの花って知らないので今トキメイテいます。
見に行きたい嗅ぎたい衝動を抑えてます(笑)
葉っぱが大きいので、たしか料理の時に肉に
かぶせたりするんだっけ、とか鈍い頭で
以前読んだ本の内容を探っています。

銀花、お口開けてるとカワイイー!
ヨーダは、それよりカメの顔みたいだと思いました。
マグノリア美しいです、彫れて織れて楽しい生活。
私はいま、浅くていいので粘土こねたいw
Posted by もんがら at 2012年05月25日 01:54
おっ!薔薇シスターズ♪
笑ってる顔、良いですね〜♪
確かに・・・いちごの笑顔ってあんまり見ないですね・・・。(^_^;)
記憶に残るのは、いつもテーブルの下で困っている顔のいちご。(笑)

子犬、可愛いです♪
ぽってりしたお腹が思い出されます♪

ミチルさんも多彩だな〜!ピアノも弾けて、彫刻や彫金や織や・・・・スーパーウーマンだね!\(^o^)/
ホウの花はモクレンとかに似てるね〜。
綺麗です♪大きくても繊細♪
Posted by さゆり at 2012年05月25日 06:24
モンちゃん♪たしかに(^_^;)ずっとまえ
たまたま銀座に行った時アバクロだっけ?
オープンで人が集まっていてその時は
知らなかったんだけどうちのトイレと
同じにおいが強烈にただよってきて
思わず鼻を覆って通ったらそういう
香りを放出してたらしいよ!(笑)

ホウの木って山では珍しくもないけど
都会だとお庭にタイサンボクってあるじゃない?
花も香りもあんな感じです。ホウ葉ミソって
あのホウの大きな葉っぱにミソがくるんで
あって焼いて食べるんだよね!
ホウの葉自体も少し香りがあります。
とっても古い木で原木に近いんだって。
うちのホウは残念ながら開いたけど
茶色くなっちゃいました。花びらも大きくて
きれいに開けばまるで妖精のゆりかごのようです。

この銀花のあんぐり写真見てたらなんか
巨大蛇の顔に見えてきちゃって(>_<)
アナコンダとか6mくらいある
アミニシキヘビとかこういう顔して
獲物丸のみするじゃない?(ガクブル!)

粘土こねたいのならうちに来れば?
焼物やったことあるのなら粘土
送ってあげようか?成型して
また送ってくれたら王さまが焼いてくれると
思います♪
Posted by ミチル at 2012年05月25日 22:33
さゆりん♪面白いもので犬を飼っていると
同じ笑顔でもへつらってる顔や何も考えず
とりあえずへらへらしてる顔、ほんとに
嬉しくて破裂しそうな笑顔、見分けられる
ようになるものです。
そう言われて見たらいちごはいつも
へつらうような笑顔とか泣き笑に近い
笑い顔とか、そんなのが多いような気がする(笑!)今日もお天気悪くて半日机の下に
隠れて時々目が合うと「苦笑い」してました!

さゆりんもいつかきっと、まだ子供たちが
手元にいるうちに、犬をかってほしいです!
家族に犬が加わると生活が一変して
何もかも生き生きしてくると思います!!
犬に限らず動物はみんなそうだね!
今日マフラー一応おしまいにして次のを
織り始めました。今度は縦糸を長く張ったので
切らずに10pくらいの段ボールを入れて次のを
織り始めました。もう裂き織りでなく普通の
糸にしました!そ、それで絵柄がきちんと
織れなかったらどうしよう!(笑)

わたしは多彩なのではなく、飽きっぽく
次々手をつけたいだけです、その証拠に
どれひとつとってもまともにできるものが
ありません!。。。知ってるくせにィィィ(^^ゞ
Posted by ミチル at 2012年05月25日 22:40
マジで・す・か?
こねます!
カラスの急須をつくってみたひ♪

タイザンボクなら父がよく飾ってました。
肉厚で大きい花びら、とても良い香りです(*´∀`*)
Posted by もんがら at 2012年05月26日 01:11
モンちゃん♪作陶は知ってますか?
焼き物の粘土は空気が入ると菊練してとか
ちぎってくっつけたりはしては空気が
入ってしまうからやっては
いけないこととか、あ、そんなの
今ネットで調べればいくらでも
出てくるか!

モンちゃんちのご実家もお庭ひろそうだから
タイサンボクあったかな!あれが咲くと
もう天上の香りだよね!ホウはあれが
もう少しさわやかというか甘さが
ない初夏の山の香りです!
Posted by ミチル at 2012年05月26日 01:23
タイザンボクは父が愛してて、両親共にそうだったけれど
植えた木を切ることが出来ない人たちだったから
すくすく伸びて2階の屋根の上で花が咲き、
香りを楽しむには後に相当な覚悟が必要とされました(笑)
幸い誰も怪我せずに済んだけれど、その後
切り詰めてから数年、咲いている気配感じない、どうしたんだろ?

そーかー、さすがに窯入れ粘土はレベル高いですね。
近所の教室に通うつもりでいるけれど、失敗するのは
しのびないので延期しましょうか、遊びに行きがてら
触らせてもらうのも楽しそうだし♪
Posted by もんがら at 2012年05月26日 09:53
モンちゃん♪やっぱりお庭にあったんだね!
王さまの実家にもあるけど一度蛇が昇って
いたんだって!!東京でも深大寺あたりなら
まだそんなことがあるんだね^_^;

モンちゃんちのタイサンボクもきっと
咲いているんじゃない?6月ごろぜひ
お確かめください!咲いてたら写真
アップして見せてね!

粘土は別に特別難しくはないよ、空気が
入ると割れるってことを頭に入れておけば
あとはどうってことはないと思います。
でもそれを口実に遊びに来ればいいね!
ちょっと遠いけどうちで陶芸教室ごっこ
して飽きたら
織物教室ごっこ、極めつけは犬のしつけ教室ね(爆笑!)
Posted by ミチル at 2012年05月26日 22:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: